営業・販売職

販売職・営業職・接客・サービス職への就職攻略法

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

職種別採用のポイントを、どれだけ意識して就職活動をできているだろうか?

ビジネス環境はもちろん、雇用の在り方が大きく変わりつつある今、企業サイドではその採用ラインをより明確に打ち出しています。知っておけば、もちろん有利になることは間違いありません。

しっかり合わせることができれば、希望の職種を攻略できます。就職・転職活動を有利に進めるための職種別アプローチとして、今回は販売職・営業職・接客・サービス職への就職攻略法をまとめてみました。

職種ごとの採用ニーズが大きく変わり始めている!

いくらキャリアをアピールしても、不採用。正当に評価してもらえないといったケースがあります。

応募者にしてみれば、なんとも納得できない”結果“なのだが、企業側からすると”今“のニーズに応えていない以上、採用を見送るのは当然のこと。多くの場合、採用のポイントにマッチしないキャリアと判断され、処理されてしまいます。

その意味でも、”今“の採用ニーズを押さえておくのは重要なこと。就職・転職活動の成否に直接関わるだけに、見過ごせません。

「実際によくあるケースをお話しすると、販売職に5~6年程度従事していたという人が当社に応募されて、”経験があるので大丈夫です“と言われても、”では、うちで働いていただくとして、最も大切なこと、販売員として心がけなければならないことはなんだと思いますか?“といった質問に、きちんと答えられなければ不採用。

フリーターが正社員に就職した体験記に質問をまとめたので見てください。

本人にしてみれば、”現場のプロとしてこれまでやってきたのだから、そうした言葉のやりとりよりも、経験を重視すべき“と思われるでしょうが、そうはいかないというのが現実なんです」

そう説明するのは、繊維メーカーで自社ブランドの営業、販売を担当するチーフマネージャー。採用にも中途採用にも多く立ち会うそうだが、企業ニーズはこの数年で大きく変わってきている、と指摘します。

「今、企業は、職種別、業態別に、顧客の満足度を徹底的に追及していかないと、とても勝ち残れない状況にあるんです。われわれのセクションでも、ブランドバリューに甘んじて、画一的な販売を容認してしまうと、あっという間に多くの顧客から見捨てられてしまう。

商品をお客様に手渡す販売スタッフの気遣い、サービス、ブランドイメージの反映こそが、盛衰を左右するといっても決して過言ではないんです。中途採用は、そうした視点から選考。“今”を考えることのない、旧態依然とした“経験”を評価することはまずありません

営業・販売・接客・サービス関連採用のポイントをチェック!

1:営業職

確かなマーケティングに基づく、具体的なプレゼン能力が必要不可欠。ビジネス提案型の営業が求められていると同時に、きめ細かい説得材料作りのできる人材が高く評価されます。

商品(製品)購入後のシステムなどについても、現場以上に精通した知識を持ち、実際に設計・提案のできる人が有望。より有効な活用法について、個々の事情に沿った提案ができる人材が求められています。

2:販売職

豊富な商品知識を持っていることが大前提。さらに、最新の動きやこれからの動向についても確かな情報と意見を持っていることが望ましいです。

また、サービスの低下、質の劣化が多く指摘されている時期だけに、販売職に携わる者としての意識、徹底した顧客満足度追求の姿勢も重視されています。“経験があるし、誰でもできる仕事だから大丈夫”といった安易な意識が最も嫌われるのです。

販売・営業は就職に非常に有利になる。こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 専門的な経験がほぼないフリーターにとっては、採用面接などで業務経験を話す時も特に有効的な...

3:各種サービス関連

その世界のプロとして、どれだけ業務に真摯に当たっているかが鍵。ある一定のレベルにとどまっていたり、“それ以上”を求めようとしない姿勢が最も嫌われます。

高度な次元でのサービス提供と、付加価値のある情報提供こそが顧客の最も望むところ。そのためのレベルアップ、能力開発をどう実践しているか、具体的に説明できる人が多く採用されています。

4:接客

これだけ競合とサバイバルが激しくなってくると、ちょっとした噂や評判でその店の命運が左右されると言っても決して大げさではありません。

特に、気配りの足りない店員の態度や言動、マナーから、集客力を落とすところが相次いでいるだけに、採用時のチェックはますます厳しくなる一方。正社員には、特にパート&アルバイトのお手本となるような人材が求められます

今だからこそ求められる販売職の感性と良識

販売職については、現場スタッフの雇用形態が大きく様変わりしていることも大きな要因。アルバイト、パート社員が多くなっていることから、よりプロとしてのか意識を持った社員を採用したいという思惑があります。

これは、どの企業でも同じ。合理性と効率化を推し進めるあまり、多くの産業でサービスの劣化が叫ばれ始めて以来、企業は徹底した社員の再教育と雇用の見直しを進めています。“マニュアルどおりにこなせばいい”“経験値に照らし合わせて、とにかく商品を買わせればいい”といった意識では、もうこれからは通用しません。

企業イメージを押し上げ、商品価値を高めるような販売姿勢を持たない社員は、たとえパート、アルバイトでも、不採用。とても販売職に従事しているとは思えないような態度を取ったり、ものの考え方をしている人たちが増えているだけに、そうした販売のプロとしての意識が強く求められています。

「先ほどの“これから求められる姿勢とは?”の質問には、徹底した顧客サービスと、“どうすればより快適に、満足してご購入いただくか?”を常に考えながら、個々のお客様ごとに接していきたい、といった答えが必要。個別の要望に、頭と感性を働かせながら対処していくといった姿勢が大事なんです。それが、求められる人材。これからの採用基準と思っています」

販売職の採用ポイントは、徹底した顧客サービスを実践するための柔軟な頭と感性があるかどうか。チェックポイントは、間違いなく激変しつつあります。

「もうひとつ、良識も大事な要素になっています」と、付け加えるのは大手流通チェーン店のプロジェクト・マネージャー。採用の際には、そこを大きなチェックポイントにしているとコメントしています。

「良識を持った販売姿勢、それが今、最も危機的な状況にあるように思うんです。これは、どのお店でも多くのお客様から指摘されている問題のひとつ。うちでも全国の店長を集めた会議や現場マネージャーの研修会などを開き、繰り返し始動するようにしているのですが、人材の流動化が進み、雇用の多様化が進むにつれてきめ細かいチェックが急速にし難くなってきている。

業界全体でも、無意識のうちに失礼な口の聞き方を平気でしてしまったり、態度やマナーがとても販売員のものとは思えないといった人たちも、目立って増えたという話を、あちらこちらで耳にします。いわゆる良識の欠如、基礎的な教育の不徹底が原因なのでしょうが、そうした未熟さが残っている人は、不採用。販売の最前線に立たせることは、会社の信用にもかかわることと、細心の注意を払っています」

販売職へのアプローチを考えているという人は、気を引き締めて応募。今、求められている販売のプロとしての資質と意識があるかどうか、あらためて考えてみることです。

職場の上司に聞く!「私が出した人事課へのオーダー」

職場のスペシャリストたちは、人材募集の際、どんなオーダーを出しているのでしょうか?

各企業の管理職にリサーチ。この1~2年ほどで人事に出した注文について聞いてみました。

今、最もニーズが高いのは、 理系の知識を持った営業

理系、文系の別は特にありませんが、これまで以上に理系の知識が必要になってきているのは事実。扱っている製品が最新の情報端末や機械関連であればあるほど、そうした知識は必要不可欠です。

製品も日々進化すれば、ユーザーも驚くほど専門知識を蓄えています。その場しのぎの説明が通用するほど甘くはありません。専門家として、より詳しく正確に、そして何よりデータ的な裏づけを持って購入のメリットを説明する。そうした人材を採用して欲しいんです。(リース・営業)

親身になって最善のサービスを 考えられる人材が欲しい!

新規のお客様をどれだけリピーターにできるかが勝負。そのために、商品はもちろん、販売スタッフの態度も含めて、最善のサービスをするよう心がけています。

特に、よく注意しているのは、店員にとってそのお客様は一日に接する何百人のうちのひとりかもしれないけれど、そのお客様にとっては、そうした一度の接触こそがすべてという点。そうした“一期一会”にも似た気持ちを持って、毎日仕事をして欲しいのです。採用についても、それがポイント。チェックします。(飲食・オーナー)

どこに行っても“はじかれない”だけの営業ノウハウを持っている人

優秀な営業には、やはりそれなりの理由があるもの。単に口がうまいとか、コミュニケーションが上手というだけではなく、それ相当の材料と戦略を持ってかなり緻密な交渉をしているものなんです。

たとえば、顧客の状況に合った購入プランや提案書を素早く書き上げて提案したり、お互いにメリットを共有するにはどうすればいいかを常に考えている。欲しいのは、そうやって考え、計算し、戦略を立てることのできる営業。これは、どの会社でも同じだと思います。(機械・営業)

各界のプロに信頼されるだけの良識を持ち、交通整理ができる人

オーダー次第で専門プロジェクトを組み、それぞれのスペシャリストをうまく機能させていくという仕事だけに、各界のプロたちから信頼され、また、その人たちが納得して業務に就けるような広範な知識が必要です。

さらに、混乱しがちな現場を交通整理し、仕切っていくといった能力も必要。何より、複数の人たちとチームを組んで仕事をするのですから、良識のある人物であることが絶対条件です。採用時には、そうした点をチェック。見極めるようにしています。(広告代理店・営業)

全体的な視野を持ち、どう機能するのが ベストなのか常に考えられる人

「売ればいい」「商品をさばけばいい」と考えているようではダメ。今の時代には勝ち残れないと思っています。大切なのは、同じ「売る」にしても、「どう売るのがベストなのか?」を頭に入れながら接客すること。

それがひいては、お店の評判を高め、二度、三度と足を運んでもらえる要因になるんです。その意味では、お店の顔としての意識を持ち、丁寧に、誠実に接客しようとする人が一番。面接の際には、そうした意識がどれだけあるかを問いただしています。(食品・販売)

まとめ

販売職・営業職・接客・サービス職への就職は特徴をもっと人材が求められて生きています。

特に相手のことを思って先に行動できるかどうかという相手への想像力みたいなものが求められているとインタビューから感じました。

そういったサービス系に就職したい人は、ハタラクティブとかジェイックとかキャリアスタートのいずれかに登録するのがよいでしょう。

特にハタラクティブは求人件数が非常に豊富なので下記の記事を読んで登録してみるのがおすすめです。

ハタラクティブにフリーターが行ってみた。口コミや評判は本当か。こんばんは。ブログの管理人のエイジです。 今日は私が実際にフリーターから正社員就職する時に利用して、よくこのサイトでも一番オススメ...

 

最初に登録するならハタラクティブ


ハタラクティブは今最も勢いのあるフリーター・大学中退・高卒・第二新卒向けの人材紹介会社で、今まで60000人以上を就職支援をしてきたという実績があります。最近支店を一気に増やしており、今では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分と広いエリアで未経験人材を正社員への導いています。

登録はもちろん無料で、正社員求人を紹介してくれるばかりか、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる