インタビュー系記事

フリーターでもプロフェッショナルを目指そう。

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

フリーターだとスキル的にプロを目指すのはなかなか難しいですよね。しかし良い職種に付くためにはプロフェッショナルをめざしたいもの。

景気の好調に伴い、業績アップを果たした企業の多くが積極採用に着手しています。

有能な人材確保に乗り出しています。ただし、採用されるのは、いずれも“超”が付くほどのプロフェッショナル。

徹底的に鍛えられ、あらゆるニーズに余裕を持って応えられる人たちです。

製造業、非製造業ともに、ワンランクアップの準備が必要。新たな人材ニーズに応えましょう。

急増する”やり手“&”超“プロ採用の実態

どんな職種でも、プロ意識のない人は採用しない…。

採用増に踏み出す企業が多いなか、これが人事担当者たちに共通した声。そのいずれもが、プロフェッショナルであることを採用の絶対条件にしています。

理由は、ますます強まるばかりの企業間競争。自由化とグローバル化の流れもあって、今はどの業界もかつてないほど熾烈な競合を強いられています。

たとえ徹底したリストラによって業績を回復したとしても、そこにとどまっているだけではいずれまた下降するだけ。もう一段の組織力強化が求められる。そこで、浮上するのが新たな人的補強。確実に貢献し、戦力となる人材の採用です。

その意味では、ただ単に”その仕事ができる“、あるいは”やったことがある“というだけでは不十分。企業ニーズは、もっと高いところにあります。

職歴上、何の問題もないはずなのに、なぜか採用されなかったという人たちの多くは、この点で見送られているケースが多い。

企業の生き残りも含めて、シビアな競合が続いている生保業界の中堅生保・人材開発担当マネージャーによると、

「補填のための採用という意識は一切ありません。部署の人数が減ったから採用するのではなく、他社との競争に勝つために強力な戦力を確保。そのための求人であり採用なんです。これは、会社の方針として明確に打ち出されていること。特に、この時期の中途採用には、そうしたニーズが強いんです」

なにもこの中堅生保に限ったことではない。

この数か月、景気の持ち直しを背景にして、多くの企業が人材の積極採用に乗り出しているが、狙いは同じ。過去の反省を踏まえながら、本当の意味で企業間競争に寄与できる人、サービス向上、生産性アップに多大な貢献のできる人を採用しようと、“超”プロ採用を打ち出しています。

「原則は、最低でも今の職場にはないビジネスノウハウ、人脈、情報戦略などを持ち、それを職場の発展材料にしながら、社内努力だけではなかなか突破できなかった壁を打ち破る原動力になること。それが強く求めれているんです」とは、このところ急成長を遂げている外食チェーン店の本部役員。

極端な話、採用後、即店長として新しく立ち上げる店を任せてもいいと言い切ります。

「もちろん、基礎研修はしてもらいますが、既に実績があって、それがうちにはないプラスαのノウハウに裏打ちされたものならば、即座に活かしてもらいたい。特に、この業界では顧客満足度をどう高めていくかで、そのお店の盛衰が決まってしまうことが多いものですから、従業員教育も含めて、新たな風を運んできてくれる人が欲しいんです」

マニュアルに頼りすぎた従業員教育、気持ちのこもらない対応などが相次いで、ともすればサービスの劣化が目立ちかねない業界だけに思いは切実。“超”がつくほどのプロの起用に乗り出しています。

「それでなくても、食材に関する不安が高くなっているのですから、少なくとも接客の部分でそうした不信感をカバーしなければならない。それなのに、ちょっとしたところでお客さんの憤りを買ったり、不評の原因を作っているようでは何にもなりません。

うちでは、アルバイト、パートでも、能力の高い人には正社員並みの待遇をしていますが、これなども、雇用形態はどうであれ、よりプロとしての自覚を持って欲しいから。研修などにも積極的に参加し、レベルアップして欲しいからなんです」

ニートで就職できた僕と就職できなかった友達の3つの違いこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 私は過去にしばらくニートをしており、その後にフリーターとしてしばらく働いていました。 ...

トラブルが起きた際、“アルバイトなのでよくわかりません”“まだ新米なものですから・・・”では、到底許されないのが今のビジネス。これは飲食などの接客サービスに限った話ではない。製造、情報処理、営業、事務職ともに、共通。トラブルを回避するだけでなく、仮にトラブルを招いたとしても、それをすぐに解決できるノウハウを持っていることが重要なのです。

これが、今求められる人と求められない人との違い。ただの人材か、“超”プロかの分かれ目になってきます。

「たとえば、“やり手”と言われる人たちの多くは、そうした能力に圧倒的に優れている。普通なら、上司に泣きついたり、根を上げそうな場面にぶつかっても、あらゆるノウハウを使ってうまく処理。この“うまく”というところがまた重要なのですが、顧客が逆に評価を高めてくれるような後始末の仕方をするんです。

それがあまりにも見事だから、周囲は“やり手”と呼んで賞賛。“超”プロと認めるのですが、今、われわれが採用したいと思っている人たちは、まさにそうした人たち。平均点を越えた“やり手”たちなんです」

前出の中堅生保人材開発担当マネージャーも、同様にコメント。平均点では、“決定力不足”と見なされてしまうと、口をそろえます。

「うちのケースで言うと、単に顧客に合った商品を提案したり、ライフプランの設計書を作成したりしているだけでは不十分。そんなことは誰でもやっていますし、業界他社で最新システムを取り入れているところなどは、見た目も綺麗で、よりグレードの高いものを作っているんです。

必要なのは、そうしたトップとの違いをカバーする、一歩も二歩も進んだリサーチ能力と、顧客の言葉にならない要望までを見越したプラン作り。さらに、そこから発展したビジネス上のお付き合いであったり、情報交換なんです」

そこまでできて、はじめて“超”プロの仲間入り。中途採用のニーズを満たした人となるといいます。

これが“超”プロたちの共通要素

“超”プロと言われる人たちに共通しているのは、次の要素。企業人事たちのコメントをまとめてみました。あなたに足りないのは、どの要素でしょうか?厳しくチェックした上で、補強しましょう。

プロフェッショナル要素1:原則をマスターした上で個別に応用できる

“超”プロの評価を受ける人たちは、仕事の原則や基本ノウハウをすべてマスターした上で、それを個別に応用。ケース・バイ・ケースで自在に変形させながら見事に使いこなしてみせる。

反対に、そうしたレベルまでいけない人たちは、あくまでも原則論ばかりを振りかざし、そこに固執してしまいます。顧客からの苦情に形式的な回答しかできず、火に油を注ぐ結果を招いてしまう人などがその典型。

こうした自分では間違っていないつもりの人が増えているだけに、より高度な能力を持っている人が強く求められる。“超”プロは自在性、応用力に優れています。

プロフェッショナル要素2:会社を代表して業務に就いているという意識が強い

仕事はできるのだが、態度や言動が粗雑。あるいは、満足に人と接することができないといった人を見かけます。

これまでは、それでも与えられた仕事ができればいいとされてきたが、今後はそうした見方が消失。社員個々のちょっとした態度や言動で大きなイメージダウンをこうむったり、あらぬ誤解を受けてトラブルに発展するなどの事態に陥りかねないことから、企業はより責任感の強い社員を採用。

そうしたトラブルが、時として命取りになりかねない時代であることを強く意識している、“超”プロフェッショナルに目を向けます。

プロフェッショナル要素3:複数の作業を混線することなく仕分けられる

与えられた仕事以外に、緊急の作業を言いつけられると、すぐパニックに陥り、“一度にいくつもの仕事をこなすなんて、できません!”と、つい取り乱して言ってしまうのが普通の社員。

しかし、やり手のビジネスマン&ウーマンたちは、こうした事態に遭遇しても、てきぱきと仕事をこなし、時間内に期待通りの成果を挙げます。

いくつもの業務を受け持ちながら、的確に優先順位をつけて同時進行できるのが“超”プロフェッショナルたち。そうしたシーンが今後一層多くなると予想されることから、ますます出番が多くなります。

プロフェッショナル要素4:先端の情報処理を自在に駆使&転用できる

情報端末の操作、使用に秀でているのも“超”プロフェッショナルに共通した要素。

基本ソフトはもちろん、難解なソフトもうまく使いこなし、場合によってはソフトを自分仕様に加工してしまう。重要なのは、これまでのように“パソコンは、どうも苦手で・・・”といった言い訳が、通用しなくなっているという事実。

確かに、少し前までは情報端末を扱えなくても、従来の方法で大きな成果を挙げるといったことも可能だったが、ここまであらゆるビジネスシーンでシステム化が進んでくると、その差は圧倒的。もはや逆転できないところまできています。

プロフェッショナル要素5:スキル&キャリアによる人的信頼構築ができる

作成を実現するエントリーシートや履歴書、職務経歴書などを通して、社会人としての成熟度とスキルの形成をアピール。

さらに、その証明として、書類作成能力を見せることが必要だ。これも即、結果に結びつくビジネス書類と受け止め、作成。企画や希望を通して欲しい時に様々工夫するように、ここでも工夫と見やすさを表現します。

必要なのはプロ意識に磨きをかけておくこと!

また、ここに来てますます重要視されているのが、複雑に入り組んだ多くの作業を一度にこなすという能力や、与えれた業務を次々システム化し、情報処理するという能力。面接などの際、細かくチェックされるケースが増えています。

リストラによって徹底的に合理化された職場では、新たなシステムを駆使しながらひとりで二役、三役分の仕事をこなさなければならない。

また、業務のアウトソーシングが増えていることから、そうした外部スタッフの管理を行いながら担当業務を同時進行させるといったシーンが恒常化しています。作業が重なるたびに、いちいち混乱しているようでは、とてもではないが業務をこなしきれません。

忙しくなければなるほど本領を発揮する能力、手際よく仕事を進められる能力が求められています。

情報処理についても、同様。インターネットをはじめとして、これだけ多くの情報が交錯するようになってくると、それをきちんと整理し、ふるいわけながら活用していくといった作業が必要。情報のダウンロードだけでなく、アップロード、書き換えといった作業も重要になってきます。

そうした作業に習熟している人、または、アイディアを持っている人が理想。それらを駆使しながら、より質の高いビジネスを展開できる人材が求められているというわけです。

これが、企業の求める新たな人材像。“超”プロフェッショナルのアウトラインということになります。

「こうした傾向は、今後一層強くなってきます。これからのステップアップを期すならば、とにかく準備を急ぐこと。プロ意識に磨きをかけておくことです」(外食チェーン役員)。

こうすればあなたも“超”プロに!今すぐできるポイントを整理

第一線で活躍している人の誰もが、最初から“超”プロだったわけではない。この5大ポイントさえマスターすれば、いつかはあなたも“超”プロに。多くの企業から求められる人材になれます。

徹底的に顧客満足度を追求

“仕事だからやっている”といった意識をまず捨てる。仕事だからやっているということは、少しでもその範疇を超えると、“そこまではできない”“自分の仕事ではない”ということになります。

これでは、顧客満足度の追求こそが企業の明暗を分けると言われる今、場合によっては企業イメージだけでなく、職場のモチベーションを大きく落とすことに。プロ意識とはどういうものなのか、あらためて考え直してみることです。

あえて困難な作業に従事

とにかく、現場で様々な経験を積むことが大事。その意味では、難しい職務や困難な作業から逃げるのではなく、むしろ、積極的に取り組むことで“どうすれば解決できるのか?”といったソリューション能力に磨きをかけるよう努力しましょう。

やり手、“超”プロと呼ばれる人は、時には必要な資格までも取得しながらあえて困難な仕事にチャレンジ。ひとつひとつクリアすることで自信を得ている。短期間で“場数”を踏み、自信を持つことです。

危機感を持ってスキルアップ

勝ち得た信頼、実績に安住することなく、常に次のステップに向かうのが“超”プロフェッショナル。すぐにスキルアップに取り組んだり、より難しい職務にチャレンジするのだが、その理由は、人一倍強く危機感を持っているから。

“このままでは今の成果を維持できない”“業界トップから引き離されてしまう”といった危機感こそが、そうしたアクションを起こさせます。常に広い視野で見て、今の自分を客観視すること。危機感を持つことから始めましょう。

甘えることなく業務を遂行

人に頼るとか、上司をあてにするといったことは早めに卒業。確かに、どこまで自分の判断で業務を進めればいいかなど、上司の判断をいちいち仰いでおかなければならないことは多々あるが、その範囲がわかってきたら、あとは自分で工夫し、戦略を練りながら事を進めるといった意識が必要。

そうしたことの繰り返しが、やがてプロフェッショナルとして一人前になる上での大切な経験となります。プロには、“してもらう”のではなく、自ら“なる”ものです。

絶対の信頼と評価を得る

どんな仕事でも、まず今の職場、小さなステージで実績を積むことが重要。それが、やがて次のステージに進むための原動力になります。

その意味では、これから転職しようという人は、今の職場で絶対の信頼と評価を得るよう、少しでも努力することが大切。

どういう仕事の仕方をすれば認めてもらえるのか、何を意識すれば今までにない評価を得ることができるのか、いろいろ試してみることだ。ポイントさえわかれば、あとは早い。“超”プロを目指しましょう。

まとめ

就職するためには何かしらの分野のプロフェッショナルになる必要があります。

プロフェッショナルも共通点を見直しながら自分も社会人としてプロフェッショナルをめざせるようにしていきましょう。

特にいまだに就職したことがない人は最初にどういう企業に就職できるかが非常に重要な要素になります。

ハタラクティブにフリーターが行ってみた。口コミや評判は本当か。こんばんは。ブログの管理人のエイジです。 今日は私が実際にフリーターから正社員就職する時に利用して、よくこのサイトでも一番オススメ...

最初にいい会社に就職できるように努力をしていきましょう。

最初に登録するならハタラクティブ


ハタラクティブは今最も勢いのあるフリーター・大学中退・高卒・第二新卒向けの人材紹介会社で、今まで60000人以上を就職支援をしてきたという実績があります。最近支店を一気に増やしており、今では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分と広いエリアで未経験人材を正社員への導いています。

登録はもちろん無料で、正社員求人を紹介してくれるばかりか、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる