転職ノウハウ

転職計画の立て方とは

こんにちは。ブログの管理人のエイジです。

転職を最初に考えるときってまずは計画を立てようって思いますよね。特に自分がこの間初めての転職をした時はどうやってしたら良いのかわからずあたふたしました。

そこで今回は初めての転職計画の立て方を実体験も含めてまとめてみようと思います。

最初だとどうしてもわからないことが多くて転職エージェントとかから教えてもらって初めて理解するところが多いと思うけど、今回の記事で転職計画の立て方など色々理解してもらったら嬉しく思います。

転職すると決めたらどんどん動いてなんとか転職をうまく成功させたいもの。まずは自分なりの計画を立ててみましょう。

転職活動の流れ

●転職を決意
・在籍したまま転職活動をするか。 それとも、まずは退職するか
・転職活動の計画作り

●転職先を探す
・募集情報の収集・分析
・応募書類の作成
・試験のための準備
・応募→面接→結果待ち
・・・・・・・上記の活動をくり返す
・家族の理解をとりつける&採用通知を受ける

●退職作業開始
ルールを守って

●転職先へ入社

転職活動は計画的に

転職計画を立てるといっても、人によってさまざま。置かれている状況や立場。目的によって違ってきます。

そこでここでは、だいたい共通する重要なポイントに着目。これから転職活動を始めようという方は、まず上記の<転職活動の流れ>をつかんでください。

要所ごとの中位事項をふまえて期限をきめていけば転職計画の枠組みがみえてくるでしょう。

あとは、自分なりの細かい予定を書き加えていけばOK。多忙を極める転職活動。計画表をもとに、手際良く進めていきましょう。

転職を決意

転職目的の明確化

転職して自分がやりたいことはなんなのか、目的をはっきりと見定めることです。

人員削減や賃金カットに踏み切る会社も多い不景気な世の中。それでも、あえて転職しようとするからには、明確な目的と堅い決意がなければやっていけません。

在職したまま、転職活動をするか。それとも、まず退職するか。

具体的なプラン作りの前に、まず転職活動のパターンを決めなくてはなりません。安全なのは、今の会社を辞めないで転職活動をする方法。

結果がかんばしくなくても、路頭に迷う心配はありません。面接の際も、転職活動の掛け持ちで忙しくなるが、なんとかこなせるということは「マネージメント能力」のある証拠。そう見なされるものなので、苦労は決して無駄にならないものなのです。

一方、いったん退職してしまうと、こうしたメリットの数々がなくなってしまう。雇用保険の失業給付にしても、退職理由が「転職のため」といった自分の都合によるものだと、3ヶ月間の給付制限期間が設けられてしまいます。

ハローワークに手続きに行ったからといって、すぐに支給を受けられるわけではないのです。 就職難ということもあり、転職活動パターンとしては、やはり前者がおすすめです。

私も転職計画を立てた時には前者の務めながらの転職活動をすることを決めました。

辞めた後に転職活動するのはもともとフリーターをしていた自分としては万が一社会人生活の経歴に穴をあけるのが良くないと思ったからです。

数年務めたため有給休暇が溜まっていたので、面接のときにはそれを利用して面接に集中できるようにしました。突然有給休暇が増えたので、職場は怪しんでいたかもしれませんが、うまくごまかして強い気持ちで挑みましょう。

募集情報の収集から始まって、応募、面接を何度か経て採用通知を受けるまで、どのくらいの期間を要するか。

やってみないとわからないことではあるが、だいたいの目安はつけておいたほうがよいです。たとえば、「期間は2ヶ月以内、社数は5~6社」などといった具合。

就職と転職の資金と期間はどれくらい必要?こんにちは。ブログの管理人のエイジです。 今から就職や転職を始めたい人はその資金とかスケジュールがどれくらい掛かるのか気になります...

そうしないとズルズルと長引いてしまう恐れがあるし、あとに続く退職予定日や転職活動にやいる場合も、、無期限でのぞむのは危険。いくら時間を自由に使えるといっても「時は金なり」。自分なりの目標を立てて計画的に進めていきましょう。

転職先を探す

募集情報の収集・分析

ハローワークの利用や独自のコネはもちろん、求人情報誌、新聞、インターネットなど使えるものはどんどん使って募集情報を集めましょう。 一番最初の転職の目的がはっきりしていれば、いくら手を広げようとも目移りしてしまうことはないはずです。

今どき一番オススメなのは人材紹介会社の転職エージェントに登録することです。

いくつかおすすめの転職エージェントがありますし、登録したら転職エージェントが色々教えてくれますので、まず登録してみましょう。

応募書類の作成

志望動機など別個に書かなければならない部分は残して、5部なり10部なりまとめて作ってしまいましょう。また、提出する際は、自分の控え用としてコピーをとっておくこと忘れずに。

今どきはパソコンで作るのは当たり前になってきているので、よっぽど強い思いがなければ手書きではなく、エクセルで作って問題ありません。

試験のための準備

試験を受ける会社自体の研究はもちろん、自己分析もアピールしたいこと、たずねたいことをまとめておきます。

その上で
●応募→面接→結果待ちと進めていきましょう。

こうした一連の流れに要する日数は、会社の採用システムによって異なってきます。何社か同時に応募する場合は、混乱しないように注意が必要です。スケジュール管理と情報をまとめて、どこかで管理しておくと混乱せずに良いでしょう。

特に戦略コンサルティングファームでは面接で半年ぐらいの時間をかかるのでどこを受けたいかによって転職計画の立て方をしっかりと考えるようにしましょう。

家族の理解をとりつける

孤独な転職活動で唯一頼ることができるのは家族の応援。よけいな心配をかけたりしないように、早い段階で理解を得ておくようにしておきましょう。

採用通知を受ける

採用が決まると、最終的な確認やその後のスケジュールのために、担当者と何度か打ち合わせをする必要が出てきます。

もし、不明な点があったら、その機会に確認すること。十分納得したうえで、入社するかどうかを決めるべきです。

退職作業開始

ルールを守って円満退職

スケジュールを決めるうえで最も重要なポイントになるのが退職日の設定。退職となれば、会社に多かれ少なかれ迷惑をかけることになります。

転職が決まったからといって有頂天にならず、現場での責任を全うしてきれいに辞めていけるよう努力しましょう。こちらの希望を一方的に押し付けるようなことは避けましょう。

会社を辞める時にするべきことこんにちは。ブログの管理人のエイジです。 会社を辞める、と考えるときってありますよね。しかし、実際に会社を辞める時に何をしたら良い...

退職日は、直属の上司とよく話し合って決めるべき。

退職日を無事に迎えるまでには、ちゃんと引き継ぎを済ませなければなりません。もちろん残務整理もあります。それらにかかる期間を長めに見積もって「何ヶ月後に退職」というメドをつけることです。この間は、会社自体も忙しくない閑散期だとよい。

以上の事情から考えれば、退職の申し出について、就業規則の退職規定を守るのは当然。会社の都合を考慮して、規定より早めに切り出すぶんには何の問題もありません。

こうした一連の退職手続きで窓口になってくれるのは、直属の上司。直属の上司の理解が得られれば、退職作業も順調に運ぶもの。この点も頭に入れて行動しましょう。

まとめ

転職計画の立て方はある一定の型があります。それをしっかりと勉強して事前に考えながら計画を建てるようにしましょう。

もし自分だと不可能だと感じる部分があれば、人材紹介会社の転職エージェントなどに登録すると先方ですべて代行してくれるため、非常に便利です。

今は求人サイトをみて自分で探して直接応募することができるため、転職エージェントがめんどくさい場合はそちらに登録しても良いでしょう。

転職計画をしっかりと立てて、成功する転職をしましょう。

最初に登録するならハタラクティブ


ハタラクティブは今最も勢いのあるフリーター・大学中退・高卒・第二新卒向けの人材紹介会社で、今まで60000人以上を就職支援をしてきたという実績があります。最近支店を一気に増やしており、今では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、広島、山口、福岡、佐賀、熊本、大分と広いエリアで未経験人材を正社員への導いています。

登録はもちろん無料で、正社員求人を紹介してくれるばかりか、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

まずは話を聞いてみる