転職

成長する人、成長しない人の違いとは。

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

世の中にはすごく早く成長する人と全く成長しない人がいるのは皆が感じていることだと思います。

では採用担当者は、成長する人材、成長しない人材をどこで見分けているのでしょうか?

フリーターの正社員採用に直結するポイントだけにぜひ知っておきたいものです。

特に、キャリアのある中途採用の場合はニーズが高いだけに複雑です。

どこをどう見られて成長する人、成長しない人だと思われるのか、あらためて整理しておくことです。

応募前に知っておくべき5大ポイント。採用をより確実なものにしましょう。

”わかっている“という思い込みほど恐いものはない!

スキルも磨いてきたし、応募資格は十分。なのに、なぜかどこに応募しても不採用…。

そうした原因不明の”不採用スパイラル“が続いている人は、一度自分が成長しない人に見られているのではないかとチェックしてみましょう。

フリーターではなく、仮に採用レベルに達していたとしても、入社後の成長が見込めない人は魅力減。採用されることはほとんどありません。

企業が求めているのは、”入社後、確実に成長し、その会社の社員として大きな成果を挙げてくれる人“。

当たり前のことですが、入社後の”伸び“を確信させてくれる人たちなのです。

特に、フリーターなどの未経験採用ではなく、中途採用ではこの人が成長する人かしない人かが明確にクローズアップされます。

新卒採用よりもはるかに具体的にチェックされ、他の応募者と比較されると覚悟しましょう。

中途採用の現状に詳しい外資系コンサルティング会社のシニアマネージャーによると、

「中途採用には、すでにある会社に入社して、そこで一定期間勤務したという実績がある。新卒採用とは違って、ビジネスの現場で鍛えられ、基礎ノウハウを教え込まれているのですから、その分、より詳細にチェックされるんです。

入社後の伸びや将来性、成長性についても、新卒時とは比較にならないほどのデータがあります。

学生の時は誰もが限りなく未知数で、”現在は採用ラインに達していなくても、この先どう化けるかわからない“といった要素を残していますが、中途採用の場合はそうした不確定要素がぐっと少なくなるんです。

“この点とこの点が決定的に欠けているから、成長したとしてもうちには要らない”、あるいは“この意識改革がまだできていないようでは、いくら優秀でも同じ社員として迎え入れることはできない”など、突っ込んだところで明確な判断を下されるんですよね」

たとえば、職務経験者ならではの“思い込み” “頑なさ”などは、そうした入社後の「成長」を妨げる最たるものです。

多くの企業人事に嫌われる。 “この仕事は、こういうもの。今すぐにでも成果を出せる” “あなたが言っていることは、わかっている。心配するほどのことはないし、対応できる・・・”

一見、心強い反応のように見えるが、この“わかったつもり”ほど恐いものはないといいます。

「企業の人事担当者に話を聞いてみると、その多くが“わかっているつもり”の人ほど、実は“思い込み”や“頑なさ”が強くて、入社後の伸びや成長性に不安を残すというんです。

逆に、フリーターの中でも採用される人たちは、極めて謙虚。ビジネスを知っていればいるほど、能力を発揮できるかどうかは仕事を取り巻く環境次第と知っていますから、そこを正確に知ろうとするんです。

安易に“わかっています”とは言いませんし、自分が今まで置かれてきた環境や特殊性を踏まえた上で、その延長上で考えていいものかどうかを照らし合わせようとするんです。

なにもかもを“分かってます”“まかせてください” “なんとかします”とは、言わないんですよね」

中途採用が好まれず、フリーターでも成長する可能性が高い色の付いてない人たちを取りたいと考える企業は意外と多いのです。

成長する人、成長しない人を見分ける5つのポイント

採用担当者たちは次のポイントに注目。入社後に伸びる人材かどうかを見極めようとします。

その狙いをまず理解。どんな意識&姿勢が求められているのか、確認しておくことです。効果は抜群。これで面接時の反応がガラリと変わる。

成長を見分けるポイント①:業務に必要な基礎知識&ノウハウ

高度な技術やノウハウも、もちろん重要。評価対象にはなるのだが、それよりも企業の採用担当者たちが注目しているのは、ベーシックな部分での基礎知識やノウハウが、どれだけ身についているかということです。

同じ業界、職種に就いている者としての共通項の確認です。それが成長性に結び付きます。

「高度な技術もいいのですが、そればかり教え込まれていて、他の作業については驚くほど無知ということも得てしてあるものなんです。そうした場合は、残念ですけれど採用を見送らざるを得ません。

社員として採用する限りは、他の部署への異動もあり得るわけですし、担当業務が以前とだいぶ違うこともあるわけです。その時に対応できないというのでは、ちょっと…」(化粧品・人事)。

常に意識しておくことが重要です。

成長を見分けるポイント②:早とちりしない慎重さ&謙虚さ

早とちりすることが多かったり、表面的な理解ですべてをわかったつもりになるという人は要注意。

「そそっかしい」「人の話を聞かない」「理解が浅い」などと言われたことがあるようなら、この際、徹底的にそうした癖を矯正しておくことです。

場合によっては、成長性に致命傷になることもあるほどで、新たな職場に移る時には、これが最大の障害になりやすい。成長しない人の一番の特徴なのです。

「入社してクライアントから怒られたり、周りの人を冷や冷やさせるのは、こうしたところに問題がある人。わかったつもりで独善的な行動に出たり、一度言われたことをよく理解しないまま業務に当たる人たちなんです」(金融・人事)。

“わかっているつもり”“だいたい、こんなところ…”といったレベルでは絶対に仕事を進めないようにして、慎重になるようにしましょう。

成長を見分けるポイント③:ベースにある勤勉性&向上心

勤勉性も伸びる人材に共通した要素。基本的に危機感を持って業務に取り組まない人、あるいは、新たな課題に取り組まない人は、どんなにいい環境に移っても成果を出せません。

「大切なのは、向上心を持って業務に取り組み、新しい技術やノウハウに常に関心を持つことなんです」というのは、非鉄金属の技術研究室・室長。

この室長によれば、意識を持って取り組んでいる人と、そうではない人の成長性の差は驚くほど大きいといいます。

「2年、3年で取り返しのつかないほどはっきりしてきます。また、こうした要素は、日頃の姿勢に関することですから、心がけ次第でいくらでもよくなるもの。矯正しやすい部分ですから、早い時期に克服し、習慣づけておくことです」。

成長しようとせず現状維持ではどんどん市場価値が下がっていくと考えたほうが良いのです。

成長を見分けるポイント④:職場環境への順応力&適合力

新しい職場ですぐに力を発揮する人たちは、考え方が柔軟で、環境に適合するのが極めて早い。

無理に打ち解けようとしたり、ことさら“いい人”といった評価を得ようとしなくても、淡々としながら周囲の評価をグンと上げます。

「まずやることをしっかりやった上で、自分が何をしにここに来たのかを明確にすること。ともにビジネスに当たるパートナーとして来たということを明確にすることで、チームの一員としての認知を得るんです。“仕事をしやすい人”と思われることがまず成長への第一歩。転職で成功する秘訣だと思います」(保険・営業)。

人のよさばかりを強調するのではなく、ビジネスパートナーとしてのやりやすさ、優秀さをアピール。企業文化への理解と適応も重要なのであらかじめ意識しましょう。

成長を見分けるポイント⑤:社員としての競争力&ストレス

成果主義制度が多くの企業に導入されているが、そうでなくてもビジネスは競争。社内競争も含めて、ライバル企業とどれだけギリギリの競争ができる人材なのかを厳しくチェックされます。

成長してから履歴を整えてから応募したいのなら、こうしたところにもきちんと気を配っておくことです。精神的な強さを身につけ、場合によっては神経戦にも耐えられるだけの強さを培っておきたいもの。

「必ずチェックするようにしています。極めて困難な目標を達成している人なら、おそらくそうした競争力を身につけているだろうし、それなりにプレッシャーにも強いはず。最近は、ストレス耐性のチェックも重要な項目になっています。採用後に伸びる人たちは、いい意味でそうした強さを持っている。気持ちを強くしておくことです」

フリーターから正社員に採用される絶対条件とはこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 フリーターから正社員採用を勝ち取るには、どういった条件を満たさなければならないのか?就職...

一度リセットしてから臨むことも重要な要素

ビジネスを進める上でのシステムや与えられるハードウェア、情報端末の種類に使用されるソフトウェアの種類なども、確認しておかなければならないことのひとつです。

こうした環境の違いひとつで、ビジネスの効率はがらりと変わります。

使えるはずのパソコンが使えなかったり、仕事先との決済の方法や交渉ノウハウが違うため、これまで得意にしてきた戦略がまるで使えないといったこともよくあることです。転職した途端、その環境の違いに愕然とするといった人も意外に多いのです。

成長する人たちは、そうした環境 の違いを最初から意識。どこがどう違うのかを掘り下げて確かめます。

また、企業の採用担当者たちに、採用後「成長する社員」をどこで見分けるのかを聞いてみると、上に掲載した『5大チェックポイント』に集約される意見が相次ぎました。

ただし、共通していたのは、いずれもバランス。それぞれの企業に相応しいバランスの取れたビジネスマン&ビジネスウーマンかどうかが最終的に問われるといいます。

流通関連の人事課長によれば、「最終的には、バランスのいい人が成長するし、安定した評価を得ることができるんです。企業によって、どこにそのバランスを求めるかは違うのでしょうけれど、うちのケースで言いますと、基本的にいくらスキルがあっても、満足に挨拶ができなかったり、ビジネスマナーに欠けている人は不採用です。

いたずらに現場で反感を買うことは必至ですし、うちの社員として外に出すことができないのでまず対象外にしているんです」ということです。

営業などの人と接することの多い職場では、当然のこと。そうでなくても、職場の雰囲気や人間関係、モラルを重視する会社では、まずこうした基本がどれだけできているかが厳しくチェックされます。

入退室の挨拶はもちろん、丁寧な言葉遣いと面接中の姿勢などがそのチェック対象。これに謙虚さが加わって、はじめて成長する人材として採用候補になるという。

一方、一度ニュートラルな態勢に戻してから応募してくる人を採用の対象にするというのは、化学メーカーの営業開発部次長。中途採用に多く立ち会う際には、どこまで前職での実績を払拭してきているかをチェックするそうです。

「実績は必要ですし、高度なスキルも、もちろん必要。でも、その延長ですべてを考えるのではなく、一度すべてを払拭し、ニュートラルな姿勢に戻った状態で初めて成長できると思うんです。

事実、それが、採用後伸びている人たちの共通点。マインド面で“あの職場でもゼロからはじめてあれだけやれたんだから、ここでもきっと頑張れば成果を挙げられる。

初心に戻ってスタートしなおそう”と意識を入れ替えている人ほど成功するんです。われわれも、そういう人にこそ惹かれるんですよね」

ある職場で通用したノウハウやスキルは、その職場にしか通用しないものです。そのことをよくわかった上で、成果を出すに至った意志力と戦略の立て方、様々な気配りなどの共通要素のみを移植してくる人たちが成功し、採用後に成長する人になると指摘します。

「その意味では、前職で付いた癖や限定的な考え方、ノウハウなどをきれいに消し去ってくるのも大切なこと。そのことを確認するために、面接などで“入社後、あなたがここで成果を挙げられると思う根拠はなんですか?”といった質問をしたりするんです。評価される答えは、もうおわかりですよね?具体的なノウハウではなく、たとえば次のような回答ができたら合格にします」

営業部次長が「たとえば」と挙げた合格回答は、“・・・前職で目標を達成したのと同じように、よくこちらの会社のシステムや企業文化を理解した上で、強い意志を持って新たな目標に挑み成長していくつもりです”“前職で得たのは、何事かを達成したという達成感と自信。それを胸に、新たな職場でもう一度イチから取り組んでみるつもりです”というもの。

他の企業の採用担当者に聞いてみても、こうした回答は高く評価されるといいます。

「それだけ前職での癖を残したままの人は、他の職場で通用しにくいということなんです」と、コメントするのは建設会社の採用センター・人材開発室マネージャー。

たとえ、同じ業界、同じ職種でも、新しい職場は新しい職場と、意識を変えて臨む必要があるという。意識を変えられないと成長しないと言うのです。

「そうした意識の切り替え、リセットが新たな職場に入っていく時には何より重要なんです。その姿勢を持っている限り、すぐ会社に溶け込める。中途採用を感じさせない勤務が可能になるんです」

また、あらためて確認しておきたいのは、その職種や業界のならではの共通知識やノウハウの習得と、ビジネスマン&ウーマンとしてのベース作りです。

特に、20代に関しては、これがしっかりと身についているだけで「採用する」と言い切る担当者もいるほどで、それほど入社後の“成長”に大きく影響する要素との指摘が相次ぎました。

それぞれの職場で応用力を発揮するためにも、まずしっかりとした基礎を確立。ビジネスマン&ビジネスウーマンとしての共通言語を意識して身につけることです

いくら優秀でも採用されない 「成長性、将来性が“?”」の応募者たち

実際によく見かける「成長性、将来性が“?”」の応募者たち。本人たちは自信満々だが、採用側の見方はまるで違います。

あなたもこの錯覚に陥っていないか?チェックしてみましょう。

言葉遣いが雑で日常との区別がつかない

成長性、将来性に疑問を持つのは、やはり言葉遣いさえ満足にできない人たちです。

面接だというのに、日頃使い慣れている言葉の独特のイントネーションが出てしまったり、場合によっては言い回しや表現そのものも稚拙だったりして、その度に“もっと意識をしっかりさせてから応募すればいいのに…”と思わせられるんです。

成長して活躍している人たちは、まずそうした言葉は使いません。使っていたとしても、それをビジネスに持ち込むことは絶対にしない。

それがどんなに不利なことで、ビジネスマン&ウーマンとしての評価を下げることになるのか、十分に知っているからです。何気ないところで、日頃の意識や習慣が恐いほど出るものなので、習得しておくことです。(通信)

身だしなみや外見にあまりにも無頓着

バランスという意味で、クリアしておいて欲しいことのひとつです。人はもちろん外見ではありませんし、見た目でその人の能力を推し量ることなどはとてもできません。

ただ、だからといってことさらそうしたところに無頓着でいいのかというと、そうではないはず。取引先や初対面の人に会う時に、髪をボサボサにしていい印象を持たれるわけがないのですし、不潔な身だしなみで相手を不愉快にさせてしまうなどというのは、ビジネスマン&ウーマンとしてやはり失格です。

常識の範囲で、こざっぱりとした身だしなみを心がけるべき。そうしたところでつまらないマイナスを重ねる人は、きっと他のいろいろなところでも同様に失点する。成長する人材とは思えないんです。(家電)

フリーターの就職時の面接のポイントとは?服装、自己紹介、質問等!こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 フリーターから正社員になるうえで、全員が苦手にしている関門があります。 それが「面...

立場をはき違えていることに気づかない

時々見かけるのですが、自分から応募してきているのに、いつの間にか立場をはき違えて、自分の主張や注文ばかりを口にしたりして、「それが本当に働きたいと思っている人の態度なの?」と、思わず首を傾げたくなる人がいます。

こうした人は、自分の置かれている立場や状況を何かにつけて見誤ってしまうという恐さがあります。採用することはありません。成長もしないでしょう。

ビジネスにとっては、これは致命傷。営業・販売職などでは、そうしたとんでもない考え違いから、大きな事故につながることが多いんです。

成長性に疑問を感じますし、“そこから教えなければならないの?”と思ってしまいます。正しい状況判断をできることが、採用の条件です(飲食)

まとめ

企業の採用担当者は、求職者を成長する人、成長しない人に明確に分類して採用を決めます。

成長する人は細かい部分にもしっかりと気を遣い、自分を見直してきた人物です。

自分がこの業界に詳しいからとか、相手の方が年下だからといって態度を頑なにしていると、人事はそれを見抜き、成長しない人材に分類されてしまいます。

今就職・転職活動でうまく合格できていない人は上記の「成長する人、成長しない人を見分ける5つのポイント」を再度見直して自分が成長しない人になっていないかを今一度確認しましょう。

フリーター、大学中退、ニート専門の就職支援会社

フリーターや大学中退者、ニートが就職をする時に最初にするべきことは就職エージェントに登録することです。

こちらに私が実際に利用した無料で利用できるおすすめの就職支援会社をまとめたので、一度見て自分に合いそうなところに登録するようにしてくださいね。

就職支援会社を見てみる