フリーターの就職

フリーターや大学中退が中途採用されるために必要なこととは

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

フリーターや大学中退で中途採用を狙いたいと感じることがありますよね。

フリーターや大学中退で中途採用で採用される条件としては「中途採用に向けてどれだけ準備ができているかどうか」。

あなたは、どこまで自分に自信を持っているだろう?

中途採用担当者が見極めたいのは、その点。

根拠のあるあなた自身の魅力、可能性にほかならなりません。

説得力のあるアプローチで、採用を勝ち取りましょう。

重要な質問事項への答えくらいは用意する

あなたはどこまで自信を持って中途面接に臨んでいるでしょうか?

企業人事がまず目を向けるのはその点。ビジネスマン&ウーマンとしてのセールス・ポイントであり、他に比べての優位性にほかならなりません。

よく、”採用されているのは、どんな人?“といった質問を耳にするが、答えは簡単です。

”採用ニーズにマッチしていて、なおかつ他を圧するほど秀でた何かを持っている人“といって間違いありません。

応募者の中には、送られてきた不採用通知にどうしても納得できず、”なぜ中途採用で不採用になったのか?“とその理由を問い合わせる人もいるようだが、そうした人はこの点が理解できていません。

いくら十分なキャリア、専門知識を持っていたとしても、それが求められている技術や能力に特化されたものではなく、なおかつ他の応募者との比較において、取り立てて目立ったものではない以上、中途採用候補からハズされてしまっても仕方ありません。

それくらいの事情も把握できずに問い合わせているようでは、評価をさらに落とすことになる。

不採用には理由がある。こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 不採用には、理由があります。どんなに競争倍率の高い人気企業でも、採用される人たちは採用さ...

半導体専門商社の人事開発チーム・担当マネージャーに話を聞いてみると、

「中途面接などで、”どこがあなたのセールスポイントですか?“と質問すると、多くの人が何故か即答できずに考え込む。

しばらく間が合って、おずおずといった感じで”強いてあげれば・・・“と小首を傾げながら話し始めるというのが通常なんです。

もったいないですよね。ここが持ち前の特を売り込む格好の機会なのに、それをみすみす逃してしまっている。

採用されないのも無理はないと思います」

中途採用される人たちは、こうした点に極めて敏感です。

しっかりとした回答を用意してくるし、またその内容がしっかりしています。

「たとえば、”業界の先輩にいろいろ話を聞いてみたのですが、○○に関する知識が必要不可欠とのこと。

特に力を入れて勉強してきましたし、人には負けないだけのノウハウ身に付けてきたつもりです“など、ここまで答えられればこちらも当然その気になる。人事にとっては、最も訴求する回答なんです」

特にそうした重要項目については準備が必要です。その場で考え込んでしうなど、言語道断と言い切ります。

「正直に言いますと、応募前のレベルだなと思ってしまいます。

面接で聞かれるであろう重要な質問事項さえも想定できず、また、聞かれて瞬時に満足な回答も返せないということは、よほど中途採用を甘く見ているか、まったくわかっていないかのどちらか。

いずれにしても、中途として採用する気にはとてもなれません。

こういう人たちは、まず正しい状況の把握から始めるべきでしょうね」

評価の対象となる具体的な材料を提示

人事担当者の中には、相対的な優秀さはもちろん、即戦力としてのベース作りが大事です。

むしろ、そうした点がしっかりとクリアできているかが中途採用の決め手になるという人も少なくありません。

大手家電メーカーの中途採用担当マネージャーによると、

「最低限、自分はどこに行っても必ず評価され、信頼感を得られるだけの基礎力がある、といった程度の自信が必要。

それさえも持っていないようでは、そもそも応募したこと自体が間違いだったということになる」と、手厳しい。

ビジネスマン&ウーマンとしての基礎力も万全でなければ、他に比べての優位性も確保できないまま応募したところで、いったいどんな成果が見込めるというのでしょうか?

ただやみくもに応募しているだけ、という人は一度じっくり考えてみるべきです。

当の本人が確信を持てずにいるのに、中途採用する側に高く評価してくれといっても、どだい無理な話。

“まず、勝負できる程度に鍛えてから応募してください”というほかありません。

特に今の時代人材紹介会社で面接の練習や各種トレーニングが受けられるのですから、それさえもしっかりとこなして面接準備ができていないようだと会社でも活躍できないと思われるのは当たり前なのです。

就職を考えた時に最初にするべきこととはこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 今回は私が実際に就職する際にやってきた方法で一番有用だった方法をシェアしたいと思います。...

「中途採用の現場を見ていると、“これだけ市場がよいのだから適当に応募してもとりあえずどっか受かるでしょ”と、深く考えずに応募したという人たちが、とても多いような気がするんです。

自信もなければ、確信もないまま応募して、不採用通知を受け取っては、またより一層焦って他の会社に応募する。

そうした虚しい悪循環が多く目に付くんです。これではいくら応募しても採用されない。

企業人事は、応募者それぞれに“自信のほど”を見せて欲しいと思っているわけですし、どこが“ウリ”で、どんな可能性があるのか、入社後の展望について具体的な材料を提示して欲しいと思っています。

それができないようでは、いくら中途採用したくても採用できない。応募者以上に困惑せざるを得ないんですよね」

こうした反応は、多くの人事担当者共通のものです。

私がヒアリングした限り、応募する以上は、自信を持って応募すべき、との指摘が相次ぎました。

「結局、自分を売り物にたとえたときに、店頭に並べても絶対に売れると思えるのかどうかという話。

シビアなたとえ話ですが、その時、“大丈夫、売れる!”と言い切れなくてどうするんだということなんです。

中途採用戦線は、まさに他の人たちとあからさまに比較されるわけですし、そうした相対評価の中で勝ち進まなければならない。

本当は、よほどの勝算がなければ、とても採用されるものではないんですよね」

今は、それが如実に表面化している時期。自信の持てない人、可能性を提示できない人たちが見事に敗退し続け、逆に面接で胸を張れる人たちはどこに行っても採用されるという傾向がますます強くなっています。

気持ちばかりを先行させてはダメ!

はたして、本当に自分は中途採用されるほどの人材なのか?

厳しい質問だが、応募する際には、そうした目線でチェックし直す必要があるのかもしれません。

大手リース会社の中途採用センター所長によれば、

「いくら就職市場の状況が良くなったとは言え、採用戦線の実質倍率は3~4倍程度。これは、どの会社でも同じだと思います」とのこと。

それはそのまま、“絶対に採用されるはず!”と確信を持って中途応募して来た人たちの割合を示しているといいます。

「なんの確信もないまま応募してきた人や、自分自身の可能性を信じていない人、その芽すらも見えていないという人たちなど、そもそも競争にならないという人たちを全部ふるい落とすと、採用人数に対してだいたいそれくらいの人数が残る。

採用3名なら、10人前後、5名なら20人程度。実質的にそんなものなんですよね。ことさら構えることはないし、見せかけの倍率に踊らされる必要はないと思います」

ところが、実際には多くの人たちが応募者の数に驚き、これはとてもではないが1社、2社の応募では間に合わないと浮き足立ちます。

結果的に、どんどん空回りしやすい状態に陥るとも指摘しています。

「それほど活動期間の長くない人がポンと採用され、あの手この手でずっとアプローチを続けている人が次第に長期戦に足を踏み入れるというのは、そのいい表れです。

経験数の少ない応募者は、その分、余計なデータに惑わされることがない分、当初の計画通り、自分を強くアピールすることができるのかもしれません。

いずれにしても、焦らないこと。気持ちばかりを先行させるのではなく、あらためて自分の商品価値をチェックしてみることです」

具体的には、前項に挙げたようなポイントに沿って、どこまで自信を持てるか、チェックすることです。

不足部分を重点的に補強すると同時に、“強い”とおもわれるところはさらに伸ばしていくという意識を持つことが大切です。

それがはっきりと把握できれば、後は簡単。迷うことなく“中途採用される自分”を作ればいいのです。

”?”を感じたら再びチェックし直す

採用の現場では、対人マナー、言葉遣い、好感度など、すべてが徹底的に分析され、比較されます。

“まぁ、普通にできる”といった程度では、とてもではないがポイントにならないので、そうした点も意識しておくことです。

同じ中途応募者の中でも、基礎力、ポテンシャルともに秀でているはず、そう確信を持てるくらいでちょうどいいのです。

「採用されている人の多くが、実はそうした自信をもって臨んでいる。

根拠などないといいながら、実はどこかに秘めた何かを持っているものなんです。

なんとか中途採用されたいと思うなら、そうしたもの培った上でアプローチすべき。

応募の段階で、気持ち的には優位に立っているというような感覚を持つことです」

ただし、主観に頼り過ぎた確信や自信は、事故の素。

かえって事態を悪化させることにもなるのでくれぐれも注意することです。

大切なのは、客観的な自己評価を下せるようになること。そこからすべてのサクセス・ストーリーが始まります。

正当な評価を得られずに、“?”を感じたら、まずこうした点をチェック。あらためて自分自身に目を向けてみることです。

フリーターの就職時の面接のポイントとは?服装、自己紹介、質問等!こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 フリーターから正社員になるうえで、全員が苦手にしている関門があります。 それが「面...

人事のプロが明かす 採用される人材像

自信を持って面接に臨んでくる人は、すぐにわかります。

応募者とはいっても、同じ業界の人間として向かい合うわけですし、そこでお互いに瞬時に能力を見極め合う。

詳細については話を進めながら確認していくわけですから、面接の精度は実はかなり高いというのが私たちの実感なんです。

その意味で、中途採用される人たちは皆、こちらと互角に渡り合える人たち。

自信過剰というのとは明らかに違って、自分たちの能力、ポテンシャルの高さをきちんと伝えてくれる人たちが採用されているように思います。

中には、“この人は、今までうちの会社にはなかったものを持っている”と、直感させてくれる人もいて、こういう人はたとえその時の中途採用ニーズから少し離れていても、考慮するというのが通常。

企業の方で積極採用に動くものです。欲しがられる人材、能力についてもう一度熟慮した上で応募されることを勧めます。

7つのチェック・ポイントから自分自身を再チェック!

チェック・ポイントに従って、自分自身を再確認。

今のあなたは、どこまで魅力ある人材なのだろう?

CHECK1 対人マナー

対人マナーほどその人のキャリア、社会常識が如実に出るものはありません。

中途採用担当者が最も厳しくチェックするのもそのため。

ここをクリアすれば、その後の面接がスムーズに進むことになります。

特に、入・退室の手順がはっきりわからないとか、挨拶の仕方に自信がないという人は、早めにチェックを。

話し方、聞き方、またその姿勢にもキャリアが出るので注意しましょう。

Check2 言葉遣い

その気になれば、すぐできるように思えて、実はなかなかうまく使えないのが敬語表現。

特に、丁寧語と尊敬語、丁寧語と謙譲語の使い分けがうまくいきません。

また、これからの展望を語ろうとしても、使い慣れていないビジネス用語や時事用語はすぐにトチります。

日頃から訓練しておくとともに、伝えたいことはあらかじめ文章にするなどしてチェックしましょう。

Check3 好感度

抽象的な言葉だが、中途採用担当者たちがこぞって口にするのがこの言葉、好感度だ。

物腰やマナー、話し方に質問の受け止め方、身だしなみ、清潔感などすべてを含んだ上での感触なので、日頃から意識して好感度アップを図るしかありません。

通常はビジネスの現場で鍛えられるものだけに、ビジネス経験のないフリーターや大学中退の人は今まで培ってきたものすべてが出る。

Check4 基礎能力

この場合の基礎能力とは、ビジネス全般に共通するベーシックな能力のことです。

たとえば、今どきワードやエクセルなど、基本的なパソコンソフトを扱えないようでは話になりません。

どこにいっても大きく評価を下げてしまいます。

同じく、産業界全体に起きている現象、たとえばワークシェアリングや成果主義などについても知らないようでは致命傷です。まず標準を目指す。

Check5 基礎知識

これだけ高度な技術を持つスペシャリストが求められている時に、業界の先端知識や最新情報をよく理解していないというのでは、それだけでも魅力が半減。

中途採用側の評価は途端に辛くなります。

合格を期すなら、こうした知識は必ず網羅。

何を聞かれても一通りのことは答えられるよう、日頃から知識を集積しておこう。

Check6 信頼度

たとえ短い時間とはいえ、そこで確かな信頼を得るのが面接諮問。

採用される人たちは、いずれもこうした点に絶対の自信を持っています。

最初の3分で好感度をアピールし、次にキャリアを感じさせる質疑応答で信頼感を勝ち得るというのが、成功の方程式。

こうしたことまで頭が回らず、質問の答えに汲々としているようでは、とても中途採用候補にはなれません。

Check7 将来性

将来性などわかるものか、と思うかもしれないが、これが中途採用のプロたちにはすぐにわかります。

社会人としての基礎がしっかりとできていて、その場その場でどんな案件やトラブルにも正しいジャッジを下せる人こそ、将来性のある人。

これが最終的にはものをいいます。

面接時には、胸を張って自分という人間性をアピールすることです。

まとめ

フリーターや大学中退で中途採用される人はしっかりと準備をして自信を持って面接などを乗り越えていける人だということがわかりました。

特に今まで面接を受けたことがない人だと、突然面接を受けて中途採用で合格しようというのはほぼ絶望的です。

今どき中途採用面接の模擬面接を人材紹介会社は絶対にやってくれるものなので、最低限面接練習を行ってから本番に望むのが良いでしょう。

ヒアリングした人事の人も述べていましたが、現状対策をやってこないフリーターや大学中退の人が多すぎるということで、面接対策をしていくだけでも好印象なこと間違いなしです。

私も就職の時に使ったハタラクティブとかジェイックとかキャリアスタートは全て面接練習や履歴書の書き方など全てをサポートしてくれるので単純におすすめです。

純粋に不安がある人は最低限ハタラクティブだけでも登録して、対策をしておくのをおすすめします。

最初に登録するならハタラクティブ


ハタラクティブは今最も勢いのあるフリーター・大学中退・高卒・第二新卒向けの人材紹介会社で、今まで60000人以上を就職支援をしてきたという実績があります。最近支店を一気に増やしており、今では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分と広いエリアで未経験人材を正社員への導いています。

登録はもちろん無料で、正社員求人を紹介してくれるばかりか、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる