就職体験談

ハタラクティブにフリーターが行ってみた。口コミや評判は本当か。

こんばんは。ブログの管理人のエイジです。

今日は私が実際にフリーターから正社員就職する時に利用して、よくこのサイトでも一番オススメだと良く言っているハタラクティブについて、私が実際に使ったときの実体験と、その後また訪問して話をさせてもらった時に聞いた話をまとめました。

前に一度ジェイックさんのまとめをした時にかなり反響が良く、ハタラクティブさんについてもまとめてほしいという意見を頂いたので、この度ハタラクティブについてもまとめてみようと思ったのです。

今回のブログでハタラクティブさんが実際にどういうサービスを行っているのかというのを実体験ベースで見て頂いて、登録する前の判断材料にしてもらえたら嬉しく思います。

控えめに言って、ハタラクティブはフリーター向けの人材紹介会社では一番オススメです。

本記事ではその内容が伝わればいいかなと思っています。

フリーターの私はなぜハタラクティブを選んだのか?

私は昔普通の大学生をしていましたが、途中でアルバイトをするのが楽しくなり、そちらに夢中になってしまって学業をおろそかにしてしまいました。

特に大学に対する楽しさも感じていなかったため、単位を落としてしまい、大学に行きづらくなり最終的にはそのまま大学を中退してしまいました。

その後はフリーター生活やニート生活をしばらく満喫していましたが、経済的にはギリギリの状態で生活しており、何かあれば実家に帰れば良いやと思っていました。

しかし、実家で親が倒れるという自体になり、今後誰にも頼れなくなるときがあるかもしれないと人生に対して不安になり、フリーターを辞めて正社員に就職しようと決意をしました。

その中でインターネットサーフィンをしていたところ、フリーターやニート、大学中退等の社会人未経験者を専門にした人材紹介会社が存在すること知り、フリーターから正社員になるには就職支援会社を利用したほうが良いことを知りました。

フリーター専門の人材紹介会社の中ではハタラクティブが古くから事業を行っており、しかも口コミ評価が一番高いことから、とりあえずここに登録してみようと決めました。

登録をしてみると、驚くことに数分後にすぐハタラクティブから電話で連絡がかかってきて、トントン拍子で訪問して就職相談に乗ってもらえる流れが決まり、スピード感のある会社だなと信頼感を持ちました。

ハタラクティブの特徴はどうか?

ハタラクティブの特徴は20代のフリーター、ニート、大学中退、高卒など専門にして正社員になるための就職支援を行っており、この業界でいうとかなりの老舗だと言うことです。

すでに17万人の就職支援を行った実績があるらしく、2012年にサービスを開始したことを考えると1年で25000人もの正社員就職に関わってきたというものすごい実績を持っています。

20代のフリーターが100万人程度だと言われているので、100人に3人はハタラクティブに登録していることを考えるとかなり多いと思いますよね。

そしてハタラクティブの最大の特徴と言っても良いのが「短期間で正社員に就職することができること」。

ハタラクティブに登録してからわずか1時間で登録内容などの確認の電話がかかってきて、最寄りのハタラクティブの支店にいくような段取りを決められます。

紹介される求人の量が多いことも特徴的で常時3000もの求人を持っているらしいです。

ジェイックでは紹介してくれるのが、研修終了時に合同面接会に参加してくれる20社程度しかないので、それに比べると3000の求人ストックがあるというのがいかに自分の向いた仕事を見つけやすいかがわかりますよね。

ハタラクティブの雰囲気はどうか?

ハタラクティブはヒカリエに入居しており、本社オフィスに行った時にそのおしゃれさに驚きました。

ハタラクティブの対象エリアは東京・埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・福岡に支店を持っており、広島・山口・佐賀・熊本・大分と非常に幅広いエリアの仕事を紹介している状況なのですが、オフィスの一つ一つの内装をこだわっています。

ジェイックさんや就職shopに行った時は雑居ビルの一室みたいなところで面談をされたのですが、それに比べると天と地ほどの差があるオフィスの綺麗さに衝撃を受けました。

どうやらまだ設立10数年のベンチャー企業らしく、もともとIT系や医療系の領域で人材紹介をやっていたノウハウを用いて、もっと社会的意義のあることをやりたいと考えて、フリーターの正社員就職支援の事業を開始したらしいのです。

ハタラクティブの代表取締役社長が昔大学中退を考えて起業しようと思っていたらしいので、同じ境遇の人達に何かしらのサービスを提供したいという思いがあったのだと思います。

おしゃれすぎるオフィスに降り立つと芸能人のポップがたてられていたり、困っていると若い綺麗な女性の社員さんがすぐに助けてくれて、私の担当のキャリアカウンセラーを呼んでくれたのも、社員教育がしっかりしてるなと好感を持てました。

すぐに案内の人が来てくれて、カウンセリングルームまで連れて行ってくれてそこでカウンセリング担当者を待つことになります。

ガラス張りのオフィスなので、他の企業と社員さんが面談している様子が横目に見えながら待つため、待っている途中はかなりソワソワすることになります。

ハタラクティブのスタッフはどうか?

私の就職支援アドバイザーは吉田さんという女性でした。

たぶん私と同じぐらいの年齢なのですが、とても美人で落ち着いた雰囲気とフレンドリーな対応の仕方が印象的でした。

こういった就職支援サービスを受けるのが初めてだという話をすると、私にもわかりやすいようにサービスの説明をしてくれてわからないところがあるとすぐに質問に回答してくれました。

話しづらそうにしているとところどころ雑談を交えてくれて、話しやすいように全体的に和やかになるように話を進められようにしてくれたので、始終和やかな雰囲気で話を進めることができました。

正直当時の私はフリーターから正社員に就職するということについてはかなりの不安を持っていたのですが、私の不安をしっかりと受け止めてくれて、「ちゃんと就職できますよ」等優しい言葉をかけて不安を解消してくれました。

ジェイックの研修に参加するための説明会では、最初が説明会のため自分の不安を解消するというよりは、向こうからの説明を最初に聞くという状況なのですが、ハタラクティブは個別就職相談という形で一人一人にしっかりと時間をとって双方の話ができるのがかなり大きな特徴だと思います。

ハタラクティブの口コミで担当者の質によるという話なのですが、私の場合はかなりの当たりを引いたのだと思います。

しかし、訳合って他の担当者とも話をさせていただく機会もありましたが、全体的にハタラクティブの担当者の質は高いなと感じました。

ハタラクティブのカウンセリングはどうか?

ハタラクティブのカウンセリングは大きく分けて4つの段階で構成されており、全体で1時間半ほどの時間でした。

①必要書類に記入を行う
②ヒアリングシートを元に簡単な状況の確認
③カウンセリング
④求人の紹介

①必要書類に記入を行う

ハタラクティブのカウンセリングは3つの書類に記入するところから始まります。

□ヒアリングシート
簡単な現在の状況や希望などを記入するもので、「現在の転職活動の状況」や「就職で重視するポイント」などが項目としてあります。

事前にヒアリングシートを記入してくるようにメールで連絡が来ますが、時間がない場合は書かずに行っても、その場で記入する時間をもらえるので自分の状況と相談して決めましょう。

□履歴書
一般的な過去の学歴などを記入するものです。これも事前に書いてくるように言われますが、どうしても難しい場合は当日に記載する時間をもらえます。

□直近一ヶ月のスケジュール確認シート
一ヶ月のスケジュールをすべて記載するわけではなく、フリーターはアルバイトで忙しいため、どうしても無理な日程のみにバツを付けるように求められます。

おそらくハタラクティブの場合はカウンセリングから1ヶ月で正社員就職が決まるため、その間の開いているスケジュールに優先して面接などを埋めていくためだと考えられます。

必要に応じて時間を使わせてもらいますが、大体全体として10分程度でこの段階は終わります。

②ヒアリングシートを元に簡単な状況の確認

あまり深く考えて書く時間もないので、基本的には単純な書いてある内容の確認です。

今までの実際の学歴や現在の状況、希望勤務地や希望の最低給与、イメージしている職種等を簡単に確認され、履歴書に書いてあることやヒアリングシートに記載してある事項が間違っていないかを確認されます。

双方で認識のずれがあると今後の就職活動に影響が出るため、ハタラクティブのキャリアカウンセラーとしてはしっかりと内容を理解したいと考えるわけです。

ライトに内容を確認されるぐらいですので、10分ぐらいで終わります。

③カウンセリング

この段階がハタラクティブの面談において、一番のメインのテーマとなります。

今までの自分の経験やどうして正社員に就職したいのかを、かなり深く突っ込まれます。

どうして今フリーターだったのを辞めて正社員に就職したいのか、そのモチベーションや動機の根源、本気度などを見抜こうとしているような感じでした。

また「今までフリーターとしてずっと過ごしていた理由はなんですか?」とか「大学を中退されているみたいですが、どうして中退をされたんですか?」とか、アルバイト歴を見ながら「このブランクの時期は何されていたのですか?」などなど基本的にはすべて遊んでました、としか答えようなないような手厳しい質問を沢山されました。

おそらく将来的に面接をした時に聞かれそうな質問を事前に投げかけることによって、私にちゃんと考えさせるのと、ハタラクティブのキャリアカウンセラーとしてのアドバイスがしっかりとできるようにするためだと思います。

そして過去のアルバイトの経歴等を確認して、「今までどういう仕事をしたことがあるのか」とか「なぜこの仕事を選んだのか?」とか「自分に向いている仕事ってどういうものだと感じましたか?」等の質問をされました。

これはおそらく、その後に求人を紹介してくれる流れのために、そこで何が私に向いているのかを把握しようとしてくれたのだと思います。

そして今までの私の経歴に対して「なぜブランクがあるのか等の話は絶対に聞かれるので面接時はしっかり対策をしなくてはいけません」とか「大学中退をしているなら、その頃の話は確実に聞かれるので、そのあたりを重点的に対策しましょう」などの手厳しいながらも多くのアドバイスをもらいました。

最後に「何か聞きたいことはありますか?」という質問をされて、カウンセリングは終了しました。

私は不安から、「ハタラクティブなら私のような経歴の人間でもちゃんと正社員に就職できるでしょうか?」と聞きましたが、即答で「絶対に正社員に就職できますよ」と笑顔で回答を頂きました。

「もちろん本人の頑張り次第ですけどね」という最後の一言も忘れずに付け足されましたが(笑)

ここで大体40分ほどの時間を使います。

④求人の紹介

いよいよ求人の紹介をしてくれる段階です。

まず最初にハタラクティブにある求人ついて説明をしてくれます。

主にハタラクティブの考え方では求人について2種類存在します。それは「対人系」と「対物系」です。

更に「対人系」には「営業」「販売」「接客」があり、「対物系」には「IT系」「建築系」「工場系」が存在するみたいです。

軽く図にしてみると下記の通りに分けられます。

・対人系
・営業系:BtoB営業やBtoC営業など
・販売系:携帯電話販売や店頭での販売など
・接客系:ホテルや飲食での積極など
・対物系
・IT系:プログラムやインフラエンジニアなど
・建築系:施工など建築現場での仕事など
・工場系:工場でのものづくりの仕事など

この各々の仕事について軽く説明された後に、「自分ではどのような領域が向いていると思いますか?」と改めて質問されます。

私個人としては過去に飲食店なども含めて人と関わる仕事が多かったこと、対物系で働く自分が全く想像できなかったことから、「対人系ですかね」と答えました。

ここから更に自分の希望している働き方や年収、などをすり合わせて行き、領域を絞り込んでいきました。

私の場合は「土日休み」「月収20万円以上」「残業はある程度許容」「働く場所はどこでも良いが、できれば都内が良い」という話をしていったところ、「それなら営業系ですね」というふうに即答されて、営業系に応募することに決まりました。

対人系の中で販売系や接客系はどうやら平日休みであることが多いらしく、土日休みを希望するとどうしてもBtoBの営業が増えるということでした。

その中で私が紹介された求人が全部で6種類。すべてが営業系の仕事でした。

    1. 人材紹介会社のBtoC営業職
    1. ITベンチャー企業のBtoB営業職
    1. 生命保険会社のルート営業職
    1. 広告企業のBtoB営業職 × 2求人
    1. ウォーターサーバーの営業職

全てにメリット・デメリットがありそうで、私としてはウォーターサーバーとか生命保険会社の営業職は激務なイメージしかなかったのでそういった点も質問すると、正直ベースでの回答をいただけたので安心して応募する際も応募することができました。

ハタラクティブのカウンセリング後はどうか?

色々応募する企業を悩んでいたところ、1時間半の時間が過ぎてしまい、今日のところはこれで終りとなりました。

その場でハタラクティブのコンサルタントとLINEIDを交換して、その後は基本的にはLINEでのやり取りになりました。

人材紹介会社では基本的には即決をさせられて、その場で求人への応募をさせられるのかと思っていましたが、それは結構杞憂でした。

しっかりと考える時間をくれて、納得した上で応募をさせてくれるんだとこの点でもかなりの安心感が会った気がします。

その後私は家に帰って、色々考えた結果上記の求人の中で応募する求人を決めて、ハタラクティブに再度LINEで連絡をしました。

業務時間内であれば帰ってくるスピードは結構早く、安心してやり取りができたかなと思います。

ハタラクティブにブラック求人はあるの?

これは正直に言ってブラックだろうと感じられる企業はありました。

私が実際に紹介された求人の中にも生命保険会社とウォーターサーバーの企業はかなりブラックな印象を受けました。

私自身もハタラクティブのカウンセラーに確認を取りましたが、「残業時間は長いという話を聞いています」という回答を得て、完全にブラック企業臭が漂っていました。

実際に「これはブラック企業ですか」という話を聞いたら「何をもってブラックだと感じますか?」という質問をされて「ブラック企業の感じ方は人それぞれなので一概には言えませんが、残業時間は長いです」という話をされたのは印象的でした。

それは確かにそのとおりなのですが、ハタラクティブの求人にもブラック企業は存在しているなという感じがしました。

これは当然ですが、ハローワークにさえブラック企業はたくさんあるし、ジェイックにしろ就職shopにしろ、求人の質はほんとに変わらないなと言う印象を受けました。

結局フリーターから正社員に採用してくれる企業というのは一定数そういう企業が混じっているんだなと感じました。

大事なのはいかに選別の段階でそれを省けれるかということで、自分たちの選定眼もかなり重要だなと思います。

ハタラクティブで相談から就職までどれくらいかかるの?

大体最初のカウンセリングに参加してから1ヶ月ぐらいで就職が決まります。

あまりにも早すぎるという感じがしますが、どうやら実績値らしく、トントン拍子で面接が進んでいきます。

最初の次の1ヶ月のスケジュールシートがかなり重要で、このシートでバツをつけてないところはガンガン予定が埋められていることになります。

早い人だと最初のカウンセリングから一週間で内定が出るらしく、その後すぐに入社になります。

私の場合は他の就職支援会社を並行して利用しており、ジェイックの2週間の研修にまで参加していたので、実際最初のカウンセリングから正社員として就職するまではトータルで2ヶ月ぐらいかかりました。

しかし、ハタラクティブだけを使った場合はかなりスピーディーに話が進んでいくので、さすが強みとして「スピード対応で正社員が早い」と歌っているだけのことはあるスピード感で入社できます。

ハタラクティブのサポートは他にどのようなものがあるか?

ハタラクティブのサポートは手厚いです。

フリーターとは大体が正社員として初めての面接なので、実際にどのように面接をしていったら良いかがわからないものです。

その状態で面接に挑んでいっても大体の場合は落ちます。場合によっては書類選考さえ通らないかもしれません。

そこはさすがのフリーター専門のエージェント。模擬面接を行ってくれて、実際にどうすれば面接に受かりやすいのか、私の場合にはどのように主張していくと面接官を納得しやすいのかを事前に一緒に考えてくれます。

また企業研究まで一緒にやってくれるので、実際の面接に行く前に色々なアドバンテージを得ながら面接に望むことができます。

しかもそれらもかなりスピーディーにやってくれるので、その当たりは他の人材紹介会社と比べても圧倒的な優位性だと思います。

ハタラクティブの口コミや評判をまとめてみた。

私のTwitterから私のブログを見てくれている人の中でハタラクティブに登録したことのある人にインタビューをしてみました。

□評判が良かったもの(25歳・男性)
もともと高校を卒業してから、フリーターとしてずっと遊んでおり、彼女との結婚を考え出したタイミングで正社員として就職することにしました。
インターネットで検索していると「フリータでも一ヶ月で正社員として就職できる」というハタラクティブを見つけて、早くできるに越したことはないと登録してみました。
ジェイックなどの研修をしてくれるサービスにも興味がありましたが、研修だけで2週間かかると聞きましたし、研修が厳しいという話を聞いて、そちらを利用するのは辞めました。
正直最初はあまり期待しないで利用してみましたが、カウンセリングではかわいいくて歳の近い担当者がついてくれて、こちらの相談に親身に乗ってくれて非常に好感が持てました。
正社員になりたいという思いだけが強くて、実際にどんな職種に付きたいかもしっかりと考えていませんでしたが、カウンセリングの場で実際の職種にはどういう種類があるのか、それぞれに職種のメリット・デメリットなども詳しく説明してくれて、自分が働きたい職種のイメージを付けることができました。
そこからものすごく早いスピードで日程が調整されていき、自分が希望した会社の面接もすぐ決まりました。
面接が初めてだったのですが、実際の面接日程が決まってから、再度お会いして、面接の練習をさせてもらいました。
私の最初の面接では「相手が何を求めているのか」という観点が抜けていましたが、フィードバックをもらうにつれて、いかに相手が求めていることを面接の場で話していくことが重要なのだと理解できるようになりました。
あの面接練習をせずに、そのまま面接に望んでいたら確実に置いていたなと今ならわかります。
結局あの時一番希望していた会社に1ヶ月で正社員として就職することができて、ハタラクティブのカウンセラーの方には感謝の気持ちで一杯です。
就活を開始した時は何をしたら良いのか全くわからない状態だったので、ハタラクティブを使って良かったなと思います。

□評判が悪かったもの(22歳・女性)
経済的な理由で大学を中退することになり、すぐに就職活動を開始しました。
周りの皆は新卒採用を狙って就職活動をしていましたが、私は新卒採用ができないので非常に悔しい思いをしていました。
どうやって大学中退をしてから正社員に就職したら良いか、わからないまま時間が過ぎましたが、フリーター専門の人材紹介会社があると聞き、一度登録してみようと思いました。
初日の面談で色々話を聞いてもらい、大学中退から就職するってこういうことなんだという理解をさせてもらいました。
色々勉強になるなと思っていたのですが、実際に求人を紹介してもらう時に、私は事務職を希望していたのですが、「事務職は人気の職種でいま出ている求人はないですね」と言われてしまいました。
さらに正社員として就職したいと言っていたにも関わらず、「事務職をそれでもやりたいと希望する場合は契約社員ならあります」と言われてしまいました。しかも正社員登用制度はあるもののどうなるかわからないと。
正社員としての就職を謳っているにも関わらず、契約社員を紹介するのはどうなんだと思い、信頼できずにそれから連絡を取っていません。

ハタラクティブでは契約社員や派遣の仕事も紹介される?

私が行った時は契約社員や派遣社員の仕事は一つも紹介されませんでしたが、ブログの読者からの口コミでは本当に紹介されたようです。

私も気になって二度目に訪問した時に、「正社員就職と言ってるのにどうして契約社員や派遣の仕事を紹介するのか?」という話を聞いてきました。

ハタラクティブの担当者によると、希望職種や希望収入等の条件が高すぎると、そういった条件の求人が一切存在しないため、紹介できる求人がないとのこと。

その旨を伝えるのですが、それでも職種にこだわったり、年収にこだわったり自分のこだわりを捨てられない人には仕方がなく契約社員や派遣社員の求人を進めることになると言っていました。

つまり致し方ない時のみに選択肢の一つだけ提示されるみたいなので、それをハタラクティブから紹介された時は自分の出した条件がおかしいのではないかと疑ったほうが良いのかもしれません。

まとめ

多くのフリーター専門の就職支援サービスを使ってきた私としては、正社員就職をする時の第一選択肢はハタラクティブだと思います。

担当者の質、就職までのスピード、サポート内容、口コミなどを比較してみても他のサービスの一つ上を言っていることは間違いないです。

フリーターは自分の生活費を稼ぎながら就職活動をしなければ行けないので、結構忙しいと思いますが、これぐらいスピーディーに物事を進めてくれる就職エージェントだと自分の負担が極限まで低く就活できます。

フリーター、ニート、大学中退が正社員就職をしたいならまずはハタラクティブに登録して、カウンセラーと面談してきてください。

ハタラクティブに登録する場合は下記のボタンからどうぞ。

ハタラクティブの詳細を見る

唯一ハタラクティブの弱点としては対応エリアが狭いこと。今やっと十分な準備ができたので、エリア拡大を始めているらしいです。

しかしハタラクティブの対応エリアにお住まいじゃない場合はジェイックキャリアスタートなどの類似のサービスに登録した方が良いです。

個人的には2.3の人材紹介会社に登録したほうが正社員就職の効率が高いので、上記のサービスに少なくとも2つ。できれば全てに登録しておくことをおすすめします。

他のサービスの口コミもまとめているので合わせて呼んでみてください

ジェイックの就職カレッジに行ってみた。口コミや評判は本当か。こんばんは。ブログの管理人のエイジです。 今日は私のサイトでも結構おすすめをさせていただたいているジェイックに実際行ってみた体験談...
最初に登録するならハタラクティブ


ハタラクティブは今最も勢いのあるフリーター・大学中退・高卒・第二新卒向けの人材紹介会社で、今まで60000人以上を就職支援をしてきたという実績があります。最近支店を一気に増やしており、今では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分と広いエリアで未経験人材を正社員への導いています。

登録はもちろん無料で、正社員求人を紹介してくれるばかりか、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる