インタビュー系記事

フリーターの就職には7つのコツがある。

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

何度応募をしてしても全然就職できないフリーターの人っていませんか?実はフリーターの就職にはコツがあるのです。

なかなかいい結果が得られないという人は、今のフリーターからの就職のスタイルをチェックしましょう。

採用されている人と、どこが違うのか比較してみる必要があります。

たとえ雇用情勢がどんなに厳しくても、フリーターから採用される人たちはそれほど時間をかけずに希望の仕事、希望の会社に就いています

どこが違うのか?「実は、フリーターの就職にはコツがある」と言い切る「勝ち組」のノウハウを聞いてみました。

”ありのままの自分“では勝てる勝負にも勝てない!

フリーターの採用を勝ち取るには、テクニックが必要。漠然とした期待や根拠のない自信を振りかざしても、フリーターの就職戦線は突破できません。

この時期、希望の会社で仕事に就いている人たちは、いずれもそれなりのテクニックを駆使しています。

採用されるべくして採用されているケースが多い。「ありのままの自分を見せるしかない」は、就職に限って言えば大きなマイナス。発想の転換が必要になってきます。

人事畑を10年以上歩いてきたという食品メーカーの総務部長によると、

「いくら”ありのままの自分を見てください“と言われても、考えようによっては開き直りのようにしか見えない場合があるんです」とのこと。一見、印象のいい表現に思えても、実は最も警戒される言い回しのひとつ、と指摘します。

「社員の募集に関しては、どの企業も様々な条件を付けていますし、かなり具体的な人材像を想定しているものなんです。スキルやキャリアにしてもそうですし、入社後、どういう仕事をどのくらいのペースで担当してもらうかといったスケジュールについてもそうです。

”この仕事をこのくらいの期間で完全にマスターしてもらい、さらにこの時期までには本格稼動してもらう“といった綿密な計画を立てて採用するんです。選考の際には、それだけの準備ができている人かどうかをチェック。

できれば、最初からそうしたニーズをしっかりとリサーチして応募してきている人を採用したいと思っているわけですが、“ありのままの自分を見て欲しい・・・”という人たちは、そうした企業ニーズに無頓着。まったく違う思惑で応募してくるんです。採用する側にしてみれば、評価のしようがないんですよね」

求められているのは、企業ニーズに応えるために、どんな準備を進めてきたか。その具体的なスキルの提示であり、レベルアップの形跡にほかならなりません。

もっと踏み込んだ言い方をするなら、“その応募に際して、どれだけの自己変革と、必要な技術力の向上を実現してきたか”が大事。以前と変わらない“ありのままの自分”をいくら提示されたところで、企業側はしらけるばかりです。

フリーターは正社員面接で志望動機はどう答えるべき!?こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 面接の際に聞かれる志望動機への答えって非常に困りますよね。すごい入りたい会社で入りたい理...

就職のコツ:ここがポイント!

就職に成功している人たちのチェックポイントを整理。採用担当者を引きつけるノウハウをまとめてみました。

「これを意識するのは当たり前」…希望の仕事に就いてる人たちの多くが、そう口を揃えます。どこまで意識しているか、確認してみましょう。

1:「ありのまま」ではなく「ベスト」な自分を見せる

転職で「ありのまま」は通用しません。かえって向上心のない人と受け取られかねないので要注意です。

意識すべきは、「ベスト」な自分を見せることです。最大限のポテンシャルを引き出せば、どんな成果が期待できるのかを具体的にアピールしましょう。

2:応募書類作成の段階から「サプライズ」を意識して盛り込む

セールスポイントは、小出しにしてはダメです。就職に成功している人たちに話を聞くと、最初からどれだけ採用担当者を引きつけるかに留意していたといいます。

いくらサプライズを持っていても、それを伝えられないまま終わったのでは、話になりません。応募の初期段階からアピールしましょう。

3:実際の仕事ぶりをほうふつさせるような態度&口調で面接

採用担当者が最も気にするのは、入社後の働きぶりです。ビジネスマナーや話の展開など、社会人としてどの程度成熟できそうかが注目されています。

そこで、面接ではそうした実際の仕事ぶりをうかがわせるような態度、口調を意識。成熟度をアピールしましょう。

4:順応性の高さと「いい人」度を前面に出してアピールする

順応性の高さとともに、いわゆる「いい人」度も重要なアピールポイントのひとつです。

入社後、すぐに職場に溶け込めて、同僚や上司の信頼を得られる人かどうかを採用担当者はチェックします。

無理なくクリアできることをアピールするのは当然のことです。度量の広さをさりげなく伝えましょう。

5:「評価は入ってから自ずと出るもの」といった姿勢を崩さない

勝算をもって就職するのは当然のことです。採用担当者にも、そのことをしっかりと伝えましょう。

まずは第一段階として、自信のある態度を取り続けることです。入社後の評価は、「自ずと出る」といった余裕を持つことが大切です。

ただし、その素振りだけでは見破られるので注意。確信を持って応募しましょう。

6:入社後の業務やビジネスに関するアイディアを持ち込む

アルバイトはもちろん、これといってパッとしたアピールポイントがないという人は、せめて募集職種に関するアイディアや、今までの仕事から加味できることなどをコンパクトにまとめてみるといった工夫が必要です。

転換期を迎えている企業にとって、こうしたアイディアは何より高く評価されます。

7:転職市場における希少価値をどんな場面でも維持し続ける

成功し続けている人たちは、常に希少価値を維持し続けています。言い換えれば、そうあり続けるよう意識して転職し、キャリアやスキルの戦略を立てていると言っていいです。

就職時には、こうした点にも注意。常に業界や職種から見て、希少価値のある人材であるようキャリアアップに努めましょう。

人材としての希少性、価値の高さをアピール

採用されている人たちの多くは、そうした就職採用の現実を熟知しています。“ありのままの自分”をいかに魅力的な人材に変化させ、商品価値を持たせるかに注力しています。

最も判断しやすいスキルアップの目安として、業務に深く関係する資格取得を済ませてくるといったケースなどは、その典型です。

ほかに、前職で業務に関する実績を挙げてきたり、入社後役立つと思われるネットワークや知識を事前に蓄えるなど、採用されている人たちが応募書類や面接を通して行うアピールはかなり強烈で、採用担当者を引きつけます。

「少なくとも、最終選考に残る人たちには、他の応募者にはない明らかなサプライズがあるんです」とコメントするのは、外食チェーン店の本部人材開発室のチーフマネージャー。評価の高い人材になればなるほど、こうしたサプライズが大きなものになるといいます。

「たとえば、応募書類やエントリーシートなどの時点から、“えっ、そうなの?”と思わせるような、魅力的なキャリアやスキルを明記してくるんです。それが、業務やプロジェクト全般にとって明らかにプラス材料だった場合は、当然、最初からかなり期待して面接することになります。その時点で、他の応募者とは決定的な差がつけられるんですよね」

さらに、そうしたサプライズが面接でも確認されると、企業側の採用意欲は一気に高まります。

よく、“あまりに優秀な人材だったので、当初の計画にはない特別枠で採用した”という話を聞くが、そうした採用を実現しているのは、いずれもこうしたサプライズで企業を魅了した人。

“この人材は、絶対に必要!”と思わせた人たちです。

では、どうすればそうしたサプライズを手にすることができるのでしょうか?

チーフマネージャーは次のようにコメントしています。

サプライズには、大きく分けて種類が2つあるんです。ひとつは、業界や職種から見たサプライズ。これは業界全体が志向している方向性や、職種全般に求められている旬の技術、ノウハウなどをよく理解していて、実際にそれを身につけているといったケースです。

会社にしてみれば、まだ人材の育成や適正配置ができていないだけに、こうした人材は社内にない希少な戦力として喉から手が出るほど欲しい。いわば、これから稼動される部署やプロジェクトの核になってくれる人材ですから、即採用といったことになりやすいんです」

また、もうひとつは、応募職種や業務について、よりグレードの高いノウハウを持っている人たち。企画営業スタッフを募集したとして、そこに業界トップの会社で活躍したことのある人が応募してくると、採用側としてはやはり“おっ!”と目が留まります。

「まず、どれだけ高度なノウハウを持っているのだろう?と期待します。また、前に勤めていた会社のステージが大きければ大きいほど、より多くのコネクションやネットワークがあるのではないかと期待するのも事実。少なくとも、話を聞いてみたいと思うんです」

会社の規模だけではありません。たとえば、業界屈指の厳しい売り上げ競争で知られる会社や、直販営業力の強さで知られる会社などでの勤務実績もサプライズの対象。そこで成果を挙げている人には、より熱い視線が注がれます。

「厳しい競争を勝ち抜いてきた人は、それだけで評価の対象になります。多少のことではへこたれないでしょうし、また、窮地に立たされれば立たされるほど、アイディアや持ち前の潜在能力を発揮して、なんとかそこを切り抜ける。実際に、そうした経験を持っているだけに安心して採用できるんです」

勝ち組たちの就職ノウハウ

私が使った“テクニック”&“オリジナルノウハウ”

外資系生保の法人営業を担当していますが、前職はベンチャー系の不動産ファンドを扱う会社に勤務していました。

業種的にはかなりかけ離れていたのですが、私の場合、主にマーケティング調査を担当してきただけに、それを転職の際の武器にしようと思っていたんです。

そこで、応募の際には、エントリーシートのほかに、生保業界の現状とこれからに関する私なりの調査報告書を作成。わかりやすく言うと、今後どういった可能性があって、その会社(現在の職場)のブランドと商品を使えばどういった営業展開が可能かを、いくつものデータで示したプランニング書を作って提出したんです。

結果的には、これが評価され、特別枠で採用。未経験でも希望の会社で仕事に就くことができました。要は、強みを最大限に活用すること。それが転職のコツだと思うんです。(女性・29歳)

就職のテーマを明確にするのも大事なコツ

就職採用を勝ち取るには、そうした採用担当者たちが思わず目を留めるような材料をいくつか作っておくことがコツです。

それが、成功を手にするためのコツになり、採用を引きつけるテクニックになります。

書類選考、面接と、何回かに分けられる選考過程を、そのつどそうしたサプライズの有効性で切り抜ける人たちが、最終的に限られた数の採用をゲット。思い通りの就職を実現することになります。

もうひとつ、意識しておいて欲しいのは、その就職で何を果たすのかといった、キャリアアップに関するテーマをはっきりとさせておくことです。これが意外と効力を発揮することになるんです」と言うのは、前出の食品メーカー採用担当者。

“この業務のこの作業に関する、この会社ならではのノウハウを身につける”でもいいし、“実務経験を積むことで、自分の適性をさらに細分化し、把握する”でもいいのです。

その就職を今後にどう役立てるつもりなのか、あらかじめ明確にしておく必要があるというのです。

「私も含めて、今の時代のビジネスマン&ウーマンは、これから何回転職することになるかわかりません。それだけに、今就いている仕事が必ず“次”につながるよう、意識して就職する必要があると思うんです。

その意味では、テーマを持って就職し、それを達成できるまでは何がなんでも頑張るという姿勢を持つことは極めて重要。それさえ果たせば、転職したことによる“失敗”はないわけですから、いくら予想外の展開が待ち受けていたとしても、恐れることはないんです。失敗しない体質を作ることができるんですよね」

転職のテーマを設定しよう。なぜ就職するのか。こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 フリーターで就職しようとする人や転職を考える人に聞いてみたいのですが、あなたの就職テーマ...

これも、就職で成功するコツのひとつ。サプライズで成功を勝ち取るだけでなく、その就職で失敗するというリスクを軽減することになるといいます。

まずは、“勝ち組”共通の“就職のコツ”をマスターして、価値ある成功を勝ち取りましょう。

まとめ

フリーターの就職においては成功するためにはいくつかのコツがあることがわかりました。

ありのままの自分を見てもらうのではなく、精一杯自分を着飾って、自分が会社にはいったらどれだけ活躍できるかをみてもらうようにしましょう。

コツについては上記の就職の7つのコツを見て、今のフリーターとしての自分の就職が正しいのかを確認するようにしましょう。

特に初めての就職の場合は人材紹介会社を使ったほうが良いので、悩んでいる場合は一番オススメのハタラクティブとか全国対応の第二新卒エージェントneoとか研修付きのジェイックのどれかに登録して色々聞いて見るようにしましょう。

最初に登録するならハタラクティブ


ハタラクティブは今最も勢いのあるフリーター・大学中退・高卒・第二新卒向けの人材紹介会社で、今まで60000人以上を就職支援をしてきたという実績があります。最近支店を一気に増やしており、今では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分と広いエリアで未経験人材を正社員への導いています。

登録はもちろん無料で、正社員求人を紹介してくれるばかりか、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる