フリーターの就職

人気業界への就職には思わぬチャンスが待っている。

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

フリーターからせっかく就職すると心に決めたなら、人気業界に就職したいと誰でも思いますよね。

人気の業界に就職するためには人気業界が今どうなっているのか、業界動向を知っておかなくてはいけません。

そこで今回は人気業界の最新求人動向、採用傾向はどうなっているのかを調べてまとめて見ました。

フリーターから正社員就職の好機が到来しているだけに、しっかりとキャッチした上でアプローチしましょう。

今回は人気業界の代表例として、金融・保険・証券関連、ソフトウェアシステム・IT関連などの業界にフォーカスを当てて調査してみました。

人気業界に就職するためには

活気のある業界、これからの成長が見込まれる業界に入るには、どうすればいいのでしょうか。

フリーターから正社員就職を考えている人にとっては、気になる問題ですよね。

せっかくの就職の機会だから、これを期に思い切って人気業界に就職できないものかと考える人も少なくありません。

ただし、気になるのが採用動向に必要スキル、経験の有無などです。

採用ラインがどう設定されていて、そもそもフリーターや大学中退などの未経験からの就職が可能なのかということです。

また、そうした人気業界にいる人たちにとっても競合他社への転職、あるいはステップアップを目指した転職が、今どういった状況にあるのかについては、なんとしても知りたいところです。

求人ニーズ、募集職種など、事前にその詳細をつかんでおきたいものです。

ここでは、IT、金融、流通、医療・バイオ関連について紹介します。

いずれも、ここ最近で人気が急上昇している業界の求人動向をまとめてみた。

特に、金融業界などは、銀行をはじめとして安定した就職先として古くから人気を集めています。

銀行などは、リーマンショックのためについこの間まで重くのしかかっていた不良債権の処理にメドがつき、アベノミクスなどの影響で好景気になっているので、就職先としての人気が復活をしてきました。

東京オリンピックや大阪万博を控え、業界全体が活気づいています。

この好景気とその後の不景気を見越して、商品開発、営業展開の見直しと戦力補強を急ぐところが増えています。

IT関連は、この数年で更に活況になり、絶えず人が足りない状態が続いています。

間口も広く、募集人数がとにかく多いため、どんな職種にどうアプローチすればいいのかがわかりやすい状態です。

今ならフリーターからの正社員就職の第一選択になる好機が到来しています。

ほかに、流通関連、医療・バイオ関連も人気業界の一つ。フリーターなどの未経験層からの就職だけでなく、新卒、転職志望者の注目を集めています。

IT(ソフトウエアシステム&インターネット)関連

「今一番アツい人気業界。新たなビジネスモデルを提言できる人材、成熟するインターネットビジネスに対応できる人材を急募」

■人気職種
ソリューション営業・プロジェクトマネージャー

■業界の動き
過去にない活況で常に人が足りない状態がつづている。インターネット企業が時価総額で世界一位になるなど過去にないほどの好景気。今度しばらく伸び続ける人気業界になっている。

■求人ニーズ
依然としてエンジニア・プログラマへの人材ニーズが高いが、同時にソリューション営業、プロジェクトマネージャーといった業務での人材ニーズも急騰している。インターネットビジネスの成熟もあって、技術と運用、商品化と販売といった様々な業務が派生している。

■採用動向
今、求人募集をかけているのは、老舗のIT企業だけでなく、設立してまだ日も浅いスタートアップ企業。強い技術力と特性のあるビジネスモデルを持っている。それだけに、技術職の求人ではかなり高いレベルでの採用が進められるが、一方ではまだ他社の色に染まっていないフレキシブルな人材の採用にも積極的。未経験でもしっかりとした基礎知識があって、ポテンシャルの高い20代やフリーターには門戸を開く。30代以降は、会社にはないスキルと実績が必要。

金融(銀行・証券・生損保・不動産金融)関連

「絶好調の銀行、証券、話題のファンドなど、金融関連業が人気。大量採用も行われていることからチャンスが拡大」

■人気職種
リテール営業・法人営業・アセット&ファンドマネージャー

■業界の動き
この数年間、銀行をはじめとしてリーマンショックなどの不良債権の処理に追われていたが、一段落したことでようやく正常な企業活動を展開し始めている。また、法人の倒産企業件数が少なくなったことと、個人(リテール)部門への期待がアップ。業界再編も進んでいる。

■求人ニーズ
変化に対応できる人材が求められている。また、金融のスペシャリストに対するニーズも急増。証券、生保・損保などでは銀行の業務経験者で、特に信託、為替に携わったことのある人材が求められている。フリーターや大学中退などの未経験なら、やはりポテンシャルのある若手に期待。

■採用動向
数年間、新卒採用を極端に減らしてきたのがこの人気業界。不良債権の処理に追われている時には、リストラとシステムの再構築でとても採用どころではなかったというのが正直なところだ。その反動もあって、多くの企業で20代の若手社員や新卒が不足。巻き返しと再編で、数百人規模の採用を実施するところも出始めている。採用意欲は旺盛。金融知識といっても多分野に分かれているので、専門分野を作っておくことが大事。

流通(小売店舗・顧客接触部門・資材調達)関連

「業界再編、新システムの導入&構築が進むとともに、現場マネージメントの必要性が急浮上!」

■人気職種
スーパーバイザー・店長・バイヤー

■業界の動き
外食チェーン店、飲食、スーパー、コンビニ、ドラッグストアなど、多くの業態が混在。競合ひしめき合う状態が続いている。キーワードはM&Aと勝ち残り企業のメガ化。そして複合化だ。また、インターネットの口コミの影響で顧客評価が大きく影響。サービスの質が問われている。

■求人ニーズ
正社員転職には、しっかりとしたキャリアが求められている。一方人が足りないためフリーターからの正社員採用にも積極的。顧客窓口から入ることが多いため、対人マナー、サービスに携わる者としての意識、心構え、ノウハウを持っている人を採用。同時に、そこからマネージャー、スーパーバイザーへと飛躍できる人も重視。

■採用動向
現場にアルバイトやパートが多いことから、正社員採用ではそうした人たちをうまくマネージメント&ケアできる人が求められる。顧客の満足を常に意識しながら、現場の意見をすぐに本部にフィードバックできるといったマーケティングセンスも求められる。また、前職がフリーター、アルバイト、パートでも、見るべきものがある場合にはそれをキャリアと認めて採用に結びつける。30代では、最低でも店長経験が必要というところが多い。

医療・バイオ(医薬品製造・販売)関連

「昨年の薬事法改定に基づき、医薬品の製造、販売が分離。 外資のシェア拡大で業界全体が活気づく」

■人気職種
薬事担当者・MR・モニター

■業界の動き
薬を作るプロセスの複雑化、高額化により、業界全体がM&Aなどの再編を迫られており、毎年大型の製薬企業の統合が報道されている。これにより、業界自体が活性化。外資のシェア拡大も進む。

■求人ニーズ
医薬品の製造に特化した企業と、販売・サービスに特化した企業がそれぞれ設立され、それに伴う求人ニーズが活発化している。さらに、シェア拡大を狙う外資系、営業力を強めたい製薬会社など、いずれも求人意欲は旺盛。急成長企業も多い。

■採用動向
営業経験者は3年以上のキャリアが必要。ただし、業界未経験でも、スキルに合致するところが多ければ採用を検討するといったところが多い。また、人気のMR(医薬情報担当者)へのニーズも急増。実は、その7割が文系出身者ということもあり、有望産業へのアプローチとしてMRを目指す人も多い。資格がなければダメというわけでもないので、詳しく調べて応募。大手製薬会社からの採用も増えている。

大切なのは業界動向の把握としっかりとした準備

こうした人気の高い業界について、企業動向に詳しい外資系コンサルタント会社のシニアマネージャーに話を聞いてみると、

「活況を呈している人気業界は、採用の枠が広いので就職のチャンスがそれだけ多いんです」と指摘。特に、まだそうした動きが出始めたばかりのこの時期は、フリーターからでも理想の就職が実現しやすいといいます。

フリーターが人生逆転して就職するための5大鉄則を身に着けようこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 フリーターで人生逆転して成功したいって人は実は結構たくさんいるのではないでしょうか。 ...

「ムーブメントにもよりますが、今、活況を呈している人気業界、あるいは求人意欲の強い企業は、基本的に景気の復調に伴い、事業の拡大や新規事業に着手しているところが多いんです。つまり、定員割れを補完する意味で採用ではなく、新たに資本を注入し、十分な勝算があった上で、新規プロジェクトに必要なスタッフを揃えようとしている。即戦力はもちろんですが、フリーターなどのポテンシャル重視の採用が行われているんです」

キャリア不足、スキル不足の20代にとっては、その意味でもチャンス。異業種からのアプローチや未経験職からの応募も受け付けてもらえる確率が高いのです。

さらに、これまで力を蓄えてきた人にとっては、待ちに待った飛躍のチャンスが目白押し。驚くような抜擢や起用が待ち受けていることもあります。

「新規プロジェクトの立ち上げなどでは、転入組でも力のある人をどんどん吸い上げて、チームリーダーとして引っ張ってもらうというところが多いんです。これだけ人材の流動化が進んでいるのですから、生え抜き社員と中途採用の別はほとんどありません。

活況を呈している人気業界では、逆にそうした新陳代謝を盛んに繰り返すことによって新たなパワーを得ているのですから、力さえあればプロジェクトそのものを任されるとか、以前の会社とは比較にならないポストと待遇、業務も用意されるということも珍しくありません。転職を考えているなら、ぜひ一度は検討すべき。人気業界への転職が、人生を一変させてくれるかもしれないのですから」

ただし、そうした多くのチャンスが待ち受けているだけに、採用を勝ち取るための競争も激化。いくら採用人数が多く用意されているとはいえ、人気なだけにそうそう簡単にはフリーターから就職したり、未経験業種から転職したりできません。

採用の切符を手に入れるためには、求められている職種と人材像、必要資格を十分にリサーチしておくことが何より大事です。

その上で、不足しているものについては迅速にカバーし、身につけておくといった準備が必要です。この点を勘違いしていると、何回応募しても立て続けに失敗するといった“愚”を繰り返すことになります。

「この時期、どこに応募しても不採用が続くという人は、あらためて足もとを見直してみるべきです。どこかに決定的な不足部分がある可能性が高いし、もしかしたら、応募の仕方に問題があるのかもしれません」というのは、活況が続く人気の自動車部品メーカーの営業部・部長。

長年、中途採用やフリーター採用を担当しているが、意識の低い人はどんなに採用意欲の強い業界に応募しても、決していい結果を得られないといいます。

「賑わっている業界が求めているのは、いずれも有能な人材。企業ニーズをきちんと理解していて、採用後にすぐに結果を出せる人、もしくは今は未経験でも将来のポテンシャルを感じさせてくれる人、他社との競合に勝てるだけの能力を持った人たちなんです。

そうしたニーズをきちんと理解することもなく、また、当然そのための準備もしないままに、いくら応募したところで、採用されないのは当たり前のこと。

注目されている人気業界には多くの人が詰めかけるのですから、そうした競争に勝つためにはどうすればいいのかといった、採用を勝ち取るための意識をまず磨くことが必要なんです」

いち早くフリーターから正社員採用を勝ち取り、希望の人気業界で活躍している人たちの多くは、相当な危機感を持って活動。

人気業界全体のリサーチと、自分の能力のボトムアップに余念がない、とコメントしています。

あらためてチェック。大量採用が期待される人気業界の動向を把握しましょう。

その他人気業界について

「コンサルティング業界も人気化。ただし激戦に勝てるだけのスキル&キャリアが必要」(外資系コンサルティング会社・シニアマネージャー)

我々の業界では、俗に“コンサルティング・ファーム”という、それぞれ特性のあるコンサルタント活動を行っています。

最近では、システムやセキュリティ、製造・金融・労働関連の専門コンサルタントをするところが増えていますが、いずれにせよ、企業の資産価値は“人とデータベースをバックボーンとしたノウハウ”にあるわけです。

そのため、外資系といえども想像以上に異動が少なく、結果を出す人を手厚く待遇しているんです。人気のため新卒や未経験枠でも応募のたびに多くの人が殺到しますが、採用のハードルはかなり高く設定されているので、決して簡単ではありません。

場合によっては、人次第で顧客が移動してしまうことさえあるくらいですから、はじめから、かなりハイレベルな人材を求めているんです。

自信のある人同士の競い合い。それに打ち勝てる人のみが、この業界で勝ち残っていけるんです。人気の業界はどこもそう。競争は厳しいと思います。

まとめ

人気業界にはそれぞれ業界のバックグラウンドがあり、求められる人物像などは大きく異なります。

個人的オススメとしてはフリーターでも入りやすく、間口が広く成長していく業界のIT関連企業に最初の正社員就職をするのがオススメです。

IT系の就職に強い就職支援会社のハタラクティブはフリーターの就職におすすめできる人材紹介会社です。

ハタラクティブにフリーターが行ってみた。口コミや評判は本当か。こんばんは。ブログの管理人のエイジです。 今日は私が実際にフリーターから正社員就職する時に利用して、よくこのサイトでも一番オススメ...

私も最近IT企業に転職をしましたが、前の広告業界とは大きく異なり、若い人が多く、業界全体が盛り上がっていることが見て取れます。

人気業界かつ成長業界はチャンスも多いことから、うまく行けばフリーターからの一発逆転が狙えることもあります。

まずは正社員への第一歩として人気業界の動向を掴んで、チャンスを掴めるように就職活動を進めていきましょう。

フリーター、大学中退、ニート専門の就職支援会社

フリーターや大学中退者、ニートが就職をする時に最初にするべきことは就職エージェントに登録することです。

こちらに私が実際に利用した無料で利用できるおすすめの就職支援会社をまとめたので、一度見て自分に合いそうなところに登録するようにしてくださいね。

就職支援会社を見てみる