ハローワーク

カラ求人とは?ハローワークや派遣で空求人を避ける方法。

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

就職するために応募したのに面接で全然担当者が乗り気ではなくて、全く採用する気がなさそうだったってこと経験したことありませんか?

せっかくこちらも時間を使って書類を作ったり、面接に行ったりしているのに、とイライラしますよね。

実はこれ「カラ求人」のせいかもしれません。

今日はちょっと前に話題になり、問題になった空求人について解説します。

カラ求人とは?

カラ求人とは「全然採用する気もないのに、何かしらの理由のためにとりあえず出している求人」のことです。

つまりこういう募集に応募しても会社としては採用する気もないからこちらとしては時間の無駄になってしまいます。

普通に考えたら、そんなのを載せていることは向こうの時間も取られるしお互いにメリットなんてないと思うかもしれないですが、実は求人を掲載をしていることでメリットが生まれる企業があるのです。

カラ求人は出す側のメリットを見ればわかる。

空求人を出す側のメリットを理解できて、そういう企業を避けることができれば自ずとカラ求人は避けることができるのです。

それには募集要項を掲載する側のシステムも理解できないといけません。

ここからは募集を掲載してくれる場所ごとにカラ求人がどれくらいあるかを見ていきます。

ハローワークはカラ求人が含まれている。

これが一番聞いたことあると思うのですが、ハローワークにはカラ求人が相当な割合で含まれています。

しかしハローワークに出されているカラ求人は、全く採用するつもりがないというよりは採用をする確率が極端に低い求人といった方が良いと思います。

なぜそうなってしまうのかというと、ハローワークに掲載する料金が無料だからです。

ハローワークはその性質上、出された募集は法令に違反していない以外は全て掲載します。そしてどれだけ掲載していても一切料金はかかりません。

そのため企業がとりあえずハローワークには掲載をしておき、本当にいい人が来た時にだけ採用しようという手をとることができるのです。

更に企業がハローワークに求人を掲載しているのには下記のケースが多いです。

・ハローワークから採用すると国から助成金を貰える可能性がある。
・求人を出してそのまま忘れてしまった。

ハローワークから採用すると国から助成金を貰える可能性がある。

ある特定の条件を満たしてハローワークから採用すると国から助成金を貰えます。

ある地域ではその助成金が100万円を超えるものもあり、企業はそれを狙ってハローワークに求人を出すわけです。

しかし変な人を採用してしまうとそれだけでマイナスになってしまうのでめったに採用しようとしません。

ハローワーク経由で来た人材がたまたま採用基準に合う人材だった場合に助成金も含めてもらえるので、そのメリットを狙って求人を出し続けます。

こういう企業ではハローワークに募集を出していたとしても1年で1人も採用しないことがあります。そういう企業の求人はカラ求人だと言われてしまいます。

求人を出してそのまま忘れてしまった。

ハローワークは無料のため、掲載しておくことに特にデメリットがありません。

そのため企業は人が必要な間はハローワークに掲載をもちろんしておきますが、そんなにたくさん応募が来るものでもないので、採用期間が終わったとしてもそのまま求人を掲載したままにしてしまい、最終的に忘れてしまいます。

そしてたまーに求職者から応募が合った時にハローワークに掲載していたことを思い出します。ただし、もう採用の枠は埋まっているわけですから採用することは絶対にありません。

これも空求人の一つの原因になっています。

いずれの理由もハローワークに特に悪意があるわけではないため、ハローワークを攻めることはできません。

しかし悪意をもってカラ求人を掲載する企業もあるのです。

派遣会社の場合はカラ求人が多い。

派遣会社はカラ求人が非常に多いと言わざるを得ません。

全ての企業がやっているわけではありませんが、特定の派遣企業では悪意の上で空求人を掲載しています。

ではなんのためにわざわざカラ求人を載せているのでしょうか?

集客のために条件の良いカラ求人を載せておく。

良い求人を載せることによって問い合わせの数が増えるため、わざわざ条件の良いカラ求人を掲載しているのです。

みなさんも基本的に派遣会社を選ぶ時はその会社のホームページなどで案件をチェックしてから登録しますよね?

そこに良い空求人を掲載しておくことで勝手に求職者が登録してきてくれるわけです。

派遣会社としては登録してきた後は「すでにその募集は終わってしまいました」と言ってしまい「実は今は別のこういう募集しかないんです」といえば、求職者は他の派遣会社に登録するのもめんどくさいのでその企業で登録をしてしまいます。

この仕組みはちょっと前にも不動産の業界に問題になった「おとり物件」の仕組みと全く一緒です。

suumoなどの賃貸不動産情報サイトに明らかに条件の良い賃貸物件やすでに掲載が終了している賃貸物件をわざと掲載しておきます。

そしてサイトを見て問い合わせをしてきた人をすぐに来店させます。そこで「その物件はすでに埋まってしまいました」と説明して自分たちが保有する別の物件に誘導していくわけです。

明らかに悪意がありますが、集客するためにわざとこういうことをしている会社もあるんです。

就職支援会社の場合はカラ求人がほぼない。

一方で就職支援会社の場合はほとんどカラ求人がありません。

就職支援会社は求職者が就職して初めて企業からお金をもらいます。

つまり何度求職者を面接に送り込んでも全く採用してくれない企業を求職者に紹介するのは彼らにとってのデメリットになるわけです。

原理的に就職支援会社がカラ求人を紹介することはほぼほぼありえません。

また人材紹介会社がほとんどの場合、非公開求人という形式を取っているので、求人を表に出すことをしていません。カラ求人で集客することもできないわけですね。

ハローワークのカラ求人を見抜く方法は聞いてみるのが一番

とはいっても、ハローワークに登録することはあると思います。

そんな時は時間の無駄を省くために、ハローワークの窓口の人に魔法の質問をしてみてください。

「この求人の過去の採用実績はどうですか?」と。

古い求人にもかかわらず前回採用実績が1年前とかだったらそれは100%カラ求人です。

安定的に数ヶ月以内に採用実績を出している企業の求人はほとんどの場合はカラ求人ではありませんのでその場合は安心して受けてみてください。

派遣会社のカラ求人を見抜く方法は訪問前に確認する。

派遣会社の場合は、会社に訪問する前に念押しして聞くのが一番です。

「まだちゃんと案件はありますよね?」と。

その段階でなくなっているものであれば、カラ求人の可能性が高いなと思います。

それから先はあなたの自由です。他の案件を紹介してもらいに訪問するもよし、訪問せずにその時間をネット上でより良い求人を探すのに当てるのもよし。

カラ求人が嫌なら就職支援会社を使おう

カラ求人に時間を使っているのがもったいないと思うのであれば、就職支援会社を使うのが一番安全です。

特に今はフリーターや高卒、大学中退向け専門の就職支援会社が多く出てきているので、どこかの会社に登録して求人を紹介してもらうのが良いでしょう。

彼らは求職者が就職をしていくことによってお金をもらっているので、ちゃんと企業が募集している求人を紹介してくれるはずです。

まとめ

カラ求人について説明しました。カラ求人を載せている企業のメリットを考えるだけで、空求人を見抜ける気がしてきましたよね。

就職活動には時間がかかります。空求人に時間を使うなんて時間の無駄をしている暇はないわけです。

うまく避けながら就職をしていきましょう!

フリーター専門就職支援会社

ジェイックは今まで12000人以上のフリーター・大学中退・高卒・第二新卒を正社員へと就職成功させてきた優良就職支援会社です。最近「就職カレッジ」というリニューアルした新しいサービスの提供を開始。サポートを拡大し続けています。

無料で利用できて履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる