インタビュー系記事

就職するならSWOT分析で自己分析しよう

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。​

SWOT分析って聞いたことありますか?フリーターが就職するなら自己分析を絶対にする必要があると思います。

自己分析に有用だと言われているのがSWOT分析で、本来はマーケティングの環境分析に使われるものです。

それをフリーター就職の自己分析にも使ってみると良い結果がうまくれるかも、というのが今回のテーマです。

就職市場の中で、自分が今、どの位置にいるのかを知ることは重要なことです。

技術レベル、経験値、セールスポイント、弱点など。これらをどれだけ客観的に把握し、アプローチするかで結果は大きく変わってくるのです。

最近では市場調査、商品分析などに使う基本的なツールを利用する人も急増。 “自分マーケティング”を取り入れる動きが広がっています。

あなたも早速マスターして新たなノウハウにチャレンジしましょう。

マーケティングツールを就職にあてはめて利用する

就職には、徹底したマーケティングが必要。自分という商品が、応募企業にとってどう映り、また、どう評価されるのか、事前に知っておくことが必要です。そのうちの一つがSWOT分析。

それさえわかっていれば、弱点と思われがちなキャリアのカバーや、評価されやすいスキルをさらに高めてのアプローチが可能。履歴書&職務経歴書作成の段階から、効率よくアピールできます。

また、こうした就職、転職マーケティングは、実はやり手と言われるビジネスマンたち、あるいは、次々と思い通りの転職を実現していくビジネスウーマンたちにとって、ごく常識的なこと。

それぞれ、本来は商品開発などの際に用いるSWOT分析などのマーケティングツールを活用し、有効利用しています。

3年前に地方銀行の営業部から、情報関連の出版物や各メディアの制作を行うベンチャー系制作会社に転職したという男性・27歳によると、

「ボクの周辺では、皆が自分の市場価値を常にチェックしていました。仕事柄というよりは、むしろそれが常識。転職はそれぞれのニーズを見誤ると、いくら優秀なキャリアやスキルを持っていてもすれ違いになってしまうだけに、先輩も含めて、皆さん、かなり前からこうしたマーケティングツールを活用しているようです」。

それだけではありません。

人によっては、”転職する・しない“にかかわらず、1年に一度は人材紹介会社に行き、スキルや市場ポジションをチェックするという人も「少なくない」とのことで、多かれ少なかれ、いざという時のために態勢だけは整えていたといいます。

「それは、今の会社でも同じです。いつ大きなチャンスが巡ってくるかわかりませんし、それこそ、こちらが望んでいなくても、不意にいざ!という時がやってくるかもしれないわけですよね。一生を保証してくれる会社などないという前提に立って考えるなら、自分についてのマーケティングを行うことは、必要不可欠なことだと思います」

SWOT分析

SWOT分析とは、商品などの開発、販売に伴う戦略を立てる際、ベースを確認する意味で行われる非常に重要なマーケティング分析のひとつです。頻繁に使われる基本ツールと言ってもいい。

SWOTとはStrength、Weakness、 Opportunity、 Threatの頭文字です。それぞれ強み、弱み、追い風、向かい風を意味しています。

現在の自分の状況をこの分析シートに当てはめてチェック。実際にアプローチする企業にどこをどうアピールすればいいのか、また、事前に意識しておくべきところはどこかなどを理解しておきましょう。

そこで、そうしたビジネスマン&ウーマンたちの間で、今、当たり前のように使われているマーケティングツールが、上に挙げたのSWOT分析シート。現在の自分が置かれている状況を、内部環境、外部環境に分けた上で、それぞれに強み弱み、追い風向かい風と思われるものを書き込むというものです。

マーケティングツールとは言っても作業は簡単で、しかも効果抜群。まだ未体験という人は、書き込んでみるだけで驚くほど自分の現在が浮き彫りになるのがわかるはずです。

「これはほんの一例です。ほかにも3C分析ポジショニングマップなど、マーケティングで使われるツールを活用して、現在の自分の価値を知ろうとしているんです。自分の価値というより、むしろ企業と自分の関係を明確にするという意味合いが、強いのかものしれませんけれど…」

ちなみに、3C分析とは、Customer(顧客)、Competitor(競争者)、Company(会社)の関係を、三角形に置き直して整理するマーケティングツールのこと。顧客=ターゲット企業、競争者=ライバル応募者、会社=自分に置き換え、それぞれのニーズ、現状などを双方向の線にして具体化していきます。

ポジショニングマップとは、分析したいテーマに応じて縦軸、横軸を設け、4つの領域を作ることにより、どこに現在の自分が属しているのかを知るという方法です。

いずれも、仕組みがわかればすぐに活用できるし、いろいろな観点からの分析ができます。いたずらに不確実な情報に惑わされたり、勘や勢いに頼らなくて済みます。それだけでも、これから進むべき道しるべを手にすることができるのだから、格段に心強い。戦略を立てた就職活動を実践できるのです。

限られたキャリアからネットビジネスへ。

「自分なりのマーケティングが功を奏しました」情報関連業・女性・28歳

大学卒業後、米国に留学。メディア論、情報論を専攻しました。ただ、就職についてはあまり考えていなくて、とにかく英語を活かせる仕事ができればいいという程度にしか考えていなかったんです。

ところが、4年間の留学が終わって帰ってみると、英語だけではとても採用してもらえません。「英語を使って何ができるのか?」が問われるんです。そこで、とにかくアルバイト。マスコミの仕事なら比較的近いということで、出版社でフリーターを2年ほど続けました。

今の仕事は、人材紹介会社に紹介してもらいました。正社員になりたかったし、もっと私の得意分野に近くて、しかもこれからさらに有望なIT関連の仕事をしたい…。そんな贅沢な希望を満たしてくれていたんです。

本当に人材紹介会社に相談してよかったと思っています。いくらフリーターを続けていたとしても正社員としての就職は初めて。色々教えてもらって助かりました。自分ひとりで就職活動をしていたら就職失敗していたと思います。

就職を考えた時に最初にするべきこととはこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 今回は私が実際に就職する際にやってきた方法で一番有用だった方法をシェアしたいと思います。...

世界中のイベント情報を瞬時に集めて、ネットで配信するという仕事ですが、その際に確認したSWOT分析シートがこれ。役に立ちますよね、本当に。現在の自分を知るには、格好のツールだと思います。

実際に多くの人たちが就職に役立てている!

「結局、就職に強い人、希望の企業に採用される人たちは、自分マーケティングがよくできる人たちなんです」

そう説明するのは、外資系コンサルタント会社のシニアマネージャー。競争倍率が高くなり、難関になればなるほどこの傾向は強くなる、と指摘します。

「たとえば、10人に1人の割合での採用という、かなりタイトな求人があったとします。その時に、まず考えなければならないのは、企業の人材ニーズはどこにあるのかという点。特に、その時々によって採用の目的、必要とされる資質にキャリアなど、採用条件はかなり変わってきますから、注意しなければなりません。

その点、マーケティングができていると、こうした企業の人材ニーズから採用の狙い、アピールすべき点が明確になるので効果的。手探りのまま体当たりしてみようという人たちとは、明らかに差のつくアプローチができるんです」

採用倍率が高くなればなるほど、ちょっとしたズレや、スイッチの押し違いなどから不採用になりやすい。また、ピンポイントでアピールしてくるやり手たちも多く応募してくることから、とても本番で考えている余裕などありません。その意味でも、事前の自分マーケティングが必要不可欠というのだ。

「少なくとも、面接の現場であなたの優れている能力、自信を持って取り組める業務とは、どんなものですか?と聞かれて、首をかしげながら考えているというのでは、話になりません。採用担当者の多くは、それくらい、考えてきてよと、内心あきれているものなんです。

その意味でも、SWOT分析にもあるように、自分の強みと弱みをしっかり分けて整理しておくことが絶対に必要。ウィークポイントを明らかにすることで見えてくる面接対策はあるものなんです。そのことに気づくことが、まず重要なのではないでしょうか?」

また、このSWOT分析は、外部環境を追い風と向かい風に分けて整理できる点も効果的です。ただ漠然とした魅力的将来性がある安定しているといった感想から一歩踏み出して、この仕事は時代の追い風を受けている今はこの点で向かい風を受けていると、業界や職種、業務などを客観的に把握し直すことができます。

よく状況を見極めた上での応募なのだから、当然、ミスマッチも激減。採用が決まった後の後悔を防げます。

「一度使ってみると、その使いやすさと効果に驚くはず。まずはSWOT分析を利用してみて、慣れてきたら3C分析、ポジショニングマップと、いろいろなツールを活用してみればいいと思います。ポイントは自分を徹底的に商品化し、客観的な把握に努めること。それさえできれば、このマーケットツールは極めて有効に機能するんです」

フリーターも適職診断で成功する就職をしようこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 フリーターの人も自分に向いている仕事ってなんなんだろうって気になりますよね。特に社会人未...

よりマッチング性の高い企業の絞り込みに成功。

「確信を持ってのアプローチができるようになりました」広告会社・男性・29歳

もともとは外資系の家庭用化学用品販売会社に勤めていたんです。厳しい会社でしたけれど、やればやっただけの評価・報酬が得られるというので、入社。面白いほど売れる時期もあって、それなりに充実していました。

ところが、今の会社の営業幹部募集告知を見て、“ぜひアプローチしてみたい”と思うように。それまでの営業の仕事も面白かったけれど、もうひとつステップアップするには、今まで扱ったことのなかった商品を扱う仕事、つまり、ネット関連の広告営業で実績を挙げるべきだと思っていたからです。

その点、今いる会社は、そうした商品を扱う先駆的代理店で、入社した後のハンデはまったくありません。理想的な会社だったんです。SWOT分析シートで、「たとえ未経験でも確信を持ってアプローチできるように」と、私自身を分析してみました。こうしてみると、業界経験のなさは、それほど問題にはならないように思えてくるから不思議ですよね。

より豊富で正確な知識がツールの精度を上げる!

自分をマーケティングするだけではありません。

気になる求人も、こうしたマーケットツールで分析。業種や業界を客観的に把握するとともに、そこにどんな可能性を見いだそうとしているのか、あらためてチェックしてみることです。

SWOT分析などを用いれば、それがどこまで現実的なものなのか、すぐにわかります。「分析対象を自在に変えられるところが魅力です」とのこと。

もちろん、商品の代わりに自分でもいいし、希望の求人広告でもいい。当てはめてみて、客観的に分析しましょう。 ただし、その際にモノを言うのが、ビジネス全般に関する幅広い知識。新聞や専門誌などで、どれだけ産業界全体の動きや、社会・経済動向を押さえているかで、その精度は大きく違ってきます。

より正確で広範な知識を持っている人は、SWOT分析をまたたくまに完成。必要な要素をそれぞれのエリアにもれなく書き込む。判断材料がそれだけ多い。

「まず、そうしたツールを使いこなせるだけの知識と技術を学んでおいて欲しい。そこがすべてのスタート。成功につながるんですよね」

まずはとりあえずでも挑戦してみましょう。どうアプローチすればいいのかが見えてきますよ。

まとめ

フリーターの就職ではマーケティングツールを上手く使っていけば、満足の行く就職ができます。

ポイントはマーケティング的な観点で、相手企業の求人にどれだけ自分を合わせていけるかというのが重要です。

例えば事務職は非常に人気職なので、未経験からいきなり正社員で就職するのはほぼ無理です。不可能を可能にするためには相手企業を分析して自分を合わせていかなくては行きません。

その際に使うべきなのが、SWOT分析を始めとするマーケティングツールです。

また人材紹介会社を使って情報収集するのも重要なので、一番オススメのハタラクティブとか研修付きのジェイックとか全国対応の第二新卒エージェントneo当たりには登録しておくようにしましょう。

最初に登録するならハタラクティブ


ハタラクティブは今最も勢いのあるフリーター・大学中退・高卒・第二新卒向けの人材紹介会社で、今まで60000人以上を就職支援をしてきたという実績があります。最近支店を一気に増やしており、今では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分と広いエリアで未経験人材を正社員への導いています。

登録はもちろん無料で、正社員求人を紹介してくれるばかりか、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる