就職面接のポイント

不採用には理由がある。

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

不採用には、理由があります。どんなに競争倍率の高い人気企業でも、採用される人たちは採用されているし、必ずといっていいほど最終選考で数少ない採用枠を争います。

これに対して、不採用になる人は、最初からどこかに決定的なマイナス材料があり理由があるもの。それをカバーしないまま応募する。今回は、応募&面接でするべきことをしっかりしているかどうか確認しましょう。

採用に直結する準備度を徹底的にマークする。

どれだけ準備してきたかはほかと比較すると一目瞭然

転職は、準備次第。どれだけ完璧を期して臨むかで、採用、不採用の結果はガラリと変わって来ます。

中途採用に立ち会う多くの採用担当者に話を聞くと、そんな実態が浮かび上がってきます。たとえ、少々キャリア的には物足りない部分があっても、応募書類や面接の用意が驚くほど完璧ならば、最終選考にエントリー。場合によっては、キャリアが豊富な応募者に勝ってしまうこともあるといいます。

化学メーカーの人事セクションチーフによると、「用意周到に臨める人は、それだけ採用側の人材ニーズをよく理解できているということになるんです。それには相当な経験が必要ですし、またビジネスに求められる敏感な感性が必要。いい加減な人には絶対にできることではないんです」

企業の人材ニーズを意識しながら応募書類を作成し、採用担当者の視線で応募姿勢をチェック。アピールすべきところはしっかりとアピールしながら、マイナス評価を下されないようできるだけのことをする…。採用される人の多くが、そうしたそつのない配慮を見せるそうです。

「これは、どの企業でも同じこと。採用される人は準備に余念がないし、ベストな自分をアピールしようと最大限の努力をするんです。それは、もう一目見ればすぐにわかるんですよね。選考は、相対的に比較される部分も大きいですから、ちょっとした違いでもすごく目立つんです。“どうせ大差ないだろう”などと勝手に思い込むのは、社会人として未熟な人たち。採用側にとって、そうした態度はいかにも稚拙なビジネスマン&ウーマンを証明しているように見えるんです」

応募&面接前の準備度チェック!

これだけは絶対に済ませておこう!!

これが応募&面接前にしておくべき用意です。合格している人たちの多くが、当たり前のようにしていることだと思っていいです。どれひとつ欠けていても不採用の理由になり得る。

転職時の準備は、それほど完璧であることを求められる。あなたはどこまで用意して臨んでいますか?

不採用理由チェック1~応募企業の事前調査と研究

応募企業の事前調査は絶対に必要です。これがどれだけできているかで、その後の流れがガラリと変わってきます。企業特性、主要業務、社風&企業文化、将来展望、業界内評価&位置づけなど、調べることは山ほどあります。業界内での情報はもちろん、インターネットを駆使して集められるだけの情報を集めましょう。不採用になる人は、得てしてこうした情報を軽く見がち。短絡的に企業を判断してしまいます。確信を持って臨むためにも、このステップはしっかりとクリアしておきましょう。

不採用理由チェック2~応募の動機と適応性の明確化、確認

応募する際には、その動機と適応性を確認しておくことが必要不可欠。数ある企業の中からなぜその会社を選んだのか、その会社ならではの魅力と、“ここならうまくやっていける”と思うに至った根拠をはっきりさせておかなければなりません。企業に嫌われるのは、こうした根拠が曖昧で、結局は“御社の将来性に惹かれて…”“魅力ある会社だと思ったので…”などといった、通りいっぺんの模範解答に終始する人たち。不採用理由チェック1をベースにじっくり考えましょう。

フリーターは正社員面接で志望動機はどう答えるべき!?こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 面接の際に聞かれる志望動機への答えって非常に困りますよね。すごい入りたい会社で入りたい理...
フリーターも適職診断で成功する就職をしようこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 フリーターの人も自分に向いている仕事ってなんなんだろうって気になりますよね。特に社会人未...

不採用理由チェック3~採用側の目線に立った書類作成

ただ書いただけといった応募書類は、他の応募書類と並べられるとすぐにわかってしまうもの。そこからはなんの熱意も感じられないし、キャリア豊富なビジネスマン&ウーマン像も見えてきません。大切なのは、採用担当者、あるいは企業の第一線に立つ人たちに、評価してもらえるだけの応募書類を作成すること。中身はもちろん、体裁にもこだわったものを作ることだ。完成度の高い応募書類は、それだけで魅力的。即戦力としての期待を抱かせましょう。

不採用理由チェック4~誤字・脱字、写真などのチェック

応募書類に、誤字・脱字、写真の不備などがひとつでもあると、採用担当者の評価は一気に下がります。自分のビジネスマン&ウーマンの成熟度をそのまま反映する書類にそうした不備があるということは、スキル、キャリアともにまだまだ甘さがあるということ。書かれているアピール内容も、額面通りには受け止めてもらえなくなります。誤字・脱字があった場合は、修正液で訂正するのではなく、書き直しを。証明写真はできるだけ写真館で撮影し、完璧を期そう。

不採用理由チェック5~面接会場への指定時間帯アクセス

“採用される人たちは、ココまでやっている”という典型的な準備がこれ。行ったことのない会社には必ず事前に行ってみるし、面談当日の交通アクセスを想定しながら、自宅からどれくらい時間がかかるか調べてみています。また、面接の指定時間帯に合わせて行くのが基本。こうすることで、時間帯による所要時間の差をあらかじめ知ることができます。面談当日、余裕を持って会場に到着するために、ぜひ必要なこと。余計な不安を抱えないためにも済ませておきましょう。

不採用理由チェック6~スーツ、髪型など身だしなみの調整

軽んじがちだが、身だしなみを整えるのも大切なことのひとつ。少なくとも、初対面の人たちに好印象を持たれなければならないのだから、神経を行き届かせなければなりません。スーツは、事前にクリーニングに出しておくのが常識だし、また、髪型は清潔感を第一に考えて、職種や企業文化に合わせカラーリングなどを調整しましょう。面接で重要なのは、自分の価値観を押し付けることではない。身だしなみの乱れは、そのまま大きな失点につながり、不採用の理由の一つになりえます。

人事が教える、面接の服装&ファッション&身だしなみこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 就職において避けることができない面接。どんな服装や身だしなみで行けば良いのかフリーターか...

不採用理由チェック7~面接での質疑応答をシミュレーション

できるつもりで何もしないでいると、本番で思わぬ失言を連発することになるので注意。特に、当日は敬語表現に気遣いながら話したり、自分の表情がどう受け止められているかを気にしたりすることになるので、注意力が分散しがち。中身だけを意識して話すということがなかなかできません。難しい質問や微妙な質問なども投げかけられるので、そうした質問も含めて、事前に答えを用意しておくことです。正確を期すため、文章にしてみるといった工夫も必要。

フリーターの就職時の面接のポイントとは?服装、自己紹介、質問等!こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 フリーターから正社員になるうえで、全員が苦手にしている関門があります。 それが「面...

不採用理由チェック8~アピールポイントの作成と暗記

応募書類はもちろんだが、面接で「ほかに何か聞きたいこと、アピールしたいことなどはありますか?」と言われた時の対応も、事前に用意しておきましょう。“だいたい、こんなことを言うつもり”では、準備不足。得てして満足に伝えられないまま終わってしまいます。また、微妙なニュアンスを伝えなければならないケースも多いので、その場で考えながら話すことなどほぼ不可能と思っておいた方がいい。応募&面接アプローチは、すべて事前に用意しておくのが常識なのです。

不採用理由チェック9~応募書類のコピーを確認

意外に多くの人たちが実行していないのが、この作業。履歴書や職務経歴書などのコピーをとっておくということです。たとえ、作成してすぐ面談というケースでも、自分が書いた内容を正確に把握しておくことは難しい。採用担当者に突っ込まれて、うろたえてしまうということも珍しくありません。面接前には、そうした応募書類のコピーを見直して、様々な質問を想定しておくというのが必要な準備。採用されている人たちの多くが実行しています。習慣にしましょう。

不採用理由チェック10~面接会場15分前到着を厳守

指定の面談時刻に遅れたら、まず採用はあり得ないと思っておいた方がいい。当日のトラブルはできるだけ事前に想定して解消しておくのが普通だし、“ちょっとバスが遅れて…”などといった理由も不採用理由チェック5の準備をしていなかったためと思われます。ビジネスマン&ウーマンとして、読みの甘さ、認識の甘さを露呈するだけなのでなんとしても避けたい。また、ギリギリに滑り込むのも非常識。15分前に到着し、10分前には受付を済ますよう用意しましょう。

念には念を入れて臨むのが転職アプローチの基本

では、どこをどの程度まで準備すれば、合格点がもらえるのでしょうか?

採用担当者に聞いてみると、次のような答えが返ってきます。

「基本的には、一般のビジネスシーンで、はじめてのクライアント候補や交渉相手に臨むのと同じです。たとえ営業職でなくても、会社の上司や役員をはじめとして、そうしたはじめての相手とやり取り、交渉することは多々あるはず。その時、印象を悪くしないためにどう臨むのか、細かく考えていけばいいんです」(食品・採用担当マネージャー)

まず第一に確認しなければならないのは、こちらの自己紹介。ビジネス取引の場合なら、会社を紹介する必要アイテムを取り揃えるし、それを説明する人間として恥ずかしくないようしっかりと身だしなみを整えましょう。

必要に応じて、補足する文書を作成してみたり、場合によっては部署が一丸となって強力な営業販促ツールを作成します。企画趣意書、挨拶文などを用意することも多いし、そうした中からこちらの誠意と能力を十分に汲み取ってもらえるよう、努力します。

応募&面接前の準備も、同じ。ビジネスマン&ウーマンとして、どれだけ信頼できる人材か、完成度の高い人材かを短時間で見てもらうことが主な狙い。そのための用意を行えばいいというわけです。

「よく“平常心で臨む”という言い方をしますが、それはいざ採用担当者を前にしての理想の精神状態のこと。それ以前の準備段階では、できるだけ自分をよく見せることと、最善の状態で臨めるよう、あらゆる用意を整えるというのが常識なんです。その辺を勘違いして、“特別なことは何もしないで、ありのままの自分を見てもらう”という人がいますが、これは大きな間違い。するべき準備をしてこなかった人として、あっさり対象外にされてしまうというのが実情。考え違いしないことです」

有力な採用候補として最終選考に残る人たちは、こうしたことを熟知。たとえば業務に役立つ高度な資格を取得してきたり、積極的に社外セミナーや講習会に参加するなどして、その守備範囲を大きく広げてきます。これなども、より将来期待できる人材であることをアピールするための準備。“ありのままの自分を見てもらう”などといった思惑違いなどとは、かけ離れた次元にあります。

応募する際に必要な準備とは、そうした“今、できること”を、すべて済ませた上で臨むこと。ビジネスマン&ウーマンとして、今より数段魅力的な自分を見せつけることにほかなりません。

上記に挙げた10項目のチェック事項は、そうした印象をアップさせるための必要最低限の準備項目。採用される人の多くが実行している共通アプローチを並べたものです。

これを見て、“そこまでやるの?”と思う人は、明らかに認識不足。実は、そうした意識の低さがなかなか採用に結びつかない最大の要因になっている可能性が高いでしょう。

面接の質疑応答ひとつ取っても、具体的に書き出して想定することはもちろん、何度も口にすることでより最適な表現ができるよう用意。他の応募者も、それくらいの準備はしてくるものと考えた方がいいです。

また、不採用理由チェック5の「面接会場への指定時間帯アクセス」や、不採用理由チェック9の「応募書類のコピーを確認」などの準備は、特に見逃されがちなので注意。“それくらいは大丈夫だろう…”といった甘えが、思わぬ失点につながるので気をつけましょう。

広告代理店のシニアプロデューサーによると、「転職アプローチの基本は、“念には念を入れて臨む”こと。失敗は許されないと思ってあらゆる準備をすることなんです」。そうした意識こそが、採用担当者を振り向かせる要因になる、と指摘します。

「指定時間より10分前に面接の受付を済ませることにしても、できて当たり前のことですから、その分、皆さん、あまり必要な準備として意識しないんです。でも、そこを外してしまったら、すべての努力が“水の泡”。対象外の評価を下されてしまうことになるのですから、本当は絶対に手を抜けない準備なんですよね。余裕を持って到着し、トイレで身だしなみを整え直すなど、直前まで“最高の自分”を見せるためにすべきことはたくさんあるんです。あとあと後悔しないためにも、できるだけのことはすること。ちょっとした準備不足で希望の転職を果たせないというのでは、あまりにもったいないですから」

転職の成否は、そうした“ちょっとした準備”で決するもの。それだけに最後まで手を抜かずにアプローチするよう心がけましょう。

「新調しないまでも、きちんとプレスしたスーツを着用し、清潔感あふれる身だしなみで面接に臨んでくる人、あるいは、完成された応募書類を提出する人は、その意識の高さがすでに魅力的。入社後のビジネスについても同様の姿勢で臨むでしょうから、評価しやすいんです。また、そこに至るプロセスも想像できるだけに、最初から信頼感がまるで違う。採用候補と見なされるんですよね」

あらためて、現時点での準備度をチェック。見直してみることだ。

採用担当者がコメント! 「チェックポイントはココ!」

企業の採用担当者に中途採用者のしかるべき準備について聞いてみると、 それぞれ次のようにコメントしています。
チェックポイントを打ち明けます。 要チェック!意識してトライすることです。

<広告代理店>シニアプロデューサー
「すべてのアプローチにキャリアが出るんです」
“どれだけ周到な準備ができるかは、その人のキャリアによる…”。中途採用に立ち会う広告代理店のシニアプロデューサーによると、応募時の準備度とビジネスマン&ウーマンの習熟度はほぼ一致するといいます。

「たとえば、履歴書に書かれている文字ひとつを取っても、ビジネス文書を書き慣れている人はとにかく読みやすく、枠にきっちりと収まる文字を書くんです。それに対して、キャリアのない人は、たとえ年配の人でも流し字で書いてきたり、枠組みをはみ出した文字を書く。指定箇所に指定の記入がないなどというのは、言語道断なんですよね」。写真も同様。仕上がりに無頓着な人はカットや貼付も雑だし、写り栄えも気にしない。「相手にどういう印象を与えるか、考えていないんです」

<外資系生保>チーフマネージャー
「面接時に額に汗を浮かべているようではダメ」
面接時によくある光景として、汗を浮かべながらの質疑応答を挙げるのは、外資系生保会社のチーフマネージャー。中途採用に立ち会うたびに、そうした人たちを見かけるといいます。

「これなどは、準備不足の最たるものなんじゃないかと思うんです。汗の理由はいくつかあって、ひとつは面接の時間に間に合いそうになくて走ってきたから。もうひとつは、質問に対する答えを用意できていなくて、突っ込まれるたびに焦ってしまうから。さらに、季節の変わり目にふさわしいスーツを用意してこなかったなどといった理由もあるんです。いずれも準備不足からくること。評価は想像以上に低いと思って間違いないです」。緊張がピークに達したための汗。準備が万全なら解消できる、と指摘しています。

<化学メーカー>人事セクションチーフ
「靴やカバン、面接時の仕草にも注目しています」
応募者の成熟度を見極める材料として、身だしなみに厳しい確認を入れているのは、化学メーカーの人事セクションチーフ。以前は、やり手の営業マンとして現場を率いていたというだけあって、そこに表われる神経の細やかさを見逃しません。

「スーツはもちろんですが、靴やカバンをどれだけ意識して手入れしているか、確認します。汚れたままだったり、くたびれたまま使っているようでは、マイナス。当然しておくべき準備をしてこなかった人と判断します」。確かに、人は見かけではないのだが、ことビジネスに関しては、そこに表われる意識が重要。相手にどれだけ不快な思いをさせないか、好印象を持ってもらうかといった配慮が求められます。不備のないよう、準備しておきましょう。

まとめ

面接で不採用になるにはそれなりの理由があることがわかってきました。

不採用にならないためには、「えっ、そんなところまで」と思うようなところまで事前の準備をしっかりできるかが重要です。

事前準備をするためには自分だけでやらないで人材紹介会社などを利用して複数の視点で見ることが重要です。

私が就職の時に使ったハタラクティブとかジェイックとかキャリアスタートなどは厳しいですが、ちゃんと不採用にならないように色んなツッコミを事前に入れてくれるので就職においてかなり有用だと思います。

フリーター、大学中退、ニート専門の就職支援会社

フリーターや大学中退者、ニートが就職をする時に最初にするべきことは就職エージェントに登録することです。

こちらに私が実際に利用した無料で利用できるおすすめの就職支援会社をまとめたので、一度見て自分に合いそうなところに登録するようにしてくださいね。

就職支援会社を見てみる