ニートの就職

正社員、契約社員、パート、派遣、アルバイトの採用条件の違い

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

今は働き方改革などで常に働き方が変わってきていますよね。また雇用形態の多様化とシステムの変化がより鮮明になってきました。正社員、契約社員、派遣社員、パート&アルバイトなど、これまで通りの概念で考えていては、せっかくのチャンスを見逃すことになってしまいます。

パート社員が店長を任され、アルバイトにまで成果主義が反映される新時代。今、どんな人材が高く評価されるのか、雇用形態別に調べてみました。

各業種とも新たな人材ニーズは高まる一方!

雇用状況が好転しています。

正社員、契約社員、パート&アルバイト、派遣社員と、いずれも好転。組織の再編と合理化、効率化を済ませた企業での求人ニーズが急増していいます。

すでに、ここ数年の好況の波に乗り、積極攻勢に打って出ているIT業界、自動車業界、電機関連業はもとより、これまで”守り“に回っていた企業が、続々と”攻め“の経営へと方向転換。新プロジェクトに必要な人材や、営業・販売力強化のための人材確保を急いでいます。

こうした動きは、今年全体を通した動きになる模様。単なる一過性のものとは明らかに違うというのが、大方の見方です。

長年、企業人事に携わっているという液晶関連のフィルム製造メーカー・総務部次長によれば、「生産システムの合理化と効率化を目指した結果、生産ラインに必要な工員の絶対数は確かに大幅に削減されているんです。しかし、半面、各メーカーの商品需要が高まるにつれ、いくらフル稼働しても製造が追いつかないほどギリギリの体制で臨んでいるというのが実情。これは、多くの製造関連業の会社に共通している傾向で、組織の再編を済ませた今、ほとんどの企業が”できるだけ早く生産ラインに余裕を持たせたい“と考えているんです」

営業・販売関連も同様。いくら好況の波がひと段落したとは言え、まだまだ各市場ともに旺盛な購買意欲を示しているだけに、営業・販売力の強化はどの企業にとっても“待ったなし”の緊急課題になっています。

「市場があるのに、そこに販路を求めないというのは、企業にとって自殺行為。なんとしてもこの機会に販路を拡大したいし、今こそチャンスと多くの企業が思っているわけです。それなのに、早期リストラや新卒採用の一時凍結などといった人事戦略の反動もあって、肝心のキャリアのある営業部員や販売員がそろわない。各企業ともに、一刻も早くスペシャリストを採用し、攻勢をかけたいというのが本音なんです」

ただし、かつてのような“超”がつくほどの売り手市場になるかというと、話は別。指標を見ても、完全失業率、有効求人倍率ともに、そこまでの動きは示していません。

雇用形態のメニューは驚くほど多様化している!

では、この好機をどう活かせばいいのでしょうか?

企業の採用担当者たちは次のようにコメントしています。

大切なのは、就職の目的をハッキリさせること。長期雇用を前提とした正社員採用を望むのか、それとも、1年、2年といったサイクルで契約を更新する契約社員を望むのか?それとも派遣社員がいいのか、パートなのかアルバイトなのか。まず、そうした希望の雇用スタイルを決めた上で、会社選び、仕事選びに乗り出すことです」(金属関連)

「ただ漠然と“状況が好転した”と受け止めているようでは、この好機を活かすことはできません。マスコミをはじめとして、多くのアナリストたちが指摘するように、現在の“働き方”は多種多様。かつてとは比較にならないほど様々な雇用のメニューが用意されているのですから、これを最大限に活用しない手はないと思うんです。ある程度、自分のワーキングスタイルに合わせた選択が可能なのですから、やはりここは日和見的に“なんとなく良さそうな会社&仕事”を選ぶのではなく、“この待遇と、この働き方が得られる会社&仕事だから”といった姿勢で選択すべき。せっかくの好機を無駄にすることなく、活用すべきだと思うんです」(化学)

「たとえ、パート社員やアルバイトや派遣社員でも、成果主義を取り入れて能力給制度を導入しているところでは、やればやっただけの評価が得られたり、スペシャリストとしてのスキル、キャリアを身につけることができるようになっているんです。こうした傾向は、今後ますます強まる一方。その意味では、“やる気”次第で、たとえ入り口をどこに設けようとも、希望のステージにはいつかたどり着けるという可能性がぐんと高まってきているんです。これが、これからのビジネス環境で恒常化するに違いないひとつの大きな特徴。ユ05年は、そうした色合いをより鮮明にする年になりますから、意識してと組むことです」(流通)

大切なのは、過去の既成概念でのみ就職をとらえないこと。これだけ雇用環境が大きく変わってくると、以前のようなスタンスで正社員、契約社員、パート、アルバイト、派遣社員をとらえることはほぼ不可能と理解しておくことです。

場合によっては、そうした概念に固執することによって、大きなチャンスを失うことにもなりかねません。たとえ正社員でも、成果を挙げられない人は希望のプロジェクトに参加できないし、そうした成績が驚くほど年収、待遇に反映されるというのが、ここ数年の動きです。

長期間の雇用すら危うくなりかねないのだから、“安定を望むから正社員”とは、あながちいえなくなっているというのが実情です。

「もう一度、雇用形態による人材ニーズがどう変化しているのか、チェックしておくべきです。意外なところに思わぬニーズがあったり、行き詰った現状を打破する突破口が見つかったりするはず。それだけ、雇用環境はダイナミックな変化を遂げているんです」

とは、外資系コンサルタント会社のパートナーアナリスト。変化に対応できるだけの柔軟性こそが大切と指摘します。

実際に、アルバイトから始めて必要なスキルを習得し、契約社員、正社員で実績を挙げながら、最終的にはヘッドハンティングという形で業界トップの会社に引き抜かれるという人も多く出始めているんです。入り口は、フリーターだろうが派遣だろうがもう関係ないというのが、実力主義の時代の新常識。要は、必要とされる高度なスキルとキャリアをどれだけ短期間で身につけるかが問われているわけですから、そちらの方を優先することです。業種、企業規模、地域特性などを考慮しながら、今、ベストと思われる雇用形態を選択。人材ニーズにしっかりと応えることで、まず入り口に立つことを考えるべきなんですよね。それが、今、この時期にすべきこと。チャンスをモノにする上で、極めて重要なアクションになるんです」

脱ニートしてニートを辞めたい時のキャリアアップ方法こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 脱ニートって言葉よく聞きますよね。僕もニートを少しの期間やってた時、たまに面白がって言っ...

雇用形態別の人材ニーズは、前項にまとめた通り。それぞれよりシビアなニーズを打ち出しつつある。もはや、“そのうち希望の仕事、理想の働き方が見つかる”などと、日々のチャンスを横目で見ているだけではダメ。今、そうした希望の仕事、雇用形態が見つからなくて、いつ見つかるのかといった危機感を持ってアプローチしましょう。

選択次第では、夢のような展開も可能。あらゆるステップ&グレードアップができるようになります。チャレンジしてみることです。

企業人事が打ち明ける!「アプローチのポイントはここ」

企業の人事担当者に、正社員、契約社員、派遣社員、パート&アルバイトの雇用形態別のニーズを聞いてみました。
会社の人事制度や事情によっても違ってくるが、これが各雇用形態の現在進行形。今後の採用基準になってくきます!

雇用形態1:正社員

「企業理念と技術、独自のノウハウを継承できる人」
正社員採用では、企業理念に加え、独自の技術やノウハウをどれだけ引き継げる人かをチェック。基幹社員としての適性を見ます。専門スキルは、社内平均以上が原則です。(機械)

「企業経営も含めて職種間異動が可能な人」
スペシャリスト志向はもちろん大切ですが、正社員である以上、様々な部署での勤務を余儀なくされることもある。そうした異動をプラスにして、さらに総合力を高められる人材が理想です。(金融)

「長期間の社内スキルアップ&キャリア形成で勝負したい人」
本腰を据えたスキル&キャリアアップが必要。「この会社で成功してみせる」という強い意志をチェックしています。正社員は、会社の礎。不退転の意志で仕事に取り組む人が欲しいんです。(食品)

雇用形態2:契約社員

「競争力があってストレス耐性の強い人」
正社員にも増して激しい競争を強いられるのが契約社員。特に、年俸制や単年度での契約更新が必要な人は、常に競争に打ち勝ち、成果を挙げることが求められます。ストレス耐性も重要。(流通)

「高い技術レベルを持っていて、正社員化にも対応できる人」
会社にもよりますが、うちの場合は、いつでも成果や状況の変化に応じて正社員化できる人を契約社員として採用しています。その意味では、資質、技術レベル、適性面での差は皆無です。(専門商社)

「単年度契約が可能で、専門スキルを習得できる人」
成果主義を反映する色合いがより強いのが、契約社員。うちではそういう位置づけです。もちろん、単年度契約。スペシャリスト性が強く、ある分野に秀でた技術を持っている人が条件です。(情報処理)

雇用形態3:パート社員

「社員並みの専門スキル、キャリアを持って働きたい人」
パートでも、能力の高い人や、以前、同じような仕事で責任のある立場で活躍していた人は、積極的に登用していくというシステムを取っています。仕事の処理能力、意欲ともに高い人を採用。(食品)

「出勤日数や勤務時間がニーズに合う人」
正社員との違いは、そうした部分だけ。出勤する曜日と労働時間がこちらのニーズに合っていて、なおかつそれをきちんと守れる人を歓迎します。パートでも皆さん、スペシャリストですから。(介護)

「仕事の精度が極めて高い人」
決められた時間内に、決められたことをきちんとやり終えることのできる人をパートとして採用。後で社員がいちいち手を加えたり、かえって仕事が散らかってしまうという人はいりません。(保険)

雇用形態4:派遣社員

「職場環境への順応性が高く企業文化に馴染める人」
「職場ならではの風土や空気みたいなものに、すぐ順応できる人が理想。派遣社員といっても、ハタから見れば「その会社で働いている人」なわけですから、その点を意識できる人がいいです。(通信)

「業務に関するスペシャリスト志向の強い人」
委託した業務についてはスペシャリストというのが、派遣社員の基本です。そのためにも、日々技術力のアップを心がけている人、向上心のある人が理想。派遣社員として高く評価されます。(家電)

「“会社のために”という意識を持てる人」
基本は派遣なのですが、意識として“その職場の一員として役立ちたい”という姿勢を強く持つ人が高く評価されているようです。派遣社員も、貢献度と基本姿勢を厳しくチェックされるんです。(派遣)

雇用形態5:アルバイト社員

「ひとつの業務に対して責任を持って対処できる人」
無責任な人、“どうせアルバイトなんだから”とすぐに開き直るような人は採用しません。フリーターといっても、貴重な戦力。責任を持って業務を全うできる人のみ採用しています。(家電)

「強い向上心と業務への関心を持てる人」
“家が近いから”とか、“小遣いが欲しい”というだけでは、フリーターとしても不採用。基本的に、仕事への興味があって、成長が期待できる人を採用します。場合によっては社員化することもありますから。(部品製造)

「責任感が強く常識的な判断が下せる人」
販売の第一線に立つ仕事が多いので、フリーターであっても社会人としての基本ができていることが大前提。言葉遣い、態度、マナーなど、お客様に失礼のないことが前提になります。昇給・昇格も当然、あります。(流通)

まとめ

今の時代は多様な雇用形態があり、雇用形態ごとに求められている要件が違うことがわかってきました。

自分がどの雇用形態に向いているかなどはしっかりと腰を据えて考える必要がありますが、まだ就職をしたことがないフリーターなどの人はまずは就職して職歴を付けることが今後のキャリアの一番の近道だと思います。

私もフリーターから就職して営業職をしていますが、最近次の会社へのキャリアアップを考えるようになりました。おそらく次の転職時は別の転職エージェントを使うことになると思いますが、

フリーターや大学中退や高卒や第二新卒などの就職であれば私が実際に使ったハタラクティブとかジェイックとかキャリアスタートがおすすめです。

違いを理解して自分にあった雇用形態で働けるのが最高の環境ですね。

フリーター、大学中退、ニート専門の就職支援会社

フリーターや大学中退者、ニートが就職をする時に最初にするべきことは就職エージェントに登録することです。

こちらに私が実際に利用した無料で利用できるおすすめの就職支援会社をまとめたので、一度見て自分に合いそうなところに登録するようにしてくださいね。

就職支援会社を見てみる