就職活動論

就職や転職におすすめの資格の勉強法とは

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

就職や転職を考えた時にまず何かしらの資格をとろうと考える人もいると思います。

今回は就職や転職のための資格の試験勉強をする時におすすめの勉強法として上がるビジネススクールとか予備校についてまとめてました。

就職や転職のための資格試験を通るためのビジネススクールや予備校は、どこまで役に立つのでしょうか?

国からの給付金制度も多くのコースに適用されている今、本当に行った方がいいのかどうかも含めて、悩んでいる人も多いと思います。

そこで、今回はこのビジネススクールを徹底取材。その効用と活用ポイントを探ってみました。

就職や転職のための資格取得に、ビジネススクールは必要か?

就職や転職のための資格を取ろうと思ったことがある人なら、一度はそう考えたことがあると思います。

また、これから資格を取ろうと考えている人にとっても大問題。いくら自己投資とは言っても決して安くはないのだし、何より途中でやめてしまっては元も子もありません。

フリーターでも社会人でも働いている以上、仕事優先で満足に通えないといったことも考えられます。

多くの人が”なんとか独学で試験に受かることはできないだろうか?“と考えるのも無理もありません。

事実、資格取得を目指しているというフリーターや大学中退、転職キャリア組に話を聞いてみると、ほぼ2人に1人が自宅学習派。

自分のペースで勉強し、合格を目指しています。

パソコンのソフト開発の会社に勤めながら、情報処理技術者の資格取得を目指している男性(24歳)によると、

「僕の場合は、仕事が資格に直結。特に別の場所で勉強する必要を感じていないんです。

就職する前に専門学校でも一通りの勉強はしてきたわけですし、試験内容についてもある程度はわかっている。

業務で実際の経験を積むことで、そうした問題にも自ずと答えられるようになるだろうと思っているんです」

確かにフリーターや大学中退でアルバイト中の人でも自分の仕事が資格に直結するようなところで働いていると就職に有利な資格は取りやすいようです。

受験にとって禁物なのは孤独になること。同じ立場の人が多く通うスクールの効果は大きいものです。

昨年、第一種に一度トライしたそうだが、残念ながら不合格。あらためてトライし直すといいます。

また、工業簿記の資格を取りたいという女性(24歳)も、通信関連の会社に勤務しながら在宅学習。

特にビジネススクールには通っていないようです。

「今はフリーターとして勤務しているのですが、経理事務の仕事をしているうちに、ゆくゆくは税理士の資格を取りたいと思うようになったんです。

そのために、まずは簿記の資格を取る、ということなのですが、私の場合はビジネススクールに通わないかわりに、大手予備校の通信教育を受けてます。

やはり、独学で何もかもというのは不安ですから。テキストに沿った形で勉強すると、わかりやすいというのもあるんです」

スクーリングしない理由は、「税理士ならともかく、簿記に関しては通信で大丈夫かな、と思ったから。それほどはっきりとした根拠はないんです。ダメでしょうか?」。

逆に質問するなど、不安な表情を浮かべていました。

合格率、プラスαをチェックして選ぶ! わかりやすさも重要な選別ポイント

「ビジネススクールや、いわゆる受験予備校と言われるところには、その資格試験に対する情報が多く蓄積されています。

それだけでも受験志望者にとっては、大きな力になってくれるんですよね」

と言うのは、フリーターや大学中退等の未経験層を対象にした資格取得のための専門学校でいくつかの講座を持つ講師によれば、そうした情報の蓄積こそが、最も大きな違いだと指摘します。

「たとえば、配布されるテキストや問題集、定期的に行われる模擬試験ひとつとっても、その学校特有の資格試験情報が盛り込まれているんです。

宅建(宅地建物取引主任者)資格を例にとると、”例年、こういう出題傾向にあるから、ここだけは重点的に覚えてもらう“という具合に、きちんとしたところになればなるほど、そうした最新の分析に基づいたテキスト作りや模擬試験が行われるんです。

よく、ある予備校が突出した数の合格者を出すことがありますが、あれなどは象徴的なケース。

それだけ、皆、スクーリングするうちに、資格合格に必要な知識を重点的に吸収できたということの証でもあるわけなんです。

そうした講義を受けられるのと、受けられないのとでは、その差は大きいですよね」

やはり、そうした観点からもスクーリングすることの優位性は動かないといいます。

「実際に行ってみたけれど、どうも役に立たないような気がして、途中でやめてしまったという人も多いようですが、私はそういう人たちから相談されるたびに、”それなら自分に合う学校を見つけてみたら?“とアドバイスしているんです。

参考書や問題集と同じで、スクールや予備校には相性みたいなものがある。

無理して合わないところに通うくらいなら、思い切って本当に役立つところに移った方がずっと勉強もはかどるんです。

いかに自分に合ったところを見つけられるかも、試験に受かるための大事なポイントになるんですよね」

どう選ぶかは、下記の”ビジネススクールの選別法“にまとめた通り。

なかでも、合格実績とカリキュラムには特に注意して欲しいです。

合格率が高くて、しかも、カリキュラムや講座内容が自分に合っていると思えるところを選ぶのが、成功するビジネススクール選びのポイントなのだそうだ。

「下手に難しい講義ばかりしていたり、あるいはレベルの高さをウリにしているようなところは、選ばないこと。

どんな難関でも、わかりやすく教えてくれるところが実はいいんです。

誰でも理解できて、誰でも目に見えて得点できるようになること。これが絶対条件なんです。その点をくれぐれも履き違えないようにすることです」

背伸びは禁物。勉強にとってこれほど無意味なことはありません。

参考書、問題集についても、わかりやすさを第一に選ぶのが、短期間で合格を手に入れるコツです。

成績のいい人に限って、これを実行しているとも。

「理解できることは忘れないし、すぐ応用できる。身につくスピードが速いんです。理解できないといったストレスもないし、効果的なんですよね」。

よく覚えておくと就職や転職におすすめの資格を取得することができると思います。

社会人のビジネススクール5大活用ポイント!

1.受験情報を得られる

ビジネススクールでは、講義も含めて、実際の試験に役立つあらゆる情報を得られるといったメリットがあります。

受講する際には、そうしたメリットを最大限活用するつもりで臨むことです。

よく、講座だけを聞いて、終了後は脇目も振らずに帰るという人を見かけるが、そういう人は得てしてビジネススクールをうまく使いこなしていません。

決して安い授業料ではないのだから、もっとどん欲に活用していいのです。

たとえば、その都度配布されるチラシやパンフなども重要な情報源だし、模擬試験などの情報もこまめにチェック。

受験に関する情報には、アンテナを張り巡らしておくよう意識しましょう。独学では手に入らない生きた情報が入手できます。

2.受験友達が得られる

あまり意味のないことに思えて、実は予想以上に大きな存在となってくれるのが、受験友達。

資格試験の最新情報など、試験に役立つ情報を交換できるだけでなく、仕事などの悩みについても同じ目線に立って親身にアドバイスしてくれます。

これがフリーター仲間や大学中退をした人の大学の友達だとこうはいかないのです。

同じ目的を持っているというわけではないので、ついつい気持ちがくじけてしまうような発言をしてしまうことが多いのです。

また、疑問点やわからないことがあったら、すぐに聞けるのも強みです。

もちろん、講師に聞くのがベストだが、ちょっとしたことなら、友達に聞いた方がてっとり早い。

お互いにメリットのある存在として活用できます。

3.蓄積された情報を得られる

そのビジネススクールのカリキュラムやテキスト、問題集などには、過去の試験や合格実績など、数々の有効な情報が蓄積されています。

スクーリングの最大のメリットでもあるわけだから、活用しない手はありません。

ポイントの絞り方や、資格模擬試験など、それを単なる“まとめ”とは受け取らずに、必ず資格試験でポイントになる重要項目と受け止めて、完全に理解するよう心がけましょう。

さらに、「試験では、例年こうした出題のされ方をします」などといった具体的アドバイスがあった場合には、もれなくメモしておくことです。

それこそが蓄積された情報であり、そのスクールならではのレクチャーということになります。

4.模擬試験を受けられる

もしかしたら、1人でコツコツ勉強するのと最も大きく違うのは、こうした模擬試験を受けられることかもしれません。

もちろん、そんな資格試験などわざわざ受けなくても問題集さえやっておけばなんとか試験には対応できるが、本番を想定した上での試験を疑似体験してきた人と、していない人とでは、その結果はまるで違います。

幾度か経験している人は、問題を解く手順や、どの問題にどれくらい時間をかけるのがベストなのかとか、わからない問題についてはどうすればいいのかなど、実戦を通じてしかわからないことをいくつも知っています。

資格試験に強くなるのも当然です。スクーリングではこうした訓練もできるのだから、効果は大きいのです。

5.受験勉強を持続する

1人では何かと途中放棄しやすい就職や転職に有利な資格試験だが、スクーリングするとこうした危険も回避できます。

周りは、自分と同じ大学生やフリーターや大学中退の人が多いもの。学生が入っていても皆かなり真剣で、それぞれ切実な思いから資格にチャレンジしようとしています。

そうした空気に触れるだけでも身が引き締まる思いがすること、請け合いです。

とん挫しやすいという人はあえてそうした環境の中に自分を追い込むことで、ギブアップするのを防ぐといったこともできます。

スクーリングのひとつの活用法として頭に入れておくことです。

また、スケジュール管理しやすいのもメリットのひとつ。基本的にカリキュラムに従えば一通りの勉強は網羅できるのだから、こうした点についての心配もいりません。

どこに行けばいい?ビジネススクールの選別法

通いやすさを見る

これも、軽く考えがちなので要注意です。

実際には一番継続する上でポイントになると思っておいた方がいいです。

続けるためには、無理をしないことが何より大事。物理的な無理は、後々響くものなので注意しましょう。

カリキュラムを見て納得できるカリキュラムかどうかをチェック。

特に、自分の弱い分野を補強してくれるかを確認しましょう。

課題を見る

これも、意外に大事なこと。

学校によっては、次の講義までに多くの課題を出すところもあるし、まったく出さないところもあります。

フリーター生活や社会人生活との兼ね合いや、性格上、どちらがいいのか判断して選ぶことです。

受講者を見る

学生が多いのか、フリーターが多いのか、社会人が多いのか、また、同じ社会人でも会社を辞めて試験に臨む人が多いのか、それとも勤務しながら受ける人が多いのか、しっかりと見極めましょう。

もちろん、自分と同じような人が多いところを選ぶことが一番モチベーションが上がります。

合格率を見る

合格実績を比較検討するときには、くれぐれも合格率に注目しましょう。

合格者数がいくら多くても、一度で合格している人が少なかったり、受験者数そのものが多かった場合には、あてになりません。

受験回数別合格率に注目して効率よく合格できる場所を確認しましょう。

まとめ

就職や転職に有利な資格を取得するためのおすすめの方法がビジネススクールに通うことのようです。

オンラインでも学習ができるようになっている今ビジネススクールの一番の価値はペースメーカーと一緒に勉強する人を見つけることです。

英語の勉強もそうですが、なんでも一人で進めていると怠ける気持ちが出てきて、最終的に勉強せずに終わることが多いものです。

ビジネススクールという物理的に足を運ぶ場所を作って自分を縛り付けることで就職や転職に有利な資格試験を無事に合格することができるはずです。

フリーターや大学中退をして就職を考えている人も資格をとるつもりなら通学をしてみることをおすすめします。

就職の筆記試験に強くなるにはどうすればいいかこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 学生の頃ならまだしも、一度フリーターになってしまうととなかなか勉強をすることができなくな...
最初に登録するならハタラクティブ


ハタラクティブは今最も勢いのあるフリーター・大学中退・高卒・第二新卒向けの人材紹介会社で、今まで60000人以上を就職支援をしてきたという実績があります。最近支店を一気に増やしており、今では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分と広いエリアで未経験人材を正社員への導いています。

登録はもちろん無料で、正社員求人を紹介してくれるばかりか、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる