転職

転職で成功して勝ち組を目指そう!

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

転職は、人生を大きく左右するターニングポイントです。 選択方法や考え方次第で、“その後の展開”がガラリと一変してしまいます。 活用次第では、一気に転職「勝ち組み」に急浮上することも十分可能です。

「勝ち組み」になるための条件&ノウハウを身につけましょう!

採用されるかどうかよりそこでどこまで伸びるかを重視!

転職で、はっきり分かれる成功と失敗。

転職そのものの成功失敗はもちろん、たとえ採用されても、入社後の展開は人それぞれです。仕事選び、会社選びで分かれる“勝ち組み”“負け組み”。どこに注意すれば、成功して“勝ち組み”に入ることができるのでしょうか?

まず、転職の成功、“勝ち組み”についての定義だが、外資系コンサルタント会社のシニアマネージャーによれば、

単に採用されたというだけでは不十分。以前の仕事や職場よりも明らかに給与・待遇がよくなって、なおかつ働く環境が改善されていることが成功の絶対条件です。さらに、その転職を成功させたことで、将来への選択肢が広がったり、市場価値が高まってこそ本当の“勝ち組み”。転職に成功したと言えるんです」

人材の流動化をいち早く察知。担当するクライアント企業にそうした流れに向けたアドバイス&戦略を積極的に提案してきただけに、転職の“勝ち組み”“負け組み”については明確な基準を持っています。採用、不採用は、あくまでも転職を総括する上でのスタートライン。そこをことさら評価することに意味はない、と言い切ります。

「スタート地点はスタート地点。まずそこに立つことが大前提ですが、それが評価のすべてではまったくないんです。たとえば、その会社が前の職場に比べてそれほど環境がよくなかったり、転職の不利ばかりが多く、なかなか結果を出せないところでは、入社した後が逆に大変。市場価値を低下させることにもなりかねませんから、とても評価することはできないんです。また、中途採用を受け入れ、活用するだけの準備が十分に整ったところかどうかも、大事なチェックポイント。その上で、前職では望めなかったような展開があるとか、可能性がある、あるいは明確に給与・待遇がよくなったなどといった点を細かく見ていくんです」

それこそが、転職の評価。“勝ち組み”か“負け組み”かを決定する評価ポイントになる。

「“勝ち組み”“負け組み”というと、単純過ぎて言葉がきつくなりますが、少なくとも、転職して明らかに改善した点が見えないようでは、その転職にそれほど意味はないということにもなりかねません。慣れない環境で、転職のハンデばかりが目につく職場に入っても苦戦するだけ。目先は変わっても、実質的には何かと苦労することが多いんです。転職した後に、“シマッタ!失敗した!”と後悔する人の多くがこのパターン。多少時間がかかっても、誰が見ても“勝ち組み”と断定できる転職を実践すべきです」

ちなみに、“失敗・負け組み”に陥りがちな転職例を挙げてもらうと、次のようなケースを列挙。転職経験を持つ人なら、誰でも思い当たる“落とし穴”を指摘しています。

転職を思い立つきっかけになった重要な動機を満たさないような転職は、必ず後悔。様々な会社を比較検討するうちに、思いもしなかった条件に目を奪われ、慌ててそこにアプローチするといったケースも、得てして失敗しがちです。また、求職活動が思い通り進まないことから、いつの間にか本意ではないのに採用されることを最優先した転職をしてしまうのも後悔の元。本末転倒しているだけに、すぐに“まだ前の会社の方がよかった”と、次の転職先を探すことになりやすいんです」

さらに、究極の“失敗・負け組み”は、転職したにもかかわらず、わずか数か月のうちに会社を辞めてしまうケース。転職としては、最悪の選択をしたことになります。

3か月とか半年など、わずかな期間でせっかくの転職先を辞めてしまう人たちは、自らの選択がいかに甘かったかを認めているようなもの。著しく評価を落とすことになるんです。中には、休職期間の長期化を恐れて、慌てて転職。結果的に数か月で退職するなど、我々からすると、転職の活動期間も含めて、そっくり履歴の空白と読みの甘さを露呈してしまう人もいます。これなどは、転職しても何ひとつプラスにできなかったという意味で、“負け組み”。“次”へのアプローチを余計大変なものにしてしまうんです」

転職市場から見て、明らかにプラスになる転職を目指すべきです。焦りなどから、想定外の転職に踏み出すことだけは、なんとしても避けたい。

人生を大きく変える!転職「勝ち組み」の7大条件

転職の成功者「勝ち組み」は、この7大条件をすべてクリア。 数年間かけてその転職を本当に価値のあるものにしていく。 あなたの選んだ仕事、会社はどこまでそうした目標に合致しているか? あらためてチェックしてみよう。

成功ポイント1:能力を最大限に活かせる仕事&環境にある

働く環境によって、発揮される能力は大きく違ってきます。以前の会社で、組織的に、あるいはなんらかのシステム上、なかなか力を発揮できなかったと思えるところが、確実に改善されるかどうかチェック。働きやすさ、力の発揮のしどころがしっかりと確保されていることを確認すること。持ち前の能力を思う存分発揮できるということは、それだけ結果を出しやすく成功しやすいということ。職場環境ができるだけ快適で、自分によく合っている会社を選ぶのがいいです。

成功ポイント2:前職よりもワンランク上のステージに進んでいる

前職と横並びならまだしも、明らかにステージが低かったり、高度な技術、能力を必要としない仕事は極力避けましょう。特に、20代、30代は、仕事を通して様々なスキルや応用力、問題処理能力を高めていく時期。この時期の転職は、より高いステージを目指したものであるべきです。“次”につながる転職を実現するためにも強く意識。より大きな市場を持っていて、なおかつ、より高度な技術、経験を必要とする会社への転職を目指す。

成功ポイント3:勝負を賭けて悔いはないプロジェクトが用意されている

今の自分の経験、スキル、潜在能力のすべてを注ぎ込んで取り組める仕事にトライ。そうしたプロジェクトが待っている会社にアプローチしましょう。密度の濃い仕事を経験すると、予想をはるかに超えた成長を図れるだけでなく、様々な体験、貴重な経験ができる。手にするものは限りなく大きい。「勝ち組み」は、仕事を通して全力を賭けて仕事に取り組む快感を覚え、そこにやりがいや達成感を見いだしていきます。成功体験を重ねること。

成功ポイント4:しっかりとした研修&先端技術の習得システムがある

転職のハンデのない会社は、やはり魅力。転職「勝ち組み」を目指すには、何よりの支援材料になってくれます。その意味でも、転職の際には、たとえ中途採用でもどういった研修システムがあるのかを確認しておきましょう。また、先端技術を習得するための制度がどの程度整っているかも調べておく。成功者「勝ち組み」の多くは、こうしたところにこそ目を向けて、慎重に会社を選択。実務を通しての確かなスキルアップをモノにしています。

成功ポイント5:結果&成果を正しくジャッジできるシステムがある

もうひとつ、中途採用のハンデを軽減してくれるのが、成果&結果に対する正しい評価システム。一部の上司の偏った判断や思い込みによらない評価システムです。こうしたシステムが意識して作られている会社は、職場の風通しもよく、本当の意味での能力主義、成果主義の導入が進んでいることが多いのです。入社後、納得できる評価を得るためにも、重要なチェックポイントだ。「勝ち組み」にこだわるなら、こうした点も重視しましょう。

成功ポイント6:その仕事を遂行するだけで明らかに市場価値が上がる

転職を契機に、人材市場の市場価値を高めていくことも重要な要件といえます。転職するたびに評価を低めていくのでは、話になりません。転職とともに徐々に評価を高めていくのが「勝ち組み」になるための鉄則です。最初の転職からは想像もつかなかった仕事&会社に従事できるように、ステップのたびにより高く評価される仕事に就くよう心がけること。会社を選ぶ際も、同様に注意。常に前の仕事内容&会社との比較を行うようにしましょう。

年代別の就職や転職における市場価値をチェックしようこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 皆就職や転職をする時に自分の市場価値ってどうなんだろうって思いますよね。特にフリーターや...

成功ポイント7:その転職で、給与・待遇が下がることはない

給与・待遇が上がっていくのも、大事なこと。転職の際の重要な条件になってきます。よく、“給与や待遇にはこだわらない”という人を見かけるが、そういう人に限って後々“自分は、本当のところどう評価されているのだろう?”“こんな思いをしてまで仕事をしているのに、どこまでわかってくれているのか?”と、会社に対して不満を抱きがちです。最初は低くても、1年後、2年後には確実にアップするという確信を持てる仕事&会社を選びましょう。

転職は「勝ち組み」に回って当然。そのためのアプローチだと知る!

そこで、転職“勝ち組み”に入るための条件を挙げてもらうと、上のような成功の7大条件を提示。これら7つの視点から転職をチェックする必要がある、とコメントします。

「できれば、すべてをクリアできる転職を目指すべきです。よく、仕事は中身が大事で、給与・待遇は二の次だという人がいますが、実際問題、転職したことで収入が大きく減少したり、不安定になったりすると、想像以上にモチベーションが低くなってしまうものなんです。そして失敗と認識する。仕事の中身も大事ですが、こうした収入や待遇に関する条件も大事なこと。本当に納得できる条件なのかどうか、現実レベルで検討する必要があるんです」

ほかに、よりステージが高く、その仕事に従事することで、今まで以上に多くのスキルや貴重な体験を積むことができるというのも大切なことです。少なくとも、その転職で今まで以上に将来が明るくなったという実感を持てるようにしたい。それが、転職の意味。“勝ち組み”に入るための必要条件です。

「転職でより高度なスキルを習得できたり、大きなステージでビジネスができるようになるというのは、その人にとって大きなプラス。市場価値もグンと上がりますから、転職を契機に飛躍することができるんです。これなどは、前の会社に居続けたらなかなか巡ってこないようなチャンス。自分の思い立った時、決意した時にそうしたチャンスに飛び出せるといったことこそが、転職の醍醐味でもあるわけです。そうしたアプローチの意味をよく理解した上で選択。転職“勝ち組み”を目指すことです」

同じく、中途採用を長年担当している情報処理関連の人事担当マネージャーは、次のようにコメント。転職には勝負を賭けるつもりで臨むこと、とアドバイスします。

転職は、その時々の総決算だと思うんです。たとえば、20代前半なら20代前半の、後半なら後半の、その時の自分のすべてを問うつもりでアプローチする。その意味でも、会社側を惹きつける“勝負手”を持った上でトライして欲しいんですよね。そういう人は、履歴書、職務経歴書などを見ればすぐわかりますし、また面接などでも基本的にそもそもの“熱”が違うもの。“この人は、会社に入った後、間違いなく活躍する”と確信させてくれるんです。事実、そう判断して採用した人のほとんどが入社後に期待通りの成果を出してくれています。転職“勝ち組み”を採用することは、会社にとってもメリットの大きいことなんですよね」

反対に、転職でモチベーションを下げる一方の“失敗・負け組み”を採用することは、会社側にとってもダメージ。人事戦略が大きく狂う。

「お互いにマイナスなので、失敗・負け組の採用はなんとか避けたいというのが企業の本音。意識が希薄な人は、この機会にその現実を知ることです。転職は“勝ち組み”になって当たり前。誰にでもそのチャンスが与えられる格好の機会なので、この機を逃さず、本当の成功を手に入て欲しい。選択と考え方さえ間違わなければ、そう難しいことではないのですから」

転職「勝ち組み」は“ここが違う!”

採用から昇進・昇格に至るまで、すぺてを見ている人事担当者たちは 「勝ち組み」をどう規定し、見ているのでしょうか?いずれも人事畑を長年歩いているプロたちにインタビュー。
彼らの見る「勝ち組み」について語ってもらった。

□証言1:「水を得た魚のように短期間で成果を挙げ、 転職のハンデを帳消しにする」
転職で成功している人たちを見ていると、皆さん、前の職場では想像できないほどの成長・成果を短期間で必ず挙げてみせるんです。履歴や職歴を見る限りでは、“こうした実務経験はなかったはず”といったところでも、しっかりとフォロー。いつの間にか結果を出しますし、高度な技術も次々とマスターする。逆に教えられることが多いんです。よく、“水を得た魚のように…”と形容しますが、転職で「勝ち組み」に回る人たちは皆そう。自分の能力を最大限に発揮して、なおかつ結果をすぐに出せる仕事、会社を選んでいるのを実感しています。選択次第でその後の展開が大きく変わるというのは、まさにこのこと。転職のハンデなどまるで感じさせずに結果を出すんです。
[パソコン販売 人事チーフ]

採用担当者が語る面接でハンデを帳消しにする3つの要素。こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 最近たまに聞かれるようになったのが、「フリーターや大学中退から就職する人で受かる人と受か...

□証言2:「仕事にすべてを賭けている分、危機感を持って業務に当たり急成長する」
成功する人たちは、入社後のスタートダッシュがすごいんです。吸収力も抜群ですし、すぐに研修を終えて、現場に飛び出す。ただ、注意して見てみると、皆、実はものすごく勉強しているんです。学生時代の予習と復習じゃないですけれど、慣れないうちは自宅に持ち帰ってまで基本システムを理解しようとしますし、不足気味のスキルを強化しようと勉強します。社会に出ると、ついついこうした勉強を怠りがちですが、成功する人たちはある種の危機感を持って取り組んでいる。結果的に、大きな差となって仕事に反映されるわけですが、そうした意識の違いが「勝ち組み」「負け組み」を分けるんです。転職を成功させたければ、危機感を持って業務に当たり、勉強することです。
[広告代理店 広報チーフ]

□証言3:「以前の会社よりも、納得した形で給与・待遇を得ている」
給与も働く上でのモチベーションに関わる大事な要素。これをいい加減に考えている人に限って、土壇場で“そんなにハードな仕事をするだけの給料をもらっていない”とか、“そこまでしなければならないの?”といった苦情をもらすことが多いんです。その点、転職で成功を勝ち取っている人たちは、納得できるだけのものを確保。たとえば、入社後すぐではなくても、“ある一定期間を経て成果を挙げたら、これだけの給与・待遇に”、あるいは“結果を出すことで、社内等級を上げ、着実に前の給与・待遇よりプラスαのものを得る”といった具合にきちんとクリアしている。給与・待遇は、ビジネスマン&ウーマンにとっての通知表。どうでもいいものではないんです。
[外資系生保 営業マネージャー]

□証言4:「次々と必要な知識や資格をゲット。周囲を黙らせるだけの説得力を持つ」
「勝ち組み」といわれる人たちは、とにかく真面目に業務に取り組み、必要な資格などを短期間のうちに次々取得。周囲の誰からも文句の出ないような形で、自分のポジションを固めていくような印象があります。私たちの業界は競争も厳しいし、淘汰も早い。成果が出なければダイレクトにその影響を受け、人材の移動も多いんです。それだけに、入るよりも入った後が大変。どれだけ競争力に磨きをかけ、周囲に結果を示せるかが、とても大事なんです。会社は仲良しクラブではないし、学校でもない。すぐに結果を出して、シノギを削りながら利益を追求するところ。勝ち残っていく人たちは、そうした原則をよく知っています。競争力に磨きをかける人こそが成功するんです。
[証券会社 シニアマネージャー]

まとめ

転職の勝ち組は事前にちゃんと情報を収集して、調べて納得した上で次のステージとしての転職をしていることがわかりました。逆に転職失敗者の負け組は転職に対する認識が甘い傾向があるようですね。

全員に言えることが、マイナスの理由で転職するのではなく、次へのステップとして転職という機会を利用しているということ。

みなさんも前述した『転職「勝ち組み」の7大条件』のチェックリストを利用して自分が転職に対して十分の準備と勝ち組条件に当てはまっているかをチェックしてから転職をすると転職を成功させることができますよ。

最初に登録するならハタラクティブ


ハタラクティブは今最も勢いのあるフリーター・大学中退・高卒・第二新卒向けの人材紹介会社で、今まで60000人以上を就職支援をしてきたという実績があります。最近支店を一気に増やしており、今では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分と広いエリアで未経験人材を正社員への導いています。

登録はもちろん無料で、正社員求人を紹介してくれるばかりか、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる