フリーターが就職する方法とは。20代元フリーターの就職体験記

こんにちは。エイジです。

私は大学中退をしてから20代半ばまで数年間フリーターとしてふらふらしており、そろそろこのままではまずいという危機感から就職を考え出し、高卒という最終学歴ながら、無事に正社員として就職することができました。

数年間は全く働いていないニート期間や、飲食店やコンビニ、運送業などアルバイトをするいわゆるフリーター生活をしていました。

その後転職サイトに登録して、無事に広告の会社に正社員として勤めることができました。

このブログはいい会社に就職できた私の体験を少しでもシェアできたらな、と立ち上げたものです。

今現在フリーターで就職を考えている人、大学中退して就職を考えている人、高卒で就職に悩んでいる人に見てもらえたらなと思っています。

フリーターの人口

フリーターってどれくらいの数がいるかご存知ですか?

総務省統計局が2018年に行った労働力調査によると、フリーターの数は15歳〜34歳までで152万人だと言われています。

参考:総務省統計局「労働力調査」

また近年の好景気の影響を受け、年々その数は減少してきています。しかしその数は依然として150万人を超えており、かなりの数のフリーターがいるということになります。

日本の人口の1/4が関東に集中していることを考えると関東圏だけで40万人程度のフリーターがいることになります。これってものすごく多く感じますよね。

また最近の傾向としてフリーターの高齢化が進んでおり、15〜24歳のフリーター人口よりも25〜34歳のフリーター人口の方が増えており、フリーターの高齢化が問題になってきています。

ずっとフリーターで大丈夫なの?

いくら好景気でフリーターが正社員に就職しやすい世の中になっていると言っても、それはまだ若いフリーターに限られます。

ずっとフリーターで居続けるという選択を取ることは、今は楽で楽しくていいかもしれませんが、胸の奥にある不安の通り、将来的にはかなり苦しい生活を送らざるを得ません。

私も数年前に大学中退をしてしばらくフリーターをやっていた頃はたくさんのフリーター仲間がいました。彼らの一部はすでに就職に成功して正社員をやっていますが、半分ぐらいはいまだにフリーターを続けています。

今でもたまに会う人もいるので話をすると、実はフリーターであることに不安を覚えている人が結構多いのです。些細なことがきっかけで不安を覚えることが多いみたいなのですが、年々それが大きくなっているらしいのです。

まだ若いうちならやり直しがききます。僕と仲良かった同期はまだ20代で若いのですが、先輩はすでに30歳を超えており、すでに就職をするのが難しくなっています。

そして結果としては同期はしっかりと正社員に就職して、先輩は就職できなかったみたいです。

「フリーターであることがまずい」ということに気づく年齢が20代なのか、30歳を超えてからなのか、そのたったの数年でその後の人生が大きく別れてしまうのです。

しかし、そうは言っても30歳になったばかりであればめちゃくちゃ頑張ればまだチャンスはあります。後は本人のやる気次第なのです。

就職はゴールじゃない

そして私は就職をすることをゴールにしてはダメだと思っています。

今は様々な大企業が不祥事を起こし、場合によっては大企業でさえ潰れるような時代になってきています。

一方でYoutuberやinstagramerやブロガーなどの自分が面白いものを追求していくことで、普通の大企業の役員になるよりもお金を稼ぐ人が大勢出てくるようになりました。

より個人の面白さやスキルに注目が集まる時代になってきているので、AIに仕事を奪われることが話題になっているこの世の中ではこの傾向は今後も加速していくでしょう。

つまり企業に就職することをゴールにせず、企業を利用していかに自分が仕事を覚えてスキルを磨いていくかが重要になってくると思います。

そういう意味でフリーターではなく正社員として就職することには大きな意味があります。

フリーター時代には学べなかったスキル、人脈、経験を得ていくことによって将来的にも活躍していけるような人材になっていくことが重要なのです。

ではフリーターから正社員に就職するためにはどうしたら良いか、私がおすすめするフローをまとめてみました。

フリーターが就職するためのフローとは

基本的なフリーターが就職するフローは下記の通りです。

①なんのために就職するのか気持ちを明確にする
②自分に合った就職方法を探す
③転職サイトなどにとりあえず登録してみる。
④就職活動と並行して今後を考える。

この通りに進めれば、かなりの確率で良い企業に就職することができると思います。

なんのために就職するのか気持ちを明確にする

一番最初にすべきはなぜあなたは就職したいのか?という気持ちを明確にすることです。

社会人生活とは想像しているよりも辛いものです。一日8時間は働きます。年間120日以上の休日があれば良い企業だと思いますが、多くの会社ではそれ以下の休日日数であることもよくあります。

1日8時間。つまり人生の半分ぐらいは働いている計算になるのです。

フリーターの時は自由でした。シフトはあるといえども働きたい時は働き、休みたい時は休む。

社会の厳しい話を聞くたびに就職するのが嫌になる。

私にもそういうときがありました。何度も就職するのを辞めてフリーターのままで過ごそうかと考えました。
でもそういう時になんのために就職するかが明確であれば、最後の防衛線になってくれるのです。

私の場合は家族の事情でした。どうしても就職しないと生活できなくなるような環境になり、仕方がなく就職をしました。ただしその明確な気持ちが合ったからこそ、フリーターを辞めて働こうと辛い就職活動を乗り切れたのだと思います。

自分に合った就職方法を探す

就職するためにはいろんなルートがあります。

そのルートごとにメリット・デメリットが存在するので、すべてのルートをうまく使いながらじっくり戦略的に取り組めば、必ずいい企業にめぐりあうことができます。

・自分で企業を探して履歴書を送る
・ハローワークで相談する
・転職サイトを利用する

詳しく比較していきましょう。

自分で企業を探して履歴書を送る

これは正直辞めたほうがいいです。

まず企業は自分で履歴書を送ってくる求職者を相手にしないことが多いです。履歴書を送ってくる人物よりハローワークや転職サイトである程度のスクリーニングをかけた人材を面接するほうが効率的だからです。

そして企業の中身がわからないことも問題です。基本的には面接の段階で企業はいい顔をしようとします。

面接の時にすごい雰囲気が良かったのに入社してみたら全然社内の雰囲気が違った。などのことはよく起こります。

こういうことを防ぐためにも基本的には、ハローワークや転職サイトで企業の話を聞いてから面接したほうがリスクは低いです。

ハローワークで相談する

これはすぐにでも初めてみても良いでしょう。

基本的にハローワークは転職サイトなどよりも求人数が多いです。これはハローワークが無料で運営されているためで、いろんな企業がとりあえず求人をハローワークに送るからです。

しかし一つ一つの求人がそこまで詳しく紹介されず結果的にブラック企業にあたってしまうこともあります。

ですが中にもホワイト企業が存在してるため、時間をかけて調査をしながら相談するのが良いでしょう。

転職サイトを利用する。

これが一番オススメの方法です。

転職サイトは紹介先の企業と求職者をマッチングさせることで、紹介先の企業からお金をもらっています。もちろん求職者は無料です。

そのため紹介先の一つ一つの企業の情報を十分に持っており、面接を受ける前に企業の情報を手に入れることができます。

事前に無料で数日間の研修を提供してくれるところもあり、社会人の第一歩のサポートをしてくれる企業さえ存在します。

ただし、企業からお金をもらう仕組みのため、たまにブラック企業が混じっている可能性があるのでそこには注意が必要です。

焦ってブラック企業に就職する必要はない

働いていて忙しいとは思いますが、フリーターには時間的余裕が十分にあるため、ブラック企業に焦って就職する必要はありません。

将来的に働き続けることを考えるのであれば、単純な事務職とかに就職するよりも、何かしらの技術やスキルを習得したり経験できる仕事に就職することをおすすめします。

今は大きな企業でも倒産したり、経営状況の悪化からリストラをする企業を多く存在します。

その中で身を護るためにはスキルを付けることが重要になるのです。

30代になるとフリーターから就職することが難しくなります。転職サイトでさえ30歳以上は紹介しないと決めているところが多いです。

ただし20代の間であれば就職のチャンスはたくさんあります。

20代のうちに一度就職して、今後のためのスキルを磨きましょう。

転職サイトにとりあえず登録してみる。

まずはこれから初めて見るのがいいでしょう。

専用の担当者がついてくれるところがほとんどのため、就活の第一歩として転職サイトのエージェントから話を聞くのは有用です。

業界の情報や履歴書の書き方など無料で教えてくれることがたくさんあります。

最終的にそこで就職をしなくても色々な情報を収集できるという観点から、まずは登録して雰囲気を聞いてみるといいでしょう。

また1つのサイトだけ登録するのではなく、複数のサイトに登録して、色んな担当者の話を聞くことで今後のプラスになるでしょう。

私がフリーターから就職した際に使用したサイトを紹介します。

ハタラクティブ

20代の社会人未経験層に特化した転職サイトのハタラクティブは、カウンセリング実績60,000人以上の大手企業です。

未経験歓迎の求人が常時1500求人以上存在し、カウンセリングの担当者も20代と若いことが特徴です。

研修などは存在せず、カウンセリング後すぐに求人を紹介してくれるのが特徴で、急いで就職をしたい人におすすめです。

IT系の業種に強いことが特徴で、未経験からIT技術者になることも可能です。

サービス対象エリアも東京・埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・広島・山口・福岡・佐賀・熊本・大分と非常に広いので、対象エリアに近い県にお住まいの人もまずはハタラクティブに登録するのが良いと思います。

ハタラクティブの詳細を見てみる

ジェイック

20代のフリーター・既卒・大学中退・高卒などの専門の転職サイトのジェイックはこれまで12,000人以上の利用者を正社員へと就職させた優良人材紹介会社です。

なんといってもその特徴は転職サポートして1週間に渡る、社会人基礎研修を無料で提供してくるところです。

本来であれば数万円するであろう研修が無料でうけれるというだけでこのエージェントを使う理由になります。

転職成功率が80%で以上であり、全国300以上のメディアに取り上げられている有名な会社です。

ほとんどの都道府県から参加することができるため、すべての人におすすめすることができます。

=>ジェイックの詳細を見てみる

就職shop

就職shopは人材最大手のリクルートが提供するフリーターや大学中退、高卒向けの転職サイトです。

最大手だけあって、その実績はすごく利用者は10万人を超えており、登録企業数は8000社を超えています。

書類選考が必要なく、全国各地に支店が存在しているので、近くに支店がある場合は是非とも申し込んでおきたいエージェントです。

大手での安心感を得たい人にはおすすめです。

=>就職shopの詳細を見てみる

UZUZ(ウズウズ)

UZUZ(ウズウズ)は20代の就職サポートを完全無料で提供してくれる会社です。

最大のポイントとしては個別面談でいきなり面接に進める個別サポートと研修を行った後に就職の支援をするスクール形式の好きな方を選べること。

IT系の求人が多いようで、フリーターからIT系に就職したい人にはスクール形式で学んでから就職支援をしてくれるので、最低限のスキルを身に着けた上での就職が可能です。

他社よりも手厚いサポートを心がけており、一人あたりに時間をかけて対応してくれます。

=>UZUZ(ウズウズ)の詳細を見てみる

DYM就職

DYM就職は最初は新卒紹介を行っていましたが、第二新卒の支援もしてほしいと言う声からDYM就職というサービスが作れました。

最大の特徴としては新卒など幅広い就職支援を行っていることからDYM就職しか持っていないような求人が存在していること。

スピードにも心がけているらしく、書類選考もカットしてくれるため、最短で1週間の入社が実績としてあるようです。

とにかく就職を急ぎたいという人にはおすすめです。

=>DYM就職の詳細を見てみる

就職活動と並行して今後を考える

先程も説明しましたが、急いで就職活動を終了してブラック企業に入ってしまうのはナンセンスです。

しかし逆に時間をかけすぎて、いつまでたっても就職できないのでは意味がありません。

いちばん重要なのは転職サイトなどに登録して就職活動をしながら今後を考えるということです。

色んな人の話を聞くことによって、モチベーションも上がりますし、やらなきゃいけない感じがしてきます。

あまり長く時間がかかりそうだったらある程度の条件のところで就職してしまいましょう。

就職することによって社会人経験を身に着け、マナーやスキルを身につけることで、いざより良い条件のところに転職する際に必ずプラスになる力が身につきます。

それがやりたい仕事かどうかは最初はおいておいて、ある程度納得できる条件のところで就職してみましょう。最悪どうしても嫌だったらいつでも会社をやめることができますから。

就職ができる20代のうちに一度就職をして、それから考えるという方法も悪くないと思いますよ。

最初に登録するならハタラクティブ


ハタラクティブは今最も勢いのあるフリーター・大学中退・高卒・第二新卒向けの人材紹介会社で、今まで60000人以上を就職支援をしてきたという実績があります。最近支店を一気に増やしており、今では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分と広いエリアで未経験人材を正社員への導いています。

登録はもちろん無料で、正社員求人を紹介してくれるばかりか、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる