フリーターの悩み

働くのが怖いとか就職が怖いと思っている人にやってほしいこと

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

今まで一度も社会に出たことがないようなフリーターとかニートの人って、働くのが怖かったり、就職するのが怖いと感じますよね。

もちろん今が楽しいからフリーターとかを続けているのだったら良いのですが、働くのが怖いからとか就職するのが怖いからという理由でいつまで立っても働き出さないのはすごくもったいないです。

僕も大学を中退してからしばらくニートをしていた時はそうでした。働いたことがないからかもしれないけど、働くのが怖いと漠然と思っていたんですよね。

そしてフリーターを初めて徐々に働くのが怖いとは思わなくなっていきましたが、今後は正社員として就職するのが怖いと思うようになっていました。

今は正社員として働いているからあの時何故あんなに怖いと思っていたのか不思議に思うぐらいなんですけど、人間はそんなもんだなと思いました。

そこで今回は働くのが怖いとか就職が怖いと思っている人の少しでも役に立てればなと思って、怖さを解消する方法を実体験を交えてまとめてみました。

働くのが怖い、就職が怖いというのは誰にでもあること

正直働くのが怖い、就職が怖いって言うのは誰でもあるものです。

誰でも初めてやることって怖いと感じると思います。私は大学中退してしまったので大学には一応行ってましたが、大学に入る際の一人暮らしを始めるのもやる前はちょっと怖いな、大丈夫かなって思っていました。

そして色々思い出してみると昔は色んなことに怖いなって感じていたと思います。よっぽど怖いもの知らずでない限りは、色んなことに対して怖いなと思っているものなのです。

それには共通点があります。それはよく理解していないことをやらなくてはいけないこと。つまり初めて挑戦することに対して怖いと思うのです。

働いたこと、就職したことがないから怖いと思う

働くのが怖い、就職が怖いと思っている人は今まで就職したことがなく、ニュースとかで聞く良くない情報を元に働くのが怖い、就職が怖いと思っていることがほとんどです。

では実際に何が怖いのかを紙に書き出してみましょう。大体の場合、自分の想像力が怖いという感情を生み出していることがわかると思います。

そしてその情報が正しいものかどうかわからないのに、怖いと感じてしまうことが多いのです。

私がフリーターから就職した時も、実際働いてみると事前に思い描いていたような怖さはほとんどありませんでした。ネット上で見るような書き込みやニュースも実際世の中には存在しているのでしょうが、自分がその状況に追い込まれることはほとんどありません。

少なくとも今あなたが働くのが怖いとか就職が怖いと思って想像していることと、実際は大きな乖離があると思います。

働く姿、就職する姿をリアルに思い描こう

では実際にどうすれば、その働くのが怖いとか就職が怖いという気持ちを解消できるのか。

それは想像と現実のギャップを埋めることのみによって解消できます。

つまり実際にあなたが、社会に出て働いている姿とか就職している姿を、できるだけリアルに想像することが恐怖を解消する唯一の方法なのです。

それ以外の方法ではその恐怖を解消することは難しいです。

具体的には下記の3つのステップをおすすめします。

step:1:働いた先輩、就職した先輩に話を聞いてみよう

学生であれば先輩に、フリーターであれば先に就職をしていったフリーター仲間に、ニートであればすでに働いている親族などに、すでに社会に出ている先輩に話を聞いてみるのが良いでしょう。

それも上記で書き出した不安を元に、自分が働くのが怖いとか就職するのが怖いと思っている気持ちをぶつけて、本音を聞いていきましょう。

もちろん想像していた項目と全く違いこともありますし、あながち間違いではないことも多いでしょう。

でも働くのが怖い、就職するのが怖いと漠然と思っているよりは理由が明確化できて怖いという気持ちを解消することができます。

step2:就職したい業界と同じ業界でアルバイトしてみよう

ある程度先輩から話を聞いたら、今度は就職したい業界と同じ業界でアルバイトをしてみましょう。

最初から正社員として働くのはハードルが高いとしても、最初はアルバイトから始めるとかなりハードルが下がります。

実際に同じ業界で働くことで、どういう仕事をしなくてはいけないかわかるでしょうし、そこで働いている正社員の働きっぷりや条件も理解できます。

同じ業界で働くことで本当に就職する時にある程度有利になりますし、場合によっては正社員登用制度があるところもありますので一石二鳥になる可能性があります。

step3:就職活動仲間を作ろう

この段階までである程度の働くのが怖いとか就職が怖いという気持ちは解消されるとは思いますが、最後の一押しとして一緒に就職活動をする仲間を作るのが良いでしょう。

どうしても一人で就職活動をしていると、働くのが怖いとか就職が怖いという気持ちが再燃してくるものです。そして一人でいるとどうしても甘えが出てきて、なかなか動きが遅くなってしまうこともあります。

それを解消するためには就職活動仲間を作って、一緒に就職活動をすることで、お互いに甘えが出てくる部分を支え合うことができますし、勢いができます。

なかなか就職活動仲間を見つけるのが難しいという人は人材紹介会社を使うのがおすすめです。そして特に研修を行ってくれるような人材紹介会社を使うのがおすすめです。

研修がある就職支援会社は、一緒に研修をした人たちを同期として扱い、一緒に就職活動を行っていきます。

就職した後もその関係は続いていくので、フリーターからの就職とかで会社の中に同期という人が存在しないときは社外でそういう人を持っておくと、新しく会社で発生した悩みとかを共有できる友達ができて良いと思います。

詳しくは下記の記事を読んでもらえるといいと思いますが、研修のある会社でおすすめなのはジェイックです。

超絶オススメ!就活で最初にするだけで就職率が4倍になる方法!こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 今回は私が実際に就職する際にやってきた方法で一番有用だった方法をシェアしたいと思います。...

行動することが働くのが怖い、就職が怖いの特効薬

最終的には怖いという感情は行動することで解消していくことができます。

逆に言うと恐怖とは立ち止まって考えている人に襲いかかってくるものなのです。

行動をしていくことで、色んなことがわかってくるでしょうし、自分に自信もついてきます

まずは働くのが怖いとか就職が怖いとか考えてないで、上記で説明したステップを一個一個行動していって、恐怖を解消していきましょう。

行動をしなくて怖いという気持ちを変えていくのは難しいものですよ。

いつまでも働くのが怖い、就職が怖いと言ってられない

そしていつまでも働くのが怖いとか就職が怖いとか言ってられません。

基本的には人生にはタイミリミットが存在します。フリーターだったら30歳までに就職しなかったら一生正社員として就職できなくなってしまうし、新卒なら新卒一括採用のタイミングを逃して新卒ブランドを捨ててしまうと、就職できる企業の質は明らかに落ちてしまいます。

フリーターの将来はどうなるの?実体験から見るその末路と回避する方法こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 フリーターの皆さんは将来に不安はありますか? 私はフリーターだった当時、正直あんま...

それを防ぐためにはいち早くその状況を抜けだすために行動を起こす必要があります。

恐怖に押しつぶされて、何も行動ができなくて就職ができなくなってしまうは最悪のパターンです。

それよりは今働くのが怖いとか就職が怖いのをなんとかしたいと思っているうちに行動を起こして、強引にでもなんとかしてしまうのが良いでしょう。

まとめ

働くのが怖い、就職が怖いという状況は行動によって変えられます。

少しずつでも状況を変えていけるように、今すぐにでも行動を起こしていけるようにしましょう。

フリーター専門就職支援会社

ジェイックは今まで12000人以上のフリーター・大学中退・高卒・第二新卒を正社員へと就職成功させてきた優良就職支援会社です。最近「就職カレッジ」というリニューアルした新しいサービスの提供を開始。サポートを拡大し続けています。

無料で利用できて履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる