ニートの就職

就職の筆記試験に強くなるにはどうすればいいか

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

学生の頃ならまだしも、一度フリーターになってしまうととなかなか勉強をすることができなくなります。

特に、就職や資格の筆記試験には思わずハラハラ。満足に答えられる自信などどこにもありません。

就職試験、資格試験などで筆記試験が避けられない時、そうした試験に強くなる方法を探ってみた。

今や資格は必需品。中高年の受験者も増加

就職や資格で筆記試験を受ける人たちが年々急増している。それも、最近ではフリーターや学生や20代層といった若い人たちより、むしろ30代40代層のビジネスマン&ウーマンたちが多く資格の筆記試験を受験。リストラ対策のひとつとして、勤務しながら取得するといったケースが目立っています。

こうした社会人を対象としたビジネススクールの関係者によると、「中には50代の人たちも多くいる。今では決して珍しいことではないんです」(大手ビジネススクール・広報担当者)とのこと。早期退職の対象となった人たちが、再就職のために受講しているといいます。

年齢を問わずに多くの人が資格の筆記試験にチャレンジ。実力本意の社会を生き抜くために、自らの付加価値を上げようと懸命の努力を続けています。

合格基準点を見定めて勉強する!

筆記試験にチャレンジ。実力本位の社会を生き抜くために、自らの付加価値を上げようと懸命の努力を続けています。

しかし、フリーターや社会人も就職試験でもテキストを買ってきて勉強、資格の筆記試験もいざビジネススクールに通い、テキストを開いてみても、なかなか勉強のペースがつかめない。学生だった頃ならまだしも、しばらく”現役“を離れてみると、記憶力は衰えているし、どう勉強していいのかその勘どころがわからなくなってしまっています。実際には、気持ちだけが空回りしてしまうというのが現実のようです。

「見ている限りでは、かつて学生の頃にでも難関を突破したことがあるとか、若い頃に何かの資格の筆記試験を受けて合格した経験を持っているという人たちは、それでもわりとすぐに勘を取り戻せるようなんです。勘というより、むしろ自信なのかもしれませんが、”大丈夫、受かる!“と思えるようになるみたいなんです。ところが、こうした体験を持たない人は、どうすれば筆記試験に受かるのか、その感触がわからない。たとえば、どんな方法でどれくらい勉強すればいいのか、そのアウトラインがわからないみたいなんです」

そのため、多くの人たちが勉強法についてカウンセリング。相談室を訪れるそうです。

「相談に乗る講師の話だと、皆さん、真面目な人が多いようです。真面目なだけに”本当に大丈夫なんだろうか?“”もっと勉強しなければならないんじゃないか?“と、必要以上に考えてしまう。確信がないため、不安に駆られやすいんです」

最低合格点をまずクリア。それが筆記試験に受かる発想法

では、どうすればいいのか?

こうしたビジネススクールで、英語の講座をいくつか持っている専任講師に話を聞いてみると、「満点幻想を捨てることが大事。そこからすべてをスタートさせるべきです」と、そのポイントを指摘する。「皆さん、どういうわけか筆記試験というと満点解答をしなければならないのではないか、と思いがちなんです。

過去問を徹底的に分析すること。それが筆記試験攻略の大前提!

その証拠に多くの人が就職でも資格でも筆記試験勉強というとまず参考書を買ってきて、1ぺージ目からじっくり読み込む。できれば端から端まで読み込んで、しっかり覚えてしまおうと勉強するんです。

ところが、筆記試験に慣れている人や、いとも簡単に受かってしまう人たちというのは、そういう考え方をしないんです。満点なんか取る必要はないし、目指すこともないということで、例年の合格最低点を調べてみたり、過去問を購入することで、どんな問題がどういう配点で出題されているのかを確認する。そこから始めようとするんですよね」

過去問とは、過去に出題された問題集のこと。SPIにしろ資格にしろ年度別に分けられ、各書店などで売られています。合格する人たちは、そこから始めるというのです。

「ただ漠然と合格したいと思っているようでは、つい何もかも覚えなければと、いつの間にか満点幻想にとらわれた勉強をするようになってしまう。これに対して、過去のデータから最低合格点を調べ、それをクリアしていれば少なくとも落ちることはないというところから勉強する人たちは、すべてを覚えようとは絶対にしない。いくら細かいところを苦労して覚えたところで、それが過去に一度も出題されたことのない問題だったら、はっきり言って覚える意味がないわけです。毎年出題される問題を、集中的に覚え、全体の7割は正解できるように勉強する。それが筆記試験に受かる人たちの発想なんです」

取れるところで取るのが筆記試験に受かるコツ!

一般に、社会常識に関する筆記試験などといわれると、それこそ何をどう勉強していいのかわからない。とりあえず、就職試験の対策本をやってみるにしても、それがあるメーカーの新卒採用向け問題集だった場合と、マスコミ関連の過去問を集めたものだった場合とでは、やり終えた後の知識がまるで違います。方向性がはっきりしていないだけに、有効な知識を詰め込めない。

しかし、ことSPIなど型が決まっている就職試験や資格試験の筆記試験については、そうではない。過去問を見れば、自ずとどういう方向に絞って勉強すればいいのか、すぐにわかる。

「たとえば、英語なら英語で、長文問題にはどういうテーマのものが多く出されるのかわかるはず。必ず時事ネタが出されるというのであれば、勉強する際には時事英語を中心にした問題集をやってみたり、あるいは英字新聞を読むなどして、頻繁に使われる単語や言い回しを覚えていけばいいわけです。それだけでも、かなり結果は違ってくるものなんですよね」

また、長文以外の一般問題がどの程度出され、どれくらいが正解可能かを計算しておくのも大切なこと。重箱の隅を突つくような問題は潔く捨てたとしても、普通に勉強しておけば必ず取れる問題は、きっちり押さえておくことが大事と指摘します。

筆記試験は、取れるところで確実に取っておくのが合格するコツだと打ち明けます。

「相当深く勉強しなければならない問題は、他の問題でカバーできる以上、それほどできなくても深刻に考えなくていいんです。大切なのは、合格すること。確実に点数になるところをどれだけ増やすかが大事なんです。その点を意識してみてはどうでしょうか

大切なのは勉強する環境作り!

勉強は、環境が整わないとなかなかはかどりません。特にフリーターや社会人の場合は、学生と違ってそうした環境を持ちにくいもの。その意味においては、圧倒的に不利です。

しかし、それをいいことに、電車内で勉強するとか、何かの機会にザッと目を通すという程度の勉強では、とても役に立ちません。できれば学生の頃と同様、フリーターや社会人になっても色つきマーカーで参考書やテキストを塗りつぶしたり、ノートに書き出すなどの作業はしておいて欲しい。そして時間を決めてカフェに行くなど自分独自の環境を作り上げるのがポイントだ。

フリーターや社会人でよく勘違いしているのが、「じっくり読めば、頭に残る」と、得てして思い込みがちな点。実は、どんどん記憶力は落ちているのに、なぜか読めば覚えると思ってしまっているところだ。

完全に覚えておきたかったら、ノートに書き写してみたり、友人同士で就職試験問題を出し合うなど、より記憶を確かなものにすることです。必死に復習するくらいで正解。確実に合格ラインに近づくことだ。

フリーターにおすすめの資格の勉強法とはこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 フリーターで就職や転職を考えた時にまず何かしらの資格をとろうと考える人もいると思います。...

緊急調査!出題者が明かす攻略のマル秘テクニック!

筆記試験の攻略法を出題者に直撃。これが今まで知らなかった、筆記試験攻略のマル秘テクニックだ!

「応用問題よりも基礎問題をまず重視」

筆記試験勉強は、ことさら難しい参考書や問題集をやる必要はまるでありません。逆に、理解するのに手間取るようなものだったり、高度すぎるものは、いくら頑張ったところで、それほど大きな効果は期待できません。それくらいなら、なるべく平易で、理解しやすいものを選んだ方がずっと役立ちます。

「筆記試験は、まず簡単な基礎問題をどれだけ確実に正解できるかが大事。それさえできていれば、最低合格点に限りなく近づくことができるんです」というのは、税理士専門学校で講座を持つ講師。

この講師によると、応用問題ばかりにチャレンジするよりは、すぐに理解できて覚えられる基礎問題を徹底的にやった方が有利だという。

応用問題の正解率など、それほどあてにできない。でも、基礎問題については過去問などからだいたいの出題傾向がわかるはず。要するに、こちらの方が細かい点数を取りやすいわけですから、勉強しておくに越したことはないんです

難しい問題ばかりを意識せずに、確実に点数の取れるところを意識。集中して覚えることでかなり自信もついてくる。

まとめ

フリーターや社会人の就職や資格の筆記試験対策は傾向を把握して、自分が取りやすいところで得点を取り合格するのが良いとわかってきました。

特に筆記試験の傾向の把握や勉強の環境づくりは特に重要です。

私はフリーター時代に人材紹介会社のカウンセラーに筆記試験の対策を教えてもらって勉強して、筆記試験勉強のスケジューリングを手伝ってもらいました。一人でやるより圧倒的にやる気になるのでおすすめですよ。

私が実際に使った就職支援会社はハタラクティブとかジェイックとかキャリアスタートなので登録してみてください。

最初に登録するならハタラクティブ


ハタラクティブは今最も勢いのあるフリーター・大学中退・高卒・第二新卒向けの人材紹介会社で、今まで60000人以上を就職支援をしてきたという実績があります。最近支店を一気に増やしており、今では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分と広いエリアで未経験人材を正社員への導いています。

登録はもちろん無料で、正社員求人を紹介してくれるばかりか、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる