転職

転職のベストなタイミングを正しくつかもう

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

転職にはそれぞれのキャリアやスキル、ビジネス&ライフ環境の変化によって“格好のタイミング”があります。

このタイミングを正しくつかめていれば、“本当に今、会社を辞めていいのだろうか?”などを疑わなくて済みます。納得のいく転職を実現している人たちは、皆、そうしたタイミングを熟知しています。

ベストタイミングで新たな仕事に就いています。あなたがチェックするべき転職のタイミング。確信を深めたアプローチを行うためにも、マスターしておきましょう。

“逃げ”“責任転嫁”の転職は得てして失敗に終わりがち!

今、自分が転職すべきタイミングにあるのかどうか、正確に判断するのは極めて難しいです。

他人のことだと、ある程度客観的に判断できるのだが、自分のこととなると途端に様々な思惑が入り組んで、なかなか“その時期”にあるのかどうか、見極めにくい。

転職活動に踏み出すタイミングには、絶対の確信を持って飛び出したはずなのに、幾度か思いのほか高いハードルにぶつかるうちに、すっかり意気消沈。“そもそも、まだその時期になかったのではないか?”と、かつての自分自身の判断に疑いの目を向ける人も少なくないです。

中でも、そうした判断を下す際、何ひとつ確かな根拠もないままに、安易な思い込みだけで走り出してしまった人たちの多くは、仕事や職場、生活環境の不平不満を転職のきっかけにすり替えがち。本来なら、その職場で努力し、解決すべきことをすべて棚上げして、“仕事や職場を変えれば、全部うまくいく”と考えがちだです。

これは、企業の人事担当者に聞くまでもなく、できるだけ避けたい選択。達成感と誇るべき成果を持たない転職だけは、なんとしても回避したいものです。

OA機器リース会社の採用センター所長によれば、「応募書類に目を通してもそうなのですが、面接などで志望の動機や思い立った理由を聞かれて、そうした“逃げ”の理由をまことしやかに口にする人がとても多いんです。“上司の人間性に疑問を持った”とか、“この職場では働けないとつくづく思い知らされた”など、入社1、2年の新人たちでさえ口にするんです。どの程度の努力をしたのか、また、自分に落ち度や問題点はなかったのかなど、ほとんど精査しないまま転職に踏み出しています。採用する側にしてみれば、“その安易で独善的な姿勢こそが問題”と言わざるを得ないんです」

少なくとも、人間関係に問題があったのなら、“これだけの期間、これだけの努力をしたものの解消するに至らなかった。仕事面への影響が無視できなくなってきたので、ここは心機一転、自分自身の反省も込めてこのタイミングで再起を期すことにしました”などのコメントは欲しいのです。

さらに、“どこが反省点でしたか?”といった突っ込んだ質問にも、しっかり答えられることが採用の条件。事前に考えていればこそきちんと答えられる質問なので、多くの採用担当者たちがその点を見逃さずに攻めてきます。

「結局、どう答えても、それが“逃げ”とか“責任転嫁”にしか聞こえてこない人たちは、考えに考えた揚げ句に転職を決断し、そのことに責任を持つといったレベルからはかけ離れたところにいるんです。転職にはリスクがあるという事実に目を向けることなく、ただ目先の苦痛だけを取り除こうと仕事や会社を変えたがる。問題を棚上げにしている分、特に解決能力が身についているわけではありませんし、その後のことについて特別有効なプランを持って臨んでいるわけでもありませんから、結果的に“何もかもうまくいくはず”の新しい職場がすぐに色あせてしまったり、以前の会社と大差のないところになってしまうんです」

社歴が白紙に戻る分、評価を得るために倍の努力をしなければならないだけ。“こんなことなら、転職しなければよかった”と思う人も多いといいます。

「ミスマッチを理由に、1年もしないうちに退職する人たちは、多かれ少なかれ、そうした根本的な問題を抱えているものと見ています。転職に成功している人たちは、その点、前の会社での反省点や問題点を踏まえて仕事を選び、会社を選んできますから、既存社員の平均レベルより、格段に問題処理能力が高かったり、技術水準、専門知識が高レベルにあるものなんです。企業側でも、だからこそ採用しているわけですし、外部からの鍛えられた人材の投入のタイミングで職場全体を活性化させたいと思っている。厳しい言い方ですが、以前の職場で結果を出せなかった人は、他の会社に行っても結果をすぐには出せないでしょうし、トラブルを処理できない。そうした壁を克服していない分、ビジネスマン&ウーマンとしてのステージは、依然として低いままというのが、我々人事の基本的な受け止め方なんです」

転職に踏み出すタイミングを“ビジネス環境” “ライフ環境”からそれぞれチェック。

いくつか思い当たることがあったら、思い切った行動に出てみることです。タイミングを逃すと、なかなか踏み出せないもの。 次第に選択肢が狭められるということもあります。

転職のタイミングのサインを見逃すな!

ライフ環境から見た転職タイミングのサイン

転職タイミングのサイン1:家庭の事情などから、今の会社&仕事を続けることが難しくなっている

生活環境の変化は、当然、仕事にも大きな影響を及ぼします。たとえば、急に家業を継がなければならなくなったり、転居を強いられる場合など、いくらその会社に勤務し続けようと思っていても、現実問題として無理といった場合があります。そうした時は、それもタイミングと受け止めて転職に踏み切る覚悟を決めるのも大事なこと。人生には思いがけない展開がつきものなのだから、日頃から非常時に備えて必要最低限のスキル&キャリアを蓄えておきましょう。

転職タイミングのサイン2:人生設計から見て、今の仕事は重要な必要条件を満たしていないと感じている

30代までに人生の方向性、基本プランくらいは立てておきたい。ビジネスにおけるキャリアプランも含めて、こうした生涯プランがあると、それを基準に“今の仕事”や“生活”がどの程度納得できるものなのか、適宜判断できます。反対に、こうした指針を持っていないと、ついつい何に関しても短絡的な判断を下しがち。後で後悔することになります。今の仕事、生活が想定の範囲を明らかに逸脱し、何ひとつプラスに働いていないと判断した時点で、転職。

転職タイミングのサイン3:マニュアルに書かれている“採用ライン”は あくまでも“標準”と思え!

転職活動に踏み出す際、各種のマニュアル本を購入して参考にするという人は多い。それはそれでいいのだが、そこに書かれていることをすべて守れば、それだけで絶対に採用されると思ってはダメ。マニュアルに書かれているのは、あくまでも“標準”。実際に採用されている人たちは、さらにそこにプラスαを付け加えてきます。このプラスαをどれだけ意識しているかが成否の分かれ目。採用を確実なものにしたければ、マニュアルに書かれている“原則”など軽くクリアしているようでなければなりません。

転職タイミングのサイン4:転職のリスクを背負えるのもそろそろ限界にきていると感じている

転職には、何ひとつリスクを感じることなく進める時と、とてもそうは思えない時があります。置かれている立場や環境、背負っているものなど、その要因は人それぞれだが、いずれにしても、そうしたリスクを絶対にクリアできるといった自信があってこその転職、アプローチと考えることです。リスクヘッジのない転職は、あまりに危険。周囲の人さえ巻き込みかねません。“リスクの少ない今のタイミングだからこそ転職!”。そう思えるかどうかが鍵。

転職タイミングのサイン5:仕事に対する価値観や考え方が以前とはまるで変わってきている

経験を積み、視野が広がるにつれて、考え方や価値観は当然大きく変わってくるもの。たとえば、当初は“仕事はお金”と考えていた人が、次第に“やはり、やりがいをどこまで感じられるかといった中身も重要”と思うようになるといったことは、どの職場でもよく聞く話です。転職に関しては、こうした価値観の変化や、仕事や人生に対する考え方、目標の変わり目が重要な節目に。タイミングを告げるサインになります。「成長も転機」と、覚えておきましょう

転職タイミングのサイン6:健康、体力面について、今の仕事と職場環境に無理を感じている

健康、体力も、転職のベストタイミングを図る際の重要なサイン。目標を持って取り組むのはいいのだが、ベースとなる身体が悲鳴を上げているようでは、とても長続きしません。仕事そのものには問題ないものの、健康、体力に限界を感じているという人は、環境を変えてみることを考慮。体力の増強やモチベーションアップなどでカバーできる類のものかどうか見極める。心身ともに、過度の“無理”は禁物。能力を低下させてしまいます。注意しましょう。

ビジネス環境から見た転職タイミングのサイン

転職タイミングのサイン1:社内業務をすべて習熟。物足りなさと危機感を感じている

社内業務に習熟し、さらに“その上”を意識しだしたら、それが第一の転職サイン。タイミングが近づいていると受け止めましょう。特に、社内にとどまらず、業界全体の動きを見て焦りを感じ始めているようなら、具体的にどういう業務に就きたくて、どんなスキルを身につけたいと思っているのか考えてみることです。また、そうした業務やスキルを習得できる会社からの求人が出ているのかもチェック。的を絞ったピンポイントの求人を待ちましょう。

転職タイミングのサイン2:ビジネス環境が予想を超えて激変。まるで違ったシステムと価値観を強いられる

会社の経営方針が変わったり、事業の劇的な方向転換、新システムの導入などが行われるような場合には、それが得てして転職のタイミングとなることが多い。特に、自分のスキルやキャリアに大きな支障をきたす場合には、要注意。あくまでも社内でのキャリアアップを目指すのなら、たとえ価値観の変更が強いられてもそのまま勤務するのがベターだが、転職を視野に入れているのなら、具体的なアプローチに着手することを考えましょう。

転職タイミングのサイン3:今の職場では、ビジネスの発展性、可能性が限定されていると思う

市場規模や業務内容が、あまりにも限定的で先細り感が否めないと感じているようなら、そろそろより大きなステージへの移動を考える。ただし、展開次第では、逆に特異性のあるスペシャリストとして存在感を発揮しやすいといったケースや、他社にはない特殊な技術があるという場合には、プラス面も大きいので慎重に検討する。それでもなお、“より大きな市場に打って出たい!”という気持ちが強いようなら、思い切ってアプローチ。

転職タイミングのサイン4:人間関係や煩雑な社内ルールなど、仕事以外のことに過度のストレスを感じる

できればすっきりとしておきたい人間関係。少なくとも、上司はもちろん、先輩社員や同僚などとは、ビジネスに打ち込めるだけの関係は維持しておきたい。しかし、それが今の職場ではどうしても不可能という場合に限り、転職という選択肢を視野に入れた上で、どうすればいいかを考慮。過度のストレスを抱えないための対策を取ることです。実際に、職場を変えることで心機一転、ガラリと変わるといった人も多い。サインのひとつと受け止めましょう。

転職タイミングのサイン5:今、転職活動に踏み出してもすぐに大手に採用される自信がある

転職で成功している人は、皆、アプローチの段階でかなりの自信を持っているもの。しかも、それが誰の目にも明らかな実績に裏打ちされたものであるといったケースが圧倒的に多い。その意味でも、“今、踏み出したとして、業界大手に採用されるだけの材料をどれだけ持っているか?”を考えるのは重要なこと。実績、技能、能力開発など、“誰にも負けない!”と胸を張れるようなら、迷わずゴー!転職のベストタイミングと判断する。

ステップアップが転職の基本。まず、この絶対条件をクリアしよう!

そこで、転職を考える際には、まず“この会社で、やるべきことをすべてやったか?” “できるだけの工夫をすることで、目の前に立ちはだかっていた壁を乗り越えることができたか?”をチェック。少なくとも、自分自身に合格点をつけられるという場合のみ、その資格があると思うことです。

また、その際のチェックは決してアバウトになることのないよう、上に挙げた“ビジネス環境から見た転職のタイミングサイン”“ライフ環境から見た転職のタイミングサイン”にそれぞれ照らし合わせて確認。いずれの項目もしっかりとクリアした上で踏み出したいものです。それが、転職で成功するための極意。希望の仕事に就いて、理想の展開を実現している人たちの共通項になっています。

「転職は、ステップアップが基本ということだと思うんです」とは、機械メーカーの営業本部次長。ここに挙げた転職のタイミングサインは、いずれもその前提を確認しているに過ぎない、と指摘すします。

「単純に言うと、採用する企業側は、ハードルを乗り越えて、ある一定水準以上の技術、経験を持っている人を採用したい。ただし、たとえそのレベルにあっても、長い期間付き合っているわけではありませんから、その人の潜在能力や可能性については判断する材料がなく、ほとんど未知数というのが実際なんです。その点、以前の職場でなんらかの目標を達成した上で応募してきているという人や、なんらかのトラブルを抱えながら、それを適切に処理しつつ成果を挙げてきたという人たちは、そうした潜在能力の高さや、入社後の成長を期待させる材料を提示してくれているんです。採用する側が確信を持って“これだけのハードルを越えている人だから、採用”と言い切ることができるんですよね」

応募者自身、転職レベルにあることに自信を持っているだけに、どんなに倍率の高い人気企業にも、臆することなくアプローチ。他の応募者とは明らかに違った印象を残します。“業界最大手だから…”“採用予定数がわずか数名だから…”と、見た目のデータ、イメージに振り回されないのも大きな特徴。“評価を得るだけの経験は積んできています。あとは、企業文化などとの相性を確認してもらうだけ”と、選考に臨みます。

“採用される人には、それなりの理由がある”というのが、採用担当者に共通した意見。その極意をつかんだ上でトライするかどうかは、あなた次第。成功を手に入れよう。

今は辞め時?人事が作った転職タイミング診断!こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 今は本当に会社を辞めて転職に踏み切っていいタイミングなのかって気になりますよね。一度辞め...

経験者に聞く!! 「私が感じた転職ベストタイミング」

経験者たちは、それぞれどんなタイミングで転職しているのでしょう?納得のいく転職を果たしている人たちに、その実感と確かな根拠を聞いてみました。

<広告代理店>チーフディレクター 男性 27歳
「昇格を命じられて逆に直感。キャリア形成を優先しました」
転職を決意したのは、異例とも言えるスピード昇格。こういうと、ちょっと驚かれるかもしれませんが、社員20名ほどの会社ということもあって、そこでは社長の目が細かいところまで届いていたんです。その分、成果を挙げると、すぐに昇格。社内に刺激を与えるという狙いもあって、徹底した成果主義が取られていました。私は、運よくクライアントに恵まれて入社3年目にトップセールスを挙げたのですが、おかげですぐに管理職に。年齢には不釣り合いな管理業務に就くことになったんです。しかし、私の目標は、もっと現場を経験することで、一日も早く業界の第一線で活躍するプロデューサーになること。私自身の設定したキャリアを貫くために、“ここは現場で経験を積むべき”と、転職しました。後悔はしていません。

<流通>アドバイザリースタッフ 女性 29歳
「結婚、出産、育児…。具体的になった段階で転職しました」
女性にとって働きやすい会社…。それを意識するようになったのは、結婚をすることになってからです。それまでは、あまり具体的なプランなど立てていなかったのですが、結婚が決まった段階で、“私は一生、仕事を持っていたいし、家庭も充実させたい”と、欲張りですが自分でも驚くほど強い意志を持っていることに気づいたんです。主人もそうした考えには賛成で、“だったら、どうすればそれが実現できるか?“を考えるようになったのですが、以前の会社は、結婚退職が当たり前。そのままの勤務はちょっと…という感じだったんです。今の会社は、その点、ケアが万全。働く女性に優しい会社として、評価が高かったんです。私の場合は、生活の変化が転職のきっかけでした。

<食品>営業部次長 男性 36歳
「30代半ばまでに地元企業に転職。プランを立てての行動でした」
ボクの場合は、ゆくゆくは郷里にいる父と母の面倒を見たいし、地元の企業で落ち着いた仕事と暮らしがしたいということで、早い時期から“東京で仕事をするのは30代まで。そこでできるだけのことをして、ベースを作った上で田舎にUターンする”というのが、当初からの目標だったんです。まぁ、目標というよりは、ボク自身の中での取り決めみたいなものでしたが、そうしたプランが最初からあったので、仕事をしながら帰省するたびに地元の企業で自分の技能や実績を活かせるところはないものか、と長い間ずっとウォッチしてきたんですよね。ですから、東京の会社での仕事が一段落し、子供が生まれた段階で今の会社に転職。何回か事前に打診していただけに、すんなり転職することができました。

まとめ

転職にはベストなタイミングがあることがわかってきました。

この記事で説明したような転職サインを見逃さず、自分的としてベストなタイミングで転職をすることがさらなるキャリアアップには重要です。

自分の中でベストなタイミングを見極めて行きましょう。

フリーター専門就職支援会社

ジェイックは今まで12000人以上のフリーター・大学中退・高卒・第二新卒を正社員へと就職成功させてきた優良就職支援会社です。最近「就職カレッジ」というリニューアルした新しいサービスの提供を開始。サポートを拡大し続けています。

無料で利用できて履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる