大学中退の就職

【大学中退就職者が教える】大学中退で良い企業に就職する方法

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

私は過去に大学中退をしており、大学中退者として就職を経験してきました。

このページを見てくれている人はおそらく大学中退をしてしまった、もしくはしようと考えているけど就職が本当にできるかどうか悩んでいる人だと思います。

本ページでは実際に私が大学中退後に就職してきた経験を元に、大学中退から就職するコツや方法、注意すべき点などを説明したいと思います。

大学中退者の数と割合

文部科学省が2014年9月25日に報道発表した「学生の中途退学や休学等の状況について」の調査によると、大学中退者は日本全体で79,331人と言われており、その数は2007年の63,421人の頃から毎年上下はあるものの、年々上昇しています。

全学生数は2012年で2,991,573人だと言われていることから、学生全体の2.7%が大学中退を決断していることになります。これは2007年の2.4%から比較すると0.3ポイント向上しており、年々大学中退者の数も割合も増えていっていることになります。

大学中退の理由としては「経済的理由」が2007年では14.0%であったのが、2012年では20.4%まで向上していることが大きな変化の一つであり、年々経済的状況が困窮していることがここ数年で如実にあらわれてきております。

大学中退の理由も「学業不振」が2007年に12.7%であったものの2012年には14.5%まで上昇していることも、近年の人の生き方が多様化していることを表していることが考えられます。

また最近の傾向として大学中退者を専門に扱っている人材紹介会社のカウンセラーは「最近は数年前と違って大学中退をするべきかしないべきかを迷っている学生が増えている。それを相談できる機関や人が少なく、大学中退者を扱う人材紹介会社への相談が相次いでいる。経済的理由で大学中退をせざるを得ず、大学中退後の就職を見据えて、経済面や条件面でのメリットやデメリットを比較するために我々に相談をしてくるのでしょう。」と語っています。

経済的理由で大学を中退する人は、その後にお金を早急に稼ぐ必要があるため、フリーターになるか、正社員として就職するかを考えなくてはなりません。

しかし、フリーターになるのはおすすめできませんし、大学中退してからすぐに正社員として就職すれば、それほど就職は難しくありません。

大学中退者の就職と求人の実態

最初に伝えるべきは大学中退をしても就職はそれほど難しくないということです。

大学中退をしてもまだ年齢は20代だと思います。今の市況では20代の人間が就職するのはそれほど難しいことではありません。

ただしそれはあくまで会社を選ばなければ、という話です。

大学中退した人が大学を卒業した人と同じような会社で働くことは正直言って難しいです。

そういう意味で大学卒業者は良い企業に入るためのプラチナチケットを手に持っており、大学中退者はそのチケットを廃棄してしまった状態だと言えます。

大学中退者は学歴では「高卒」という扱いになり、就職できる求人は「高卒」もしくは「学歴不問」になります。

しかしその状態でも良い企業を見つけていくことは可能です。

大学中退でも大丈夫。就職活動で注意するポイント

では実際にはどのようなポイントに注意して就職をしていけばいいのでしょうか?

大きく分けて3つのポイントがあります。

ポテンシャル採用をしてくれる企業を探す

企業の中には大学中退だからという理由で、こちらを下に見てくる企業もあります。

私も面接を受ける中で、明らかに見下されているなと感じたことがあります。

しかし中には「大学中退者は一度挫折を経験しているはずだから新卒よりも強いはず」という意識をもって、採用をしている企業も少なからずあります。

そういう企業は新卒よりも大学中退者を積極的に採用しており、周りも大学中退者が多く、雰囲気が良いことが多いです。(かくいう私もこういう企業に採用していただきました。)

入社後に聞いた話だと「大学中退者は過去に挫折をしているのがいい。こういう人材で就職をしようと強い気持ちを持てたものは就職してからちゃんと成長していくポテンシャルを秘めている」と言っていました。

こういう企業を時間をかけながら探していくことが必要です。

スキルを身につけられる会社に就職する

意外と就職をする上で職種として事務職を希望している人が多いです。

ただし、一度事務職で就職をしてしまうと単調な作業が多くなってしまうため、社会で使えるスキルが身につきずらくなります。

大学中退から入れる会社がすごくいい会社とは限らないため、スキルを身に着けてからよりよい会社に転職していくためにも、スキルが身につく仕事につくことをおすすめします。

私はいい会社に恵まれたので、まだ転職は考えていませんが、同時期に大学中退で就職した友達はあまり雰囲気が良くない会社に就職してしまったため、1年で辞めてしまいました。

しかし仕事が厳しかった分スキルが付いたため転職もあっさりできて今は順調に働いています。

つまり万が一のためにもスキルが身につく職種に就職するのをおすすめします。

できるだけ早く就職する

大学中退してから年数が経つごとに就職が難しくなっていき、30歳を超えると就職はほとんど難しくなります。

つまり大学中退をしてからできるだけ早く就職をすることが重要です。

今このブログを見てくれて就職を迷っている人は今すぐ動き出すことが重要です。

急いで良くない会社に就職するのは本末転倒ですが、就職支援会社やハローワークに登録して情報収集するのはできるだけ早く開始したほうがいいです。

大学中退者の就職の仕方

では実際にどのように就職活動を行っていけばよいのでしょうか。

大学中退者は大学生と違って周りに同時期に就職活動をしている人がいません。

そのためまずは就職活動を支援してくれる機関や会社に行くことをおすすめします。

自分だけで動いているとダラダラと時間が過ぎ去っていき、いつまで立っても就職できない可能性があります。そうしないためにもモチベーションを維持してくれる何かの装置が必要です。

ハローワークに行ってみる

まずはハローワークに行くことをおすすめします。

ハローワークは国の機関だけあって非常にしっかりしています。

企業からすると無料であるため、多くの求人がハローワークには登録されています。

ただし、求人数が多すぎるため、その求人に対しての精査は行われていません。その案件に応募する際はしっかりと求人の内容を見てウェブサイトで調べてから応募するなど工夫をしましょう。

どういう求人があるのか、どういう業種があるのかなどを参考にして自分が働きたい企業を明確にするだけでも価値があります。

またハローワークでは求人だけではなく、面接対策や場合によっては職業訓練まで行ってくれます。

これらは無料で利用できるため、利用しない手はないでしょう。ただ、職業訓練は長期間をかけて行われるものも多いため、参加する際には注意をしましょう。

もう一つの注意点としては募集要項をよく見ることです。ハローワークには契約社員などの非正規雇用での求人も多いため、すべてが正社員募集ではないことに留意しておきましょう。

就職支援会社を利用する

並行して就職支援会社に登録して利用をすることをおすすめします。

就職支援会社は求人を出している企業からお金をもらっているため、無料でサービスを利用できます。

あまり知られていないことですが、企業は就職支援会社に求職者の精査をお願いしていることから、ハローワークで「大卒以上」などの条件で募集している企業でも、就職支援会社経由では「学歴不問」の条件になっている企業が多いのです。

それは就職支援会社が求職者に研修などのサービスを無料で提供して、社会人としての基礎研修を事前にうけさせてくれたり、カウンセリングなどを通じて求職者に合う企業を選んで紹介してくれるためです。

また各企業に関しても詳細な情報を持っており、面接の前にどういう企業かを詳細に教えてくれることもポイントです。

そのため大学中退者にとっては自分自身のスキルアップにもつながるし、効率良く就職活動を進めることができます。

こういう社会人未経験者を対象にした就職支援会社はあまり多くないため、迷わず全てのサービスに登録をして、自分に合う雰囲気のところをメインで使うことをおすすめします。

私が実際に就職活動の際に利用した就職支援会社は下記の通りです。

ハタラクティブ

ハタラクティブ社会人未経験層に特化しているサービスを提供している会社です。

カウンセリング担当者も非常に若く、友達のような感覚で相談に乗ってくれるサービスです。

カウンセリング後すぐに求人を紹介してくれるのが特徴でスピーディーな就職が可能です。

ただしサービス対象エリアが東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪限定になるので申込みの際は注意をしてください。

=>ハタラクティブの詳細を見てみる

ジェイック

ジェイック就職支援会社の中で唯一の大学中退者専門のサービスを提供している会社です。

今までに12000人以上の求職者を正社員として世の中に送り出している実績豊富な企業で、フジテレビやワールドビジネスサテライトなどの有名番組にも頻繁に取り上げられています。

対応しているエリアも非常に広く、優良な人材紹介会社です。

すべてのサービスが無料で利用できるため、大学中退者で就職を考えの方はまずは登録したい企業です。

=>ジェイックの詳細を見てみる

就職shop

就職shop人材紹介会社の最大手のリクルートが提供しているサービスです。

常時8000以上の求人を保有しており、その豊富な求人の中から自分に最適なものを紹介してくれます。

すべての企業に詳細な取材をしているらしく、企業の情報を詳細に教えてくれるのが特徴です。

大手の安心感を得たい人にはおすすめです。

=>就職shopの詳細を見てみる

就職支援会社の面接対策を利用する

就職には避けて通れない壁があります。それは面接です。

面接は初めて行う人には非常にハードルが高いものです。

どのように受け答えをするべきか。どういう回答をしたほうがウケが良いのか。所作はどうするべきか。等気になることが多いと思います。

しかしそれを一気に解決する方法があります。

複数の会社でなれるまで練習させてもらう

それは就職支援会社に登録して面接対策を片っ端から受けさせてもらうことです。

就職支援会社は企業に求職者を紹介するため、それらのサービスを無料で利用させてくれます。

面接はある程度回数をこなさないと慣れずに緊張してしまうため、どんな質問が来てもある程度答えを返せるようになるまでひたすら練習する必要があります

しかし一社だけだと人も同じだし質問の内容がかぶってくるため、雰囲気を変えるために複数の会社でやるほうがいいのです。

結果的に面接対策を通して、自分と合う紹介会社を見つけて、そこから就職すれば就職も楽になります。

なぜ大学を中退したのかを答えられるようにしておく

大学中退者が必ず受ける質問があります。

それは「なぜ大学を中退したのですか?」という質問です。

この質問に答えるにはあるコツがあります。それは「本音をオブラートに包むこと」か「素直に本音を話して後で挽回する」ということです。

おそらく本音は「遊びすぎて単位を落としてしまった」「行くのがめんどくさくなった」「勉強についていけなくなった」などの理由だと思います。そういう私も同様でした。

ただしちょっと待ってください。このまま言ったのではコイツは何も考えていないんだな、会社に入ったとしても使えないかすぐに辞めてしまいそう、という印象を与えてしまうことになります。

本音をある程度包みながら「大学で勉強するよりも早く社会に出て働きたくなりました」や「大学は遊びすぎて辞めてしまいました。ただしその後フリーターとして働きながら社会で働くことの重要性を痛感し、就職しようと思いました」などと答えた方がしっかりしているように思えませんか?

こういった細かいテクニックが面接にはたくさんあります。

それは就職支援会社に登録して面接対策で教えてもらうと内定を取れる確率が大幅にアップするということです。

まとめ

大学を中退しても今まで書いてきた方法を使えば就職することができます。

20代であるうちはまだまだたくさんのチャンスがあります。

まずは就職支援会社に登録して、ただしブラック企業に就職してしまわないように十分に時間をかけながら就職を行ってください。

一度正社員に入ってしっかりスキルを身につければ後の転職にも非常に有利になりますよ。

私のこの経験が少しでも役にたてば嬉しいです。

最初に登録するならハタラクティブ


ハタラクティブは今最も勢いのあるフリーター・大学中退・高卒・第二新卒向けの人材紹介会社で、今まで60000人以上を就職支援をしてきたという実績があります。最近支店を一気に増やしており、今では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分と広いエリアで未経験人材を正社員への導いています。

登録はもちろん無料で、正社員求人を紹介してくれるばかりか、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる