フリーターの生活

フリーター生活は楽しい!正社員になった私が今思うこと。

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

フリーター生活って楽しいですよね。

私は大学を中退してしまったので、当時の大学の同期が就職をして正社員として働いている時もフリーターとしてフラフラ生活をしていました。

大学卒業して正社員になって、って言うのがある意味での勝ち組のゴールデンルートというのが世の中の考え方だと思いますが、数年して彼らと飲みに行ったりするとよっぽど高卒でフリーターの私の方が楽しそうにしてるんですよね。

彼らの口から出てくるのは大体会社の愚痴とか上司がどうだとは、ブラック企業だとかそういう話が多いのです。私もそりゃ職場の嫌な部分はありましたが、最悪嫌ならやめればいいと思っているので、楽しくはたらいくことができていました。

彼らは会社という鎖に縛り付けられているような感じがして、何故正社員で働いているのかわからない感じでした。

正直当時の彼らは私のことはフリーターだと笑っていましたが、絶対に人生の幸福度としては私の方が高かったなと感じています。

今は私もフリーターから正社員になったので、彼らの気持ちも少しは分かるようになったのですが、正社員になった今私なりにフリーター生活が楽しかった理由などについて分析して見ました。

フリーター生活はとにかく楽しい

今思うとフリーター時代ってあんまり深く物事を考えていなかったんですよね。

将来のこととかまだ20代前半としても現実感がまったくないし、別にそんな長生きしたいとも思ってないし、ダラダラ過ごしてても一生なんとかなるんじゃないかぐらいに思っていました。

人生に不安がない状況ってある意味最強で、楽しいことだけをしたいと思ってました。

だから人生に対してもほとんど真剣に考えたこともなかったし、正直遊びまくってました。だから人生がそんなにつまらなくなることってありえないですよね。つまらない側面を必死に見ないようにしたんですから。

その時代のことは私は肯定的に捉えているので後悔もあまりないのですが、今思うのはフリーター生活はとにかく楽しかったなと思います。

フリーターを楽しいと私が感じた5つの理由

何故そう思えたのか考えたら5つの理由がありました。

この部分は明確に違いがあるなと正社員になった今感じています。

責任がない

責任って何?っていうと基本的にはノルマや何かしらのプロジェクトをリーダーポジションとして進めるということです。

バイト時代って人の指示を聞いていればなんとかなって、何か問題が生じた際もそこの正社員の人が最終的にはなんとかしてくれて、めちゃくちゃ怒られても最悪やめればいいんじゃないか程度に思ってました。

ただ正社員になった今、私は営業なのでノルマはあるわ、誰かと一緒にプロジェクトを進めて失敗したら怒られるわ、簡単に辞めることはできないわでもう大変です。

ノルマはしっかりとこなさないと給料が上がらない。プロジェクトを失敗したら会社に損失を出してしまうのでもちろん給料に響いて今後の昇進とかにも影響が出てきます。

しかも正社員になってすぐ辞めてしまうと次の就職先が見つけづらくなるというのも背景にあり簡単に辞めることもできません。

つまり責任がないのって最高に幸せなんですよね。何も考えずに仕事ができるってものすごく楽だったんだなと今になって思います。

時間に自由がきく。

フリーターは大体シフト制なので自分が好きな時間に働くことができますよね。逆に休みたい時は休めると。

正社員になると基本的に月曜日から金曜日の9〜18時は固定で働くことになります。休みは土日で固定されて、有給とかもそんなに簡単に取れるものではないんですよね。

嫌だったら休んでもOKだった生活は本当に楽だったなと思います。

正社員になった今簡単に休むことができません。平日にどうしても行きたいところが出てきたとしても仕事を優先させる必要があるのです。

色んな仕事を経験できる

フリーターは仕事を辞めるのは簡単ですし、色んな仕事を兼務することができます。

それは本当に楽しかったと思います。居酒屋バイトは居酒屋で働いて色んな経験ができ、そこで仲間を作ることもできるし、飲食店ではキッチンに入れてもらって料理も学ぶことができました。

今の仕事はほぼ100%営業です。プロジェクト単位で色んな仕事を経験はできますが、広告業界の営業であるというメインの仕事は基本的には変わりません。

私の場合はこの仕事を楽しいと思っているのでいいですが、もし仕事がつまらなかったら終わりだなと。

色んな仕事を経験できて、自分が好きな仕事にバイト先を寄せていけるというのがフリーターが楽しく働ける理由の一つです。

フリーターにオススメのバイトの一覧!全55職種!こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 今日はフリーターにおすすめの職種の一覧をまとめました。 全55種としてまとめました...

ストレスが比較的少ない

フリーターは仕事を簡単に辞めることができます。

つまり最悪嫌なら辞めてしまえば良いやと思えば、ストレスは軽減できるものです。

ストレスを自由に避けることができるというのは楽しく働ける最高のポイントです。

バイト仲間と遊べる

バイトで境遇が近い仲間とたくさん遊べるというのもポイントです。

バイト時代は皆色んなことをしているので、変なやつが多くて遊んだりすると趣味の話とか色んな話ができたというのがあったと思います。しかも年が近い人が多くて何をしなくても普通に仲良くなれたと思います。

正社員になると状況は変わります。私の場合はまだ若手が多い会社なので仲良く慣れる人もいますが、会社の中には高齢の方もいます。

そういう方と自然に仲良くなれるかというとそうではなく、もし飲みに行っても話の内容は基本的には会社の話や仕事の話によってしまいます。

年の近い仲間とバカやって騒げるというのはフリーターの楽しさの一つです。

フリーター生活は最大限楽しもう

つまりフリーターは楽しいことの塊なので、フリーターである間は最大限楽しんだほうが良いです。

せっかくフリーターをやっているのにつまらない生活を送っていたらもったいないです。つまらない仕事をしていたら今すぐ辞めて楽しい職場に移りましょう。ストレスが溜まる仕事をしていたら今すぐやめてストレスフリーな仕事に移りましょう。

正社員になったらできないことばかりなので、フリーターであるメリットを最大限使って楽しみ尽くすことがおすすめです。

期間限定であることを忘れないで

ただし別記事でも書いていますが、フリーターを一生続けていくことはできません。

フリーター生活を遅れるのは期間限定であることを忘れないで、今を最大限楽しみましょう。

20代のうちはぶっちゃけなんとでもなります。就職したかったら就職できるし、少ない時給で働いていても生活はなんとか成り立たせられるでしょう。

でも30代になるともう就職がほぼ難しくなります。そして正社員の人たちとの格差がどんどん開いていき、何か大きなイベントが起こってしまうと生活が破綻してしまいます。

将来を不安に思いすぎても意味がありません。ある程度この年齢になったら正社員になるんだ、と決めた上でフリーター人生を楽しみ尽くしましょう。

就職を考えた時に最初にするべきこととはこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 今回は私が実際に就職する際にやってきた方法で一番有用だった方法をシェアしたいと思います。...
フリーター、大学中退、ニート専門の就職支援会社

フリーターや大学中退者、ニートが就職をする時に最初にするべきことは就職エージェントに登録することです。

こちらに私が実際に利用した無料で利用できるおすすめの就職支援会社をまとめたので、一度見て自分に合いそうなところに登録するようにしてくださいね。

就職支援会社を見てみる